どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

5月21日放送の、世界の果てまでイッテQでは、みやぞんさんがタイの茶芸、回転ミルクティーに挑戦しますね(^ ^)

 

みやぞんさんは、驚異的な身体能力や天然で、見る人を飽きさせないおもしろい芸人さんですが、今回挑戦するのは、回転ミルクティーという、一風変わった茶芸です。

 

そんな一風変わった茶芸の回転ミルクティーとは、どのような茶芸なのか?

どれぐらい難しいのか、などお伝えしていきます(^ ^)

 

よければ最後まで見ていってくださいね!

 

世界の果てまでイッテQのみやぞんのwiki!

みやぞん

 

早速タイの回転ミルクティーの事を紹介していく前に、みやぞんさんの事をすこし紹介していきます(^ ^)

 

  • 名前:宮園大耕(みやぞの だいこう)

 

  • 生まれ:1985年4月25日
  • 出身:東京都、足立区

 

  • 趣味:野球・格闘技

 

因みに好きな女性のタイプは、天海祐希さんらしいです。

大人の女性が好きということですね(^ ^)

 

みやぞんさんの話題になると、よく韓国人なの?という話題になるのですが、みやぞんさんの母親曰く、父親は韓国人だったらしいです。

 

後にみやぞんさんが、気づくのですが近所のお兄さんと読んでいた人こそが、みやぞんさんのお父さんだったらしいですよ。

 

そう言われて、みやぞんさんの名前を見て見ると、それっぽい名前ですよね。

 

まあいずれにせよ、みやぞんさんはみやぞんさんなので、あまり関係のない話ですが(^ ^)

 

では本題の方にいきましょう!

 

タイの茶芸・回転ミルクティーってなに?

 

世の中色々なパフォーマンスをする人がいると思うのですが、タイにはミルクティーをカップ2つを器用に使いこなし、ぐるぐると回転しながらミルクティーを作る人がいます(^ ^)

 

言葉では、伝わりづらいと思うので、下の動画をご覧ください♪

 

すごいですね。。。回転してミルクティーがどこかに行ってしまいそうだけど、磁石のように下に入っていきます。

 

この茶芸をする、回転ミルクティー職人がいるのは、タイの首都バンコクです。

 

なんでも週に2日、土日のみに開催される、ウイークエンドマーケット・チャトゥチャック市場に数カ所、お店があり、そのなかでも圧巻のパフォーマンスを見せてくれるのが、”Tae Ta Re”のミルクティー職人です。

 

上記の動画で、最初からカップを2つ使って、回転ミルクティーを作った方のことです。

 

私が調べたところ、名前がまだでていなかったので、名前がわかりませんでした。。。

世界の果てまでイッテQで名前を公表したら、追記をしていきますね(^ ^)

 

追記です!

Tea ta Reさんのミルクティー職人の名前はわからなかったのですが、お店自体のオーナーさんは、バムさんという名前らしいです(^ ^)

 

ばむさんは、Tea ta RE以外にも回転ミルクティーのお店をもち、車のディラーさんなんかもやっているみたいですね!

 

まさにタイの実業家です♪

 

もし、丁度タイに行く方がいたら、ウイークエンドマーケット・チャトゥチャック市場のゾーン7という所の付近にいるので、観光してみてください!

 

どんな味がするの?回転をしたらミルクティーの味は変わるの?

回転ミルクティーを作っている

 

パフォーマンスは、たしかにすごいですが味の方も気になりますよね!

 

タイの職人が作った、ミルクティーの味はとても甘く、練乳に近いと言われています。

 

最初は、日本のミルクティーとの味のギャップに驚き、戸惑うのですが、一口飲んだら、もう一口、もう一口飲んだら、もう一口と練乳のような甘さが逆にクセになりハマってしまうみたいですよ(^ ^)

 

もう1つ気になるのが、回転したミルクティーと、回転していないミルクティーとは味が違うの?という疑問です。

 

色々他のサイトで見たんですが、回転はあまり意味がないと書いていました。

 

ですが私は、元々バーテンダーという職業をやっていまして、その目線から言わせてもらいますと、それに似た混ぜ方(技法)もあります。

 

混ぜることによって、空気も一緒に混ざるので、飲んだ時滑らかになり、飲みやすくなるんじゃないかな?と思います(^ ^)

 

私は、回転ミルクティーを飲んだことないので、断言はできませんが、動画を見た感じではそう感じました!

 

追記:なんで回転ミルクティーは生まれたの?

 

私は、なんで回転ミルクティーが生まれたの?という疑問をもっていて、テレビを視聴していたら、イッテQで理由を放送していました。

 

オーナーさのバムさん曰く、タイのミルクティーは練乳も入れて作るのですが、回転もすることで口当たりも滑らかになると言っていました。

 

予想が当たっていました。。。笑

 

回転ミルクティーのコツは?

 

見てるだけでは、難しく感じないけど、やってみると想像以上にミルクティーもこぼれて難しいらしいです。

 

今回放送のイッテQでみやぞんさんが回転ミルクティーをするときに、コツも喋っていましたね(^ ^)

 

大事なのは、注ぐ上の方の手はブレないということらしいです♪

 

確かに動画でも、上の方の手はブレていませんね。

 

そしてもう1つ、みやぞんさんが難しいと言っていたポイントがあります。

 

それはミルクティーが入っているカップの配分を間違えたら、回転する前にミルクティーがなくなってしまう。

 

確かにそうですよね!言われて見たら、気付くけど言われるまで気づきませんでした。

 

他にもカカトを重心にして、手から回ると動きも柔らかくなるので、ミルクティーをこぼしにくいんだとか。。。

 

なるほど、目に見えない色々なコツがあり、ようやく1つの技になるんですね。

 

タイの回転ミルクティー職人おそるべしです。。。

 

みやぞんさんが回転ミルクティーに挑戦した動画がこちらです。

この記事を振り返ってみて!

回転ミルクティーを作っている

 

いかがでしたか?

 

改めて見ても慣れた手つきで、回転しながらミルクティーを作っていますね。

 

まだまだ情報がすくない、タイの回転するミルクティーですが、世界果てまでイッテQで放送後、みやぞんさんの挑戦のことや、タイのミルクティー屋さんの事について追記していきますので、よければ見に来てくださいね(^ ^)

 

5月21日:追記しました!

 

ではまた次回お会いしましょう!

下のボタンで、シェアやRTをしてくれると、管理人がとても喜びます♪