どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

今回はタイトルにある通り、薬用ホワイトニングファンデーションの1つ、オンリーミネラルファンデーションの紹介をしていきます。

 

ですが今回の記事は、なんと私がメインに書いたわけではありません!

 

元化粧品メーカーの開発をしていた方M.Yさんが、”おすすめ美容グッズがあるよ〜”と私にいつも紹介してくるのですが、いくら美容グッズが好きだからといって、私はそんなに使いきれなく、みなさんに紹介ができませんでした。

 

だったらM.Yさんに、私のサイトを使っていいので、この記事を閲覧してくれたみなさんにおすすめの美容グッズを書いちゃえば?と提案した結果。。。

 

M.Yさん、ノリノリでまかせて!と言って記事を書き始めました笑

 

ですので今回は、私が書いたわけでは、M.Yさんが書いた記事になります!

 

なるべく見やすく、私が少し調整もしてありますが、よければ最後まで見ていって下さいね♪

 

敏感肌に高いSPF値の日焼け止めはダメ、絶対!?

女性が日焼け止めについて否定している

 

わたしは過去、化粧品メーカーにて処方開発の仕事に携わっていて、化粧品の成分を学んでいく中で、肌の酸化の原因となる油分を溶剤として添加することに日々疑問をもっていました。

 

ですが原価を抑えるためには油分や水を加えて(いわゆるカサ増し)容量を増やさなければならないから。。。

そして防腐剤は化粧品を腐敗から防ぎお客様に安全に使ってもらうため。

色素は見た目を良くしお客様から選ばれやすくするため。。。

 

メーカーだからしかたない、そう自分を納得させながら仕事をしていました。

 

そんな私自身の肌は敏感肌で日光にも弱く日焼け止めは一年を通して必需品です。

 

よく見かけるSPF50以上などの高SPFの日焼け止めに”紫外線吸収剤”が含まれています。

 

これは高い、紫外線防御能を持ちながら白浮きしない、見た目にも使用感もとても良いものです。

 

ですが紫外線を吸収することで紫外線吸収剤自体が化学変化を起こし肌にダメージをあたえてしまいます。

 

私はこれが肌に合わず”紫外線吸収剤”の代わりに”紫外線反射剤”という肌への負担が少ない日焼け止めを使っていました。

 

”紫外線反射剤”は肌への負担は”紫外線吸収剤”に比べると少ないのですが、高SPFを出すことが難しく、SPFを上げようとすると白浮きしてしまったり、使用感が悪くなってしまいます。

 

なのでSPF20〜30あたりの紫外線反射剤を使った日焼け止めを使っていましたが、いかんせんSPFが低めなためこまめな塗り直しが必要で、日焼け止めの上からファンデーションを重ねてしまう。

 

そうすると塗り直しも難しくなり、結果日焼けしてしまう。。。ということが多く起こりました。

 

そんな敏感肌におすすめのミネラルファンデーションが!

ミネラルファンデーション

 

何とか紫外線吸収剤を含まず、かつ、肌のストレスになる油分を含まない日焼け止めはないものか。。。とネット検索をする日々。

 

そんな中で見つけたのが、オンリーミネラルファンデーションでした!

 

オンリーミネラルファンデーションは、医薬部外品でミネラル100%で出来ています。

 

医薬部外品とは?

医薬部外品とは、この医薬品と化粧品の間に位置するものです。医薬品ではありませんが、医薬品に準ずるものです。ある目的に対する有効成分が定められた量が配合されているもので、効果はあるけれど、医薬品ほどの強さではなく予防のために使われます。

引用:Dr.ci:Labo

 

紫外線吸収剤はもちろん、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料・色素、シリコン、タルク、ナノ微粒子、パラベンまでもフリーの肌への優しさを追求したファンデーションです。

 

油分を含まないため肌への酸化ストレスがなく、つけてそのまま寝てしまっても大丈夫というくらいお肌に優しい成分でできています。

 

それなのにおどろきのSPF 50!!

 

また、メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ美白成分であるリン酸-L-アスコルビン酸マグネシウムを含みます。

 

日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フィニッシングパウダー、美白美容液の機能がこれ1つでまかなえますのでメイクの手間も大幅に削減!

 

忙しい朝に日焼け止めを塗って、下地を塗ってお次はファンデーション。。。とやっていると、ベースメイクだけで10分すぐに経ってしまいます。

 

それにそれだけのアイテムを置いたり化粧ポーチに入れておくのも場所もとるしお金もかかります。

 

気になる方は、下から公式サイトに移動する事ができます。

 

オンリーミネラルファンデーションはこれ1つで6役を果たす優れもの!

敏感肌にミネラルファンデーション

 

使用方法も簡単で、専用ブラシでささっとお顔をひとなですると、きめ細やかなパウダーで毛穴にピタッとくっついて、凹凸をカバーしてなめらかなお肌に仕上がります。

 

それなのに微粒子なので薄くムラなく塗れるため厚塗りにもなりません。

 

ピタッと肌にフィットするので塗り直しの必要がなく、SPF 20-30の紫外線散乱剤の日焼け止めを使っていたときのような、塗り直しができずに日焼けをしてしまうということがなくなり嬉しい限りです。

 

また、オンリーミネラルファンデーションはメイク落としときにクレンジング不要で洗顔フォームのみで落とすことができます。

 

最近のクレンジングはしっかり付いてるポイントメイクもベースメイクも一気に落とせるものがあります。

 

ですが、あれだけしっかり付いたポイントメイクを落とすことができる。。ということはそれだけ強い洗浄力をもつということです。

 

そんな強い洗浄力を持つクレンジングでゴシゴシとお肌に摩擦を与えると。。。

 

想像がつきますよね、お肌に相当なストレスがかかるということが。

 

クレンジングによって傷ついた肌細胞が、油分や紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使うことによって、更に傷ついていく。。。といった悪循環に陥ってしまいます。

 

クレンジング不要で洗顔フォームで落とすことが出来る薬用ミネラルファンデーションは、クレンジングによるお肌のストレスも軽減することができるのでより美肌に近づきます!

 

>>>オンリーミネラルファンデーションの公式サイトへ

 

オンリーミネラルファンデーションのまとめ!

 

薬用ミネラルファンデーションは、メイクアップもメイクオフも手間なく簡単で、面倒臭がりのわたしにはぴったりでした!!

 

高SPFで手間もなく、美しく仕上がり、クレンジングも不要なオンリーミネラルファンデーション、とってもオススメです!!

 

現在、ファンデーションにブラシと洗顔フォームがセットになって、お得なデビューセット(ポーチも付くようです)もあるので一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

この記事を振り返ってみて。

女性がミネラルファンデーションを購入して満足

 

いかがでしたか?

 

ただ美容グッズが好きな一般の私とは違い、成分もしっかりと把握をしているので、説得力が違うなぁ。。。と感心してしまいました笑

 

この記事を書き終えた、M.Yさんに記事を書いてみてどうだった?と質問をした所。。。

 

思っていた事を文字に書き起こすのは、想像以上にしんどいから、もうやりたくないと!言われてしまいました(^ ^)

 

ですがその分みなさんには、オンリーミネラルについて理解して貰えたんではないでしょうか?

 

理解して貰えたら、私とM.Yさんは、喜びます笑

 

購入はこちらからでもできます→オンリーミネラルファンデーションの公式サイトへ

ではまた次回お会いしましょう!