どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

今回は2016年から日本でも販売が解禁して、人気が爆発的に伸びている飲む日焼け止めを紹介していきます。

 

去年から販売が解禁されたということで、まだまだ疑いや飲み方などの基本知識が理解できていない方も多いと思うので、基本的な知識と効果時間を紹介していきますね♪

 

飲む日焼け止めの知識を理解して、効果的に使用していきましょう!

 

それでは最後までご覧になってくださいね。

飲む日焼け止めの主成分、ニュートロックスサンとは?

 

一般的に販売している飲む日焼け止めの主成分はニュートロックスサンという成分で、紫外線をカットしています。

 

ニュートロックスサンは、スペインの大学で10年以上の歳月をかけて開発された、100%天然由来の成分なんです(^ ^)

 

簡単に説明している画像がこちら↓

ニュートロックスサンの説明がしてある

 

ニュートロックスサンの中身は、ローズマリーとシトラス(柑橘系)の果実から抽出されたポリフェノールを配合して混ぜ合わせた成分で作っています♪

 

どちらも高い抗酸化作用をもっている成分なので、簡単に説明していきますね。

 

ローズマリーは、カルノシン酸、ロズマリン酸という強力な抗酸化物質を多く含んでいて、若返り成分が豊富に含まれています。

 

ヨーロッパではローズマリーの成分を、水にとかしたものを若返りの水と呼ぶくらい、アンチエイジングに効果があるんです(^ ^)

 

シトラス(柑橘系)の原料はスペインで日本より、紫外線が極めて強い環境で育った植物の一つです。

 

強烈な紫外線を浴びながら育ったシトラスは、並外れた紫外線に対する耐性があると、専門家の中では注目を集めていました。

 

そんなローズマリーとシトラスの両成分を特別なバランスで配合した結果、ニュートロックスサンという成分が生まれました(^ ^)

 

高い抗酸化作用によって、紫外線を浴びてから発生する活性酸素を抑えてくれるというのも、飲む日焼け止めの特徴の1つです!

活性酸素や抗酸化作用ってよく聞くけど具体的にはなに?

患者に説明をしている

すこし話がブレてしまいますが、活性酸素や抗酸化作用はご存知ですか?

 

活性酸素は美容の天敵でもあり、なんとなく知っているだけでは危ないので、ついでに覚えときましょう!

 

活性酸素については知っているよ!という方は下にスクロールしても構いません(^ ^)

 

わたしたちは酸素を取り込んでエネルギーに変換していますが、このエネルギーを使用したときに活性酸素が発生しています。

 

活性酸素の役割は、体内にある細菌などを殺菌する力をもっています。

 

一見体に良い影響に見えるかもしれませんが大量に発生してしまうと活性酸素の力が強すぎて細胞を酸化させてしまいます。

 

細胞が酸化してしまうと、老化が早まったりシミやしわの原因、メラニンの生成を早めたりと良いことがありません!

 

普段の生活習慣によって活性酸素は、増えていくのですが原因としては以下のようなことがあります。

 

  • 激しい運動
  • 紫外線
  • 強いストレス
  • 喫煙
  • 食事の乱れ

 

活性酸素をゼロにすることは、難しいので抗酸化作用によって活性酸素を弱らせたり除去する必要があるんです。

 

なんとなく分かりましたか?

紫外線によって、活性酸素は生成されるのですが、それ以外にも生成される場面があるので、その場面に対しても飲む日焼け止めは、有効なことがわかったと思います。

 

では、飲む日焼け止めについて話しを戻していきましょう!

飲む日焼け止めの飲み方や効果時間は?

 

飲む日焼け止めの飲み方は、ぬるま湯やお水で飲むだけで良いのですが、それでは説明にはならないので、もうすこし詳しく説明していきます(^ ^)

 

飲む日焼け止めを飲む量は、種類によって変わるので何ともいえないのですがタイミングは、およそ30分まえから1時間まえに飲んだほうが良いとされています。

 

飲んでからすぐに効果がでるのではなく、体の中に吸収される時間もあるので、それを考慮した時間ですね♪

 

飲む日焼け止めの効果時間は、飲んでから4〜6時間の間は効果があります。

 

上記の時間以上、外出している場合は追加で飲んでもとくに問題はないですよ(^ ^)

 

効果時間に関しては、商品によって差がある場合があるので、確認が必要です。

飲む日焼け止めは効果時間が切れても効果はなくならないの!?

日差しをきにする女性

すこし大げさに書いているかもしれませんが、だいたいタイトル通りです笑

 

飲む日焼け止めはというは塗る日焼け止めと同じ、即効性も見込めるのですがそれはある程度の効果しか発揮ができません。。。

 

本来飲む日焼け止めは、飲み続けることによって体の中で紫外線に対する抗体を作ってくれる役割をもっています。

 

ですので体の中に抗体ができたら、効果時間が切れても効果が現れてくれます(^ ^)

 

ですがしっかりと飲み続けなければ、抗体もなくなってしまうので、飲み続けてくださいね笑

 

ちなみに体の中に抗体ができる目安は3ヶ月間飲み続けるのが理想とされています。

 

3ヶ月はちょっとながい。。。と思うかもしれませんが、飲む日焼け止めには美容成分もたっぷり含まれているので、気軽に続けられますよ。

 

それに紫外線は1年中降り注いでいるので、飲んで損はないです。

飲む日焼け止めの効果時間などをふりかえってみて!

 

飲む日焼け止めについていかがでしたか?

 

ニューロックスサンも商品によって配合量が、かわってくるのですが1日に摂取する目安は250mgといわれています。

 

ニュートロックスサン

 

上記の傘マークは、1日にニュートロックスサンが250mg摂取ができる、飲む日焼け止めのみに使用できるマークなので、困ったら傘マークをさがしてみると良いかもしれません。

 

ここまで紹介してきましたが、わたしのおすすめの飲む日焼け止めは、ホワイトヴェールです。

 

ホワイトヴェールの記事はこちらです。

もちろん、傘マークもついているのですが、お値段も他の飲む日焼け止めに比べたら手頃なので続けやすくおすすめです。

 

みなさんもよければ、ためしてみてはいかがですか?

 

この記事がよければ、いいね!やRT、シェアなどをお願いします!

記事を書く、モチベーションに繋がります(^ ^)

 

ではまた次回お会いしましょう!