どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

6月17日のAKB総選挙は、かなり濃い内容でしたね。

 

山本彩さんが、総選挙にでなかったり、渡辺麻友さんの引退発表などありましたが、そんなことをかき消してしまう電撃発表がありました。

 

それは、りりぽんこと須藤凛々花の結婚発表です。

 

かなり衝撃でしたよね、その後の大島優子さんの動画や渡辺麻友さんの表情が険しくなったりと、4日たった今でも熱が冷めていません。

 

とくに須藤凛々花さんのtwitterはファンからの攻撃的なコメントが止まりません。

 

わたしも、須藤凛々花さんのtwitterを見たのですが、総選挙にわたしの票を入れて!とコメントしておきながら、ファンにはこんな形で返すなんて、怒りがおさまらないのもすこしは納得がいきます。

 

恩を仇で返すとは、ファンにとっては正にこのことなんじゃないでしょうか?

 

そんなわけで今回は、須藤凛々花さんに票を入れるためにファンが購入したCD代を請求できるのか?という観点でみていきます(^ ^)

 

重要:あくまでCD購買に影響するような情報を隠していた、不法行為に対しての解説なので、ご了承ください。

 

重要その2:この記事から、さらに話を掘り下げていきたい場合は、弁護士に相談するなどしてくださいね。

 

重要その3:恋愛条項に関して記事中に触れているのですが、深く掘り下げていくと、暗黙の了解や人権の問題に関わってきて、ややこしくなってくるので、ここではあまり掘り下げません。

 

上記をご了承のうえ、見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

須藤凛々花に損害賠償を請求できるのか、法的な観点から考えてみた。

須藤凛々花

須藤凛々花さんに請求できる、法律は以下の3つから考えらます。

 

  • 民法95条:錯誤十不当利得(さくごじゅうふとうりとく)
  • 民法96条:詐欺十不当利得(さぎじゅうふとうりとく)
  • 民法709条:不法行為(ふほうこうい)

 

1つづ解説していくのですが、先に結論からいってしまうと不正行為が1番近いですね。

 

では、解説をつづけていきましょう!

 

民法95条、錯誤十不当利得に当てはめてみると

 

まず最初に、錯誤十不当利得の詳細を確認していきます。

 

第95条(錯誤)

意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

引用:民法条文解説

 

これを須藤凛々花さんの件に当てはめてると、CDや投票権に錯誤はないので、須藤凛々花さんが交際していないと思っていたのに、交際をしていたところに錯誤が生まれます。

 

ファンが投票目的で、CDを数十万円分購入しているのは、みなさんもご存知だと思うのですが、次に大事になってくるのが、そのCDを店舗等で購入した場合、動機を表示していなければならないということです。

 

簡単にいってしまうと、証拠がなければダメですよ、ということですかね。

 

よって、錯誤十不当利得で損害賠償を請求するのは、難しいです。

民法96条、詐欺十不当利得に当てはめてみると

 

まずは、詐欺十不当利得の詳細を確認していきます。

 

第96条(詐欺又は強迫)

1 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。

3 前2項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。

引用:民法条文解説

詐欺十不当利得の場合は、店舗側もその情報を知っていたときに発生しますが、

 

須藤凛々花さんの場合は、結婚をするという事実は発表されるまで、店舗側も知らなかったようなので詐欺十不当利得で、請求するのは難しいですね。

 

民法709条、不法行為に当てはめてみると

男性が疑問を浮かべている

まずは、不法行為の詳細を確認していきます(^ ^)

 

【民法第709条】

故意又は過失によって、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う

引用:損害賠償請求・慰謝料請求

 

これを須藤凛々花さんの件に当てはめると、総選挙をするにあたって須藤凛々花さん自身は告知義務、説明義務といった、自分に投票してください!という立場があります。

 

一方で交際禁止条項というものあり、須藤凛々花さんが交際をしているかしていないかで、投票に差が生まれてきます。

 

つまり、交際の有無はファンが須藤凛々花さんに投票するかどうかに関する重大な情報になってくるわけです。

 

交際情報を須藤凛々花さんは、ファンにCDを買わせる判断情報として提供しなかったことになってきます。

 

上記のことからして、須藤凛々花さんは告知義務や説明義務に反している可能性がでてきます。

スポンサーリンク

 

須藤凛々花さんの法行為が成立するには、なにが必要?

裁判器具

次にみていくのが、須藤凛々花さんの法行為が成立するには、故意、損害が必要になってきます。

 

故意はいうまでもなく、自分から投票を呼びかけていたので成立しますね笑

 

損害のほうが少しおもしろく、CDが手元にあるので損害はないんじゃない?という考えが出てきます。

 

ですがそのCDには本当に価値があるの?という考え方もできます。

 

例えば、ヤフーオークションでは、CDが数十枚10円で売られているので、はたしてそのCDに価値が生まれてくるのか?という疑問が湧いてきます。

 

つまり価値をもっているのはCDではなく、投票権になっているのではないんでしょうか?

 

上記の考え方からいくと、購入したときの総価格が50万円で時価額が50円だとすると、50万円−50円=49万9550円の損害がでたことになりますね(^ ^)

 

須藤凛々花さんの損害賠償をふりかえってみて!

 

いかがでしたか?

 

なかなか、おもしろいことになっていますよね(^ ^)

 

今回の須藤凛々花さんの結婚発表に関して、運営側が知っていた可能性もでてきているので、事実であれば、不法行為がかなり成立しそうですね。

 

それにしても、須藤凛々花さんの結婚発表のタイミングは衝撃的すぎますね、本人の天然キャラかどうかはしりませんが、ファンの方々の気持ちも感じ取ってほしいですね!

 

この記事を作成するあたって参考にした動画がこちらです

 

それではまた次回お会いしましょう!

スポンサーリンク