どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

今年もハロウィンの時期が近づいてきて、日本でもこの時期になると仮装などで街中がハロウィン一色になりますよね。

 

ですがこれは外でのお話、自宅でハロウィンの日にパーティーなどをしているところは、少ないのではないでしょうか?

 

ということで今回はハロウィンの本場、アメリカではどんなイベントをするのか探ってみました。

 

本場アメリカですと、子供も大人も楽しめる一大イベントとなっているので、どこか参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

それでは最後まで閲覧どうぞ!

スポンサーリンク

 

そもそもハロウィンとは?

 

日本のハロウィンでは、仮装してお祭り騒ぎするイメージがありますが、

 

実際のハロウィンは秋の収穫を祝う、悪霊を追い払うといった宗教的意味合いがあるイベントなんです(^ ^)

 

ですが最近は宗教的な意味は薄れ、カボチャをお化けの形にくり抜いたジャック・オー・ランタンといわれるものを作って飾り、仮装した子どもたちがトリック、オア、トリート!と言いながら近所を回るイベントとなっています♪

 

そして仮装は子どもだけではなく、大人も仮装をして楽しむようになってきてますね。

家や庭がハロウィン一色に!

ハロウィン

ハロウィンの時期になると、ほとんどの家庭が庭にハロウィングッズでデコレーションを始めます。

 

お墓やドクロ、かぼちゃはもちろんのこと、魔女のグッズで自宅や庭をハロウィン一色にしていき、なかにはお化け屋敷にする家庭もあるんだとか。

 

デコレーショングッズは毎年少しづつ購入していくのですが、総額をみていくと10万円以上使うこともあるんです(^ ^)

 

それぐらい気合いも入っているので、子供も大人も楽しめます。

ハロウィンのために仮装を考える

 

アメリカの仮装は、みんな気合いが入っています。

 

定番の魔女や黒猫、ホラー系の仮装だったり、ディズニー系などの仮装と様々で、

 

衣装代も安いもので3000円前後するので、なかなか高いです(^ ^)

 

最低が3000円前後なので、みなさん5000円ぐらいかけるのではないでしょうか。

ハロウィンのためにお菓子を買う

ハロウィンの日は近所の子ども達のためにお菓子を買いにいきます。

 

ですので大量のお菓子を買いだめしておくのですが、お菓子代だけでも最低5000円は使うのでイベントまでにお金をセーブする家庭はほとんどですね。

 

スーパーもハロウィンの時期になると、お菓子の棚はハロウィン一色で定番のお菓子もハロウィン仕様のパッケージに変わっていたりと、見ているだけでも楽しいですよ(^ ^)

 

ハロウィン用のお菓子は、子どもにたくさん渡せるようにキャラメル、チョコ、キャンディなどが、

 

小さいサイズや大きいサイズに入った袋に入っているのでみなさんは、これをいくるも買いだめしておきます。

スポンサーリンク

 

Trick or Treat!

トリックオアトリート

迎えたハロィン当日、子供たち達はお菓子を貰いに、いろいろな家にTrick or Treat(トリックオアトリート)に出かけます。

 

始まる時間帯はアバウトで、学校から帰ってきたりご飯を食べ終わったりしてからが、ほとんどですね。

 

トリックオアトリートは、子どもだけでは行かせることはなく大体は大人が付き添うか、年上の子どもが保護者役として一緒にいきますよ!

 

お菓子をあげる大人は仮装をしていない方もいるのですが大体は仮装をしていて、庭をハロウィン一色にしているところは、ハロウィングッズで隠れて子どもを驚かせたりもしています。

 

ちなみにハロウィン当日に学校があれば、学校でも仮装をしていき学校が企画するイベントもあったりと、とにかくハロウィン当日は大盛り上がりです(^ ^)

ハロウィンここまでの準備が大変

 

家の庭にデコレーション、仮装、お菓子など準備するのは1日2日ではできません。

 

ハロウィン当日の最低1ヶ月まえから、各家庭は準備を始めていきますね。

 

大体2ヶ月まえになると、一般的なスーパーや各ストアは、ハロウィングッズを売り始めていて、大きな段ボールにカボチャも山積みです。

 

ハロウィンとカボチャといえばジャック・オー・ランタンですよね、作るのは結構大変そう・・・と思うかもしれませんが、スーパーなどでカボチャをくり抜く用の道具があるのでそれを使えば、1日で作れちゃうんです(^ ^)

 

スーパーでカボチャを買うのも良いのですが、パンプキンパッチというハロウィン用のカボチャが売っている場所もあり、家族によってパンプキンパッチまで足を運びます。

 

サイズも大小様々なサイズがあるので、自分の納得のいくカボチャ選びができます。

 

ですがギリギリになっていくと、丁度良いサイズのカボチャがない・・・なんてこともありますのでみなさん早めに買いに行っていますね。

アメリカのハロウィンを振り返って見て!

今回はアメリカのハロウィンのイベントを紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

ハロウィンは、アメリカにとって指折りのイベントです。

子どもと大人が一緒になってハロウィンの日を楽しみ、当日は全力で楽しめるイベントです!

 

日本だと難しいのですが、アメリカに来た際はハロウィンのイベントを体験してみはいかがでしょうか?

 

この記事が良かったらいいね!シェア、RTをお願いします(^ ^)

管理人が喜びます♪

 

それではまた次回お会いしましょう!

スポンサーリンク