どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

松居一代さんが、またしても動きましたね笑

 

ここのところ、船越英一郎さんと松居一代さんの問題で世間をずっと盛り上げているのですが、

正直飽きている方もいるかと思います。

 

ですが第三者から見れば、松居一代さんの暴走っぷりは『おもしろい』ので、わたしからも記事を書かせていただきます。

スポンサーリンク

 

松居一代は、おかしい?これまでを軽くふりかえってみた

ネット上では、松居一代のあまりの暴走っぷりに何かの病気ではないか?などの憶測が流れていますね。

たしかにそうかもしれません。

 

もともと松居一代さんが船越英一郎さんのネタを週刊文春師匠に持ち込んだことから、騒動は始まりました。

 

松居一代さんは週刊文春にすべてを話して記事にしてもらおうと思っていたそうなのですが、週刊文春側も名誉毀損にあたるかもしれないので、

事実確認をしたところ誤認がわかったので公式に発表していきます。

 

そして松居一代さんとしては、味方になると思っていた週刊文春が自分の主張通りにならないと分かったため、

ブログやYouTube、SNSを使用して文春に裏切られた、船越英一郎の裏の顔は・・・などと騒いでいます。

 

まぁ普通だったら、週刊文春が公式発表をした時点で諦めますが松居一代さんは、諦めるどころかさらに暴走しましたね(^ ^)

松居一代のYouTubeを使用したことに鈴木おさむが言及

松居一代

 

さて話は、ここからなのですが現在の松居一代さんの、YouTubeを使用したことについて、鈴木おさむさんが言及をしていたので、こちらでも私からの意見をまぜつつ紹介していきます。

 

いままでだったら、上記のことを週刊誌に告白して掲載されて、スクープになっておわるのが日本のやり方。

 

ですがその告白を松居一代さんはYouTubeにした。

 

ご存知の通りYouTubeは、すこしの知識さえあれ動画を投稿することができ、それが日本だけでなく全世界に発信されます。

 

最近でいうと、ピコ太郎のPPAPが良い例ですね。

 

ネットを使用するということは動画は永遠に残っていき、だれでも簡単に多くの人に視聴することできます。

 

さらに細かいところをいってしまえば、雑誌はお金がかかるのに対してYouTubeは無料で、

テレビでは放送できない映像や単語もYouTubeでは使用できてしまいます。

 

このように影響力は当然雑誌より上ということがわかりますね(^ ^)

 

鈴木おさむさん曰く、この事件はこれからのメディアを大きく変える事件だと言及していて、

これからは結婚や離婚などの報告がYouTubeで行う人も増えるかもしれない、松居一代スタイルが新たなメディアの流れを作ったと語っています。

 

ここまで、私の意見も混ぜていきましたが鈴木おさむさんがYahoo!ニュースで言及したものをまとめてみました。

松居一代は実は頭がいい?

松居一代

ここまで見て思ったのが、『あれっ松居一代、頭いいんじゃない?』ということです。

 

これまでは、週刊誌に取り上げられてニュースに取り上げられて・・・という形だったのですが、なんと松居一代さんは、一人でYouTubeに動画を投稿して世間を巻き込んでいきました。

 

松居一代さんが有名人ということもありますが、内容はザックリいってしまえばただの夫婦喧嘩です。

 

ですが動画の内容の見せ方が上手いんですよね、内容を見る限り以下のようなことがあります。

 

  • 船越英一郎を愛していた
  • 自殺を考えるほど、苦しんでいた
  • 船越英一郎は、糖尿病で夜の生活が難しい
  • 船越英一朗は、夜のお薬を飲んで不倫をしてる
  • しかも不倫相手と共謀して財産を奪おうとしている
  • 船越英一郎が所属している黒い事務所に対して怒っている

 

上記のことを1つずつ投稿していたと思うのですが、これを週刊誌に告白したら、おそらく一気に公開されて、ここまで騒がれなかったと思います。

 

ですが松居一代さんは、一人でYouTubeを学び、動画を投稿して世間を焦らして、焦らして盛り上げてきたのは、偶然ではなく狙って行なった行為だとわたしは思っています。

 

結果、日本を代表とする放送作家の鈴木おさむさんにも、『新たなメディアの風を作った』と言っていました。

 

これって松居一代さんがYouTubeの仕組みを理解していたからこそできたことなので、内容を置いといて、松居一代さんはやっぱり頭がいいんではないでしょう?

 

・・・みなさんはどう思いますか?

締まりのない最後でしたが、今回はこれまでにします(^ ^)

 

最後になりますが、松居一代さんの動画は良いのですが、もうすこし要点をまとめてから投稿してほしいです笑

 

それではまた次回お会いしましょう!

スポンサーリンク