どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

クリスマスというのは、本来海外のイベントなのですが日本でも12月のビッグイベントの1つですよね。

 

ですが日本のクリスマスと海外のクリスマスの違いが多々あるので、こちらでまとめて見ました。

 

よければ参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

 

日本のクリスマスといえば!?

プレゼント

 

まず最初に日本のクリスマスをおさらいしていきましょう!

 

まず日本のクリスマスは独身と家庭を持っている方では、過ごし方が違ってきますよね。

 

12月に近づくにつれて、街は一気にクリスマスムードになり、植えられて入る木などにもイルミネーションが施されます。

 

そして24日のクリスマス・イブになると独身の方は恋人がいれば恋人と過ごして、家庭をもっていれば家族と過ごして、

クリスマスケーキやケンタッキーフライドチキンを食べたり、クリスマスプレゼントを交換したりしますよね?

 

小さいお子さんをもつ家庭の場合は、子どもが寝ているときにクリスマスプレゼントを置き、25日の朝にサンタさんと見せかけてプレゼントをします。

 

なによりに日本のクリスマスは25日より24日のクリスマスのほうがメインという感覚で扱われています。

 

私たちからみたら、当たり前なのですが海外の方からみると以下のようなことになります。

 

  • ケンタッキーフライドチキンを食べる
  • ショートケーキを食べる
  • プレゼントは1人1つ
  • メインのクリマスはイブ
  • なぜか恋人と二人で過ごしたがる

 

・・・まぁいつも通りのクリスマスって感じがしますね。

 

ですがこれを海外の方に見せたら、『日本のクリスマスはオリジナリティがあるな〜』と思われます。

 

では、海外のクリスマスはどういった、内容なんでしょうか?

 

クリスマスの本場、イタリアとクリスマスと聞いて連想する国、アメリカのクリスマスの模様を見ていきましょう!

イタリアのクリスマスは、何をするの?

 

イタリアも12月に近づくにつれて、街中イルミネーションでキレイになってくると思いきや、

カラーバリュエーションがオレンジとイエロー系が中心のため、大人なイルミネーションになっています。

 

クリスマスの過ごし方は、恋人とイチャイチャする日本とは違って、家族や親戚、友人が家庭に集まり、

24日の夜から25日にかけてクリスマスを楽しみます。

 

クリスマスの楽しみ方は、家でゆっくり家庭料理を食べながらテレビを見たりと、ひとときのクリスマスを過ごします(^ ^)

 

キリスト教の最大教派、カトリックではキリストが生まれるまで肉を食べてはいけない、という習慣があったため、クリスマスでは肉を食べないで魚料理を食べます。

 

日本でいうケーキのポジションをイタリアにすると・・・

  • パネットーネ
  • ブッシュドノエル
  • シュトーレン

 

などのシンプルな焼き菓子、ケーキが食べられます。

 

とくにパネットーネは、シンプルな食材で作られる伝統的なケーキです。

 

みなさんも、作ってみてはいかがでしょうか?

 

クリスマスプレゼントは、日本と違って家族や親戚からたくさんのプレゼントがもらえます。

 

簡単にまとめると、こんな感じですね。

  • クリスマスは25日がメイン
  • 魚料理を食べる(肉は基本的に食べない!)
  • 家族や親戚、知人の大人数で過ごす
  • パネットーネなどのケーキを食べる
  • プレゼントいっぱい、うれしい!

 

クリスマスになると、26日までお店も閉まっているのも特徴の1つかもしれません。

スポンサーリンク

 

アメリカのクリスマスは、何をするの?

クッキー

 

アメリカのイベントは、一つ一つが派手な印象がありますね。

 

クリスマスも例外ではなく、ハロウィンが終わるとすぐにクリスマスの装飾が始まります。

 

そして装飾されたイルミネーションは、1月まで飾っている家庭も少なくありません

 

アメリカのクリスマスの過ごし方は、恋人と二人きりで過ごすより家族や恋人も交えて大人数のパーティをします(^ ^)

 

そして食事は、もちろんクリスマスチキン?と思いきやハムやターキーを食べることが多いみたいです。

 

ケンタッキーの名前が上がらないのが意外でしたが、クリスマスの日は街全体がお祝いムードになるのでケンタッキーも思うように売れないんだとか。

 

クリスマスケーキも日本と違って、クッキーを作り食べたりしていて、サンタさんにもお礼に部屋に置いておいたり、友人間に配ったりするのも恒例ですね。

 

プレゼントは、イタリアと同じく親戚同士が集まっているので多くのプレゼントをもらっています。

 

簡単にまとめてみるとこんな感じです。

  • ハムや、ターキーを食べる
  • クリスマスは25日がメイン
  • ケーキよりもクッキー
  • 親戚や家族があつまりパーティ!
  • プレゼントいっぱい、うれしい!

 

プレゼントに関しては、日本はお正月がある一方でアメリカはクリスマスとお正月がセットという感覚なのでたくさんのプレゼントをもらっています。

日本のクリスマスと海外のクリスマスの違いをふりかえってみて!

クリスマス

 

今回の記事では、日本のクリスマスと海外のクリスマスの違いを紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

海外のクリスマスは宗教色が強いのですが、日本の場合はそういったことは特にないですよね(^ ^)

 

もし海外に行く機会があったら、是非クリスマスを体験してみたいです!

 

この記事がよければいいね!やシェア、RTをおねがいします、管理人が喜びます笑

 

また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク