どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

7月30日の情熱大陸は、陸上の山縣亮太選手に密着していますね!

 

現在陸上男子100mは、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン、高瀬慧、山縣亮太選手などが、日本人初の9秒台を達成しようと、熾烈を極めています。

 

なかでも山縣亮太選手はロンドン五輪100m予選で10秒07という日本人選手の五輪最高記録をだしていて、9秒台の記録をマークするのは山縣亮太選手との呼び声も高いです。

 

というわけで今回は、山縣亮太選手に襲った怪我の紹介などをしていきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ!

スポンサーリンク

 

情熱大陸出演!山縣亮太のプロフィール

山縣亮太

 

  • 名前:山縣亮太(やまがた りょうた)
  • 生まれ:1992年6月10日
  • 出身地:広島県広島市
  • 身長:176cm
  • 体重:68kg(上下している場合があります。)

 

イケメンですね!

 

スポーツができて顔も良いというのは、羨ましいです・・・笑

山縣亮太の経歴。

山縣亮太

 

山縣選手が陸上を始めたの兄の影響で、小学校四年生のときです。

 

そのときに出場した、陸上の大会で優勝。

 

その活躍を見ていた、広島ジュニアオリンピックの誘いを受けて、本格的に始めます。

 

ですが当時の山縣選手は野球クラブに入りたかったんだとか(^ ^)

 

時が経ち、中高一貫校の学校を選ぶのですが、なんと超名門校の修道学校!

偏差値が67もあり、受験で合格するのが、かなり難しい学校です。

 

山縣選手は小学校のころから、文武両道だったんですね!

 

ちなみに修道学校の陸上部の実力は、決して名門校と言えるレベルではないらしいのですが、

 

山縣選手の同期は実力がある人がいて、修道陸上始まって以来の黄金世代だったらしいですよ。

 

そんな黄金世代と共に、個人100m、400mメドレーリレーで全国出場。

 

高校時代になり、才能も開花していきます。

 

ですがインターハイは、怪我の影響もあり満足のいく結果が残せなかった山縣選手でしたが、

 

高校二年生のときに世界ユース陸上選手権で4位に入賞。

 

続く高校三年生のときには団体で100m優勝

 

日本ジュニア選手権では、100m、200m共に優勝しています(^ ^)

スポンサーリンク

 

山縣亮太は慶応卒でコーチがいない!?

 

大学になると慶応大学に進学します!

 

ですが山縣選手の学力や実績があれば、陸上に特化した大学が選べたんではないでしょうか?

 

そんな疑問をもったのですが、山縣選手が慶応大学を選んだ理由が他の人とは一味違いました。

 

それは、上下関係が厳しくなく自主性を重んじるチームだからです。

 

その考え通り、当時の山縣選手のトレーニングで1番の特徴だったのは、コーチがいないことでした!!

 

スポーツを普段やらない人でも分かると思うのですが、普通は顧問や監督、コーチがいて指導を受けてトレーニングを受けますよね。

 

ですが山縣さんは1人でメニューも考え、マネージャーにビデオを撮ってもらい、何十回もチェックをしていたんです。

 

そしてコーチがいることで、相談や励ましなどもあり、メンタル面も強くなれますが、山縣選手は全て一人でこなしていきます。

 

そんな環境のもと、大学二年生のとき10秒08を出し、ロンドンオリンピック代表に選ばれます(^ ^)

 

大舞台になるにつれて、目に見えない緊張というのが現れて記録が出しにくくなるのですが、山縣選手は予選で10秒07の自己新記録を記録。

 

すごいとしかいえないですよね、全て一人でトレーニングして世界最高の舞台で新記録も叩き出す。

山縣選手のメンタルは測りきれません。

山縣亮太に襲った怪我とは?

山縣亮太

 

リオ五輪の400mリレーでは、銀メダルという快挙を達成してから、日本人初の9秒台もさらに高まっていました。

 

ですが、山縣選手は怪我が原因で調整もうまくいかず、代表落ち・・・

 

陸上競技は怪我が特に多いですよね。

他のスポーツは多少の怪我でも騙し騙しやりますが、陸上の場合は0.01を競う世界だから体の状態は100%に仕上げなければいけません。

 

山縣選手は筋力トレーニングで体の中心に近い筋肉を鍛えていたのですが、そうしてしまうと末端部にしわ寄せがきてしまいます。

 

陸上選手の難しいところです、筋力トレーニングをしてタイムを上げていったとしても、怪我の確率は上がっていきます。

 

人は筋肉を鍛えることができても、靱帯や腱は筋肉ほど簡単に鍛えることができません。

 

ですから、筋力トレーニングは長い期間を設けて、行なっていく必要があります。

 

ですが陸上選手の選手生命は短いとも聞くので、自分の体と相談するしかないんですよね・・・

情熱大陸山縣亮太をふりかえってみて!

 

今回の記事では、山縣亮太選手の経歴や怪我について触れていきましたが、いかがでしたか?

 

文武両道でイケメンですが、努力はけっして忘れないという素晴らしい選手でした(^ ^)

 

ちなみに山縣選手は、魚が好きで捌くのも得意そうで、

 

本人のTwitterを見たら、魚の写真などが結構あります笑

 

今回紹介した、山縣選手以外にも桐生選手などのほかの選手も9秒の実力はあると思いますので、コンディションを整えて良い結果を出すことを楽しみにしてます!

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク