どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

8月3日のカンブリア宮殿には、城北信用銀行理事長の大前孝太郎さんが出演しますね。

 

城北信用銀行といえば東京都北部を中心として展開している金融機関ですが、現在金融業界というのは低金利の時代なので昔より厳しい時代になっています。

 

そんな中、金融業界の枠を超えた独自のサービスで地元の活性化などに貢献している大前孝太郎さんですが、調べてみたら、かなり面白い経歴の持ち主でした。

 

小難しいことは抜きにして、紹介していきますね!

スポンサーリンク

 

それでは最後まで閲覧どうぞ♪

カンブリア宮殿出演!大前孝太郎のプロフィール

出典:はてなブログ

  • 名前:大前孝太郎(おおまえ こうたろう)
  • 生まれ:1964年2月19日
  • 出身地:東京都
  • 最終学歴:慶應義塾大学経済学部経済学科
  • 職業:城北信用銀行理事長

 

現在は城北信用銀行の理事長としてお仕事をしていますが、昔は官僚のお仕事や大学の准教授として仕事をしていました。

 

次に、そんな大前孝太郎さんの経歴を紹介していきます。

元官僚!?大前孝太郎の経歴

 

大前孝太郎さんは、1987年に慶応大学を卒業後、住友銀行に就職したのち、

 

1988年には内閣官房特別調査委員に就任。

 

ちなみに内閣官房特別調査委員とは、内閣官房長官の指示のもと確証の大臣、政務の三役の補佐を任務するお仕事です。

 

小難しいになっていますが、要はサポートですかね!

 

2001年には内閣府参事官補佐に就き、2006年では内閣府政策企画調査委員に任命。

 

その後は、慶應義塾大学の准教授としても活躍をします。

 

現在の理事長という立場や、これまでの政府の重要な仕事を任されている経歴からみて、大前孝太郎さんは優秀な方だというのがわかりますね(^ ^)

 

そして2009年に内閣府から退職し、城北信用銀行の常務理事に就任。

 

現在の理事長の立ち位置は、2015年からになっています。

 

ここまで経歴を見ていると、どれも優秀な仕事ばかりで難しそう・・・と思いがちですが、大前孝太郎さんは他の人とは違う面白い経歴にありました!

ミュージシャンやアート活動!?

出典:Instagram

なんと大前孝太郎さんは、ギタリストでロックバンド『ゴマルヨンズボン』という音楽ユニットに所属していました(^ ^)

 

そして城北信用銀行の常務理事として仕事をしていたころに、筒井はじめさんという芸術家などと共同研究ユニット、『ラブコモンズ』を結成。

 

ラブコモンズとは、音楽活動以外にも映像や絵画制作、プロデュース業の展開などの多方面にわたるアート活動をしています。

 

現在では理事長の傍、ラブコモンズの活動に熱心に取り組んでいて、城北信用銀行の支店などで絵画教室や衝動教室などを実施していたりもしています。

 

一見お堅い仕事ばかりしているのかと思いきや、普通の人よりもクリエイティブなことにも挑戦しているんですね!

スポンサーリンク

 

大前孝太郎の型破りな発想とは?

出典:ADB

大前孝太郎さんが理事長に就任後、他の金融機関とはひと味もふた味も違う型破りな取り組みをしています。

 

城北信用銀行は地元の住人や中小企業から絶大な信頼を受けているのですが、

 

これは地元の住民や中小企業とのコミュニケーションを深めていることよって、信頼や地元の活性化に繋がっているのです。

 

驚いたことに、事業部の1つにコミュニケーション開発事業部なんてものも立ち上げているみたいです(^ ^)

 

それ以外にも若い子への支援も実施していて、オリンピックの出場を目指している選手を積極的に採用して、

城北アスリートクラブを立ち上げ、こども教室を開くなどの地元活性化にも繋げています。

 

そしてもう一つ、2012年から北区花火大会の実行委員長として大前孝太郎さんは、プロデュースもしているんです!

大前孝太郎は世襲で理事長に?

 

大前孝太郎さんが理事長務める城北信用銀行でしたが、なぜいきなりこんな立ち位置まで登ったのでしょうか?

 

これは、前理事長でありお父様である大前孝治さんの指名で長男の大前孝太郎さんに決定しました。

 

いわゆる、世襲というやつですね!

 

世襲というのは、日本では賛否両論にわかれていているので当時はかなり苦労したと思われます。

 

ですが他では真似できない取り組みで、成果もだしているので周囲も納得させたと思うので、そういった面で大前孝太郎さんのメンタルの強さなども垣間みれます(^ ^)

カンブリア宮殿出演!大前孝太郎をふりかえってみて!

出典:テレビ東京

今回の記事では、大前孝太郎さんの経歴や型破りな発想の紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

 

若いころは、政府の中で信頼とキャリアを築きつつも音楽活動などの新しいことにも、挑戦していく行動力は並大抵の人ではできません。

 

ですがそんなクリエイティブな経験があったからこそ、他の金融機関では真似ができない地元に対する、熱い取り組みができているんではないでしょうか?

 

これからも他では真似できない発想で、さらなるご活躍を期待します!

 

最後まで閲覧ありがとうございます、また次回お会いしましょう(^ ^)

スポンサーリンク