どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

8月12日のswitch達人達のインタビューでは、作家なかにし礼さんとゲームディレクター野村達雄さんが語り合っていますね!

 

ゲームディレクターの野村達雄さんといえば、あの国民的アプリ『ポケモンGO』の開発者のひとり。

 

調べてみると、大手企業Google社員だったこともわかりました!

 

大手企業のGoogleやポケモンGOの開発者も携わった野村達雄さんとは一体、どのような方なのでしょうか?

 

よければ一緒に見ていきましょう(^ ^)

スポンサーリンク

 

達×達出演!野村達雄のプロフィールは?

野村達雄

出典:GAMEwatch

  • 名前:野村達雄(のむら たつお)
  • 中国名:石磊(シー・レイ)
  • 生まれ:1986年
  • 出身地:中国黒竜江省(ちゅうごくこくりゅうこうしょう)
  • 在住:米国
  • 最終学歴:東京工業大学大学院情報理工学研究科修士課程
  • 現職:ゲームクリエイター

 

野村さんはもともと中国の方でした。

 

両親は中国の方で祖母が日本人で、野村さんは小学三年生の頃に長野県に移住。

 

現在の国籍は中国ではなく、日本で名前も野村達雄に変えたみたいですね。

 

そして国籍は日本ですが、アメリカに在住してるみたいです(^ ^)

 

ですので野村達雄は在日と疑問に思う方もいますが、在日ではないですよ!

野村達雄の原点は?

 

野村さんが最初にゲームと出会ったのは、ファミコンで遊んだゲームは初代ドラゴンクエスト(ドラクエ)

 

そして小学4年生になると、ゲームボーイのポケモン赤緑が発売されてハマっていったそうです。

 

ゲームを純粋に楽しむ一方で、ゲームはどうやって動いているのだろう?と興味が湧いてきます。

 

これが、野村達雄さんの原点ではないでしょうか?

 

ちなみに野村さんは、ポケモンは世界共通言語と語っていました。

 

小学3年生のときに中国から日本の小学校にやってきたときに、わたしでは想像できない苦労があったと思いますが、ポケモンを通して自然とコミュニケーションができたのかなと思います(^ ^)

野村達雄はポケモンGO開発者!?経歴が気になる!

野村達雄

 

野村さんは地元長野の大学、信州大学工学部に進学。

 

工学部では情報工学を学んだことがキッカケでゲームの熱が加速してしまい、ソフトまで使用できるファミコンを作れるほどに。

 

信州大学を卒業後、東京工学大学院に進学、

スーパーコンピュータを研究していました。

 

大学院在学中には、Googleにインターン(実習生)の経験をしたのちに大学院修了後、Googleに入社します(^ ^)

 

そこでエンジニアの担当をするのですが、そのときに携わったのが、みなさんご存知の『Googleマップ』です!

 

お世話になった方もいるのではないでしょうか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、Googleは4月1日のエイプリルフールは大規模なジョークを仕掛けますよね。

 

そこで入社一年目の野村さんは、Googleマップを使用して初代ドラクエのゲームを企画するんです。

 

やはり最初に出会ったゲームの存在は、野村さんにとってかなり大きなことだったようですね!

 

そしてGoogle本社に移動することが決定し、拠点をアメリカに移します。

 

2014年のジョーク企画が始まり、野村さんはまたなにか提案をするのですが、そこで『ポケモンチャレンジ』というのを発表します。

 

そうです、ここでポケモンGOの原点が生まれます!

 

これもGoogleマップを使用してポケモンを探すゲームなのですが、これを応用してもっとおもしろくできないか?となり、生まれたのが『ポケモンGO』でした♪

 

2014年10月には、アメリカのナイアンティックにポケモンGO開発リーダーとして移籍しました。

 

現在もナイアンティックで、ご活躍されています。

 

野村達雄の年収は?

 

そんなGoogleでもナイアンティックでも第一線で活躍している野村さんですが、年収が気になりますよね!

スポンサーリンク

 

ナイアンティックの年収は、よくわからなかったのですが、Googleは一年目で1800万円ほどの収入みたいです。

 

なんと日本のサラリーマンの4倍!流石ですね(^ ^)

 

アメリカのゲーム開発の平均年収は、1500〜2000万円ほどと言われていますが、野村さんの経歴からすると、それ以上もらっていることは確実です。

達×達の野村達雄をふりかえってみて!

ポケモンgo

出典:ポケモンGO

 

今回の記事では、野村達雄さんの経歴を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

現在もゲーム開発で世界的に活躍している野村さんですが、達人達のインタビューでは何を語ってくれるのでしょうか、楽しみですね!

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いししましょう(^ ^)

スポンサーリンク