どうもみなさん、ゆうやです(^ ^)

 

9月12日のマツコの知らない世界では、虫マニアの後藤啓さんは出演しますね!

 

後藤啓さんはなんと1500匹以上の虫と暮らすマニアぶりで、年間150回以上も採取にいくんだとか。

 

今回はそんな後藤啓さんのプロフィールや結婚、職業などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

 

マツコの知らない世界出演!虫マニア後藤啓のプロフィール!

後藤啓

出典:プラス1ねた

  • 名前:後藤啓(ごとう けい)
  • 生まれ:1959年
  • 年齢:59歳(2017年9月11日現在)
  • 出身地:大阪府
  • 趣味:昆虫採取、バードウォッチング

 

趣味は昆虫採取だけではなく、バードウォッチングもあるということで、基本的に動物が好きなんですね!

 

6歳ごろから昆虫採取をしていて、主にスズムシやコオロギなどを採取して飼育をしていたそうです。

 

幼い頃から鳴く虫を採取して飼育していたなんて、すごいですね!

大人になった今でも鳴く虫を中心的に管理していると思うので、当時はスズムシなどに相当なインパクトを受けたのではないでしょうか?

 

現在は年間150回以上も採取をしていて、日記のように採取ノートに記録もしています。

 

さすがに昆虫採取ほどではないと思いますが、バードウォッチングもかなりの知識を持っているように思えますね!

採取した昆虫をインターネット販売もしているの?

虫あみ

 

後藤啓さんは全国の蟲(むし)の音愛好家向けに立ち上げた販売サイト『鳴く虫研究社』を運営しています。

 

公式サイトはこちら→鳴く虫研究社

 

公式サイトを覗いてみると売り切れの昆虫が多いのですが、これは後藤啓さんのこだわりで、本人が採取して発送をしているので、売り切れが多いみたいです。

 

それ以外にも虫マニアならではのこだわりがあり、エサへの徹底したこだわりがありました。

 

一般的な昆虫の餌は安価な魚粉ということですが、『鳴く虫研究社』で管理している昆虫は最上級の純国産鮒(ふな)粉を使用するこだわりっぷり。

 

わたしは昆虫について疎いので鮒紛に調べてみたら、鮒粉の場合は昆虫の食いつきもよく、共食いも軽減できるんだとか。

 

ちなみにそれ以外にも後藤啓さんは鳴く虫についての本も出版されています(^ ^)

 

計21種類の鳴く虫について細かに説明している本で、Amazonの昆虫学ランキングではなんと1位を記録しています!

 

口コミを見てみると、見ているだけで面白い!など満足の声が多数でした。

 

リンクも貼っておきますので、気になった方はどうぞ♪

鳴く虫

秋の虫が好きな方にとっては、面白い本なのではないでしょうか?

後藤啓は結婚しているの?

 

虫マニアの後藤啓さんは結婚をしているのでしょうか?

 

気になって調べて見たのですが、そういった情報は見つかりませんでした。

 

ですが後藤啓さんは寝るときに、枕元で虫の音を聞きながら寝ているそうなので、もしかしたら結婚はしていないのかもしれません。

 

それか別々の部屋で寝ているかもしれないのですが、詳細はわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

後藤啓の職業は?

後藤啓

出典:プラス1ねた

趣味が昆虫採集ということで、職業は何をしているのでしょうか?

 

こちらも調べて見たら、食品販売の仕事をしているみたいですね(^ ^)

 

現在年齢が58歳ということなので、そろそろ定年かと思います。

 

そのときは、趣味を最優先するのではないでしょうか?

 

虫の知識は豊富だと思うので、大学に協力もできそうです・・・笑

マツコの知らない世界などの人気番組を見逃した方へ

マツコの知らない世界

 

最後になるのですが、マツコの知らない世界などの人気番組を無料で視聴できる方法はご存知ですか?

当たりまえですが、違法動画サイトは使用しません。

 

それはU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスを使用します。

 

えっ、U-NEXTって有料じゃないの?と思うかもしれませんが、

 

最初に有料登録をするまえに無料お試し期間が31日間もあるので、そちらを利用します(^ ^)

 

もちろん、無料お試し期間の31日間のあいだに解約ができるので、期限が迫ったら解約して問題なしです。

 

タイトルもハリーポッターやシンゴジラなどの番組だけではなく人気映画も揃えていて、

もしかしたらあなたが探していた作品もあるかもしれないので、とりあえず登録しておくのも良いですね♪

 

公式サイトはこちら>>>U-NEXT

U-NEXT

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク