どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

9月20のかりそめ天国ではボディビルダーの『相澤隼人』さんが出演しますね。

 

ボディビルダーですごいのですが、驚くことに相澤隼人選手は現在高校生!

 

今回はそんな相澤隼人選手の筋肉の画像と一緒に軽い経歴を紹介していきます。

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

かりそめ天国出演!相澤隼人ボディビルダーとは?

  • 名前:相澤隼人(あいざわ はやと)
  • 出身地:神奈川県
  • 生まれ:1999年10月21日
  • 年齢:17歳(2017年9月20日現在)
  • 大会成績
  • 2014年:神奈川県オープンボディビル選手権8位
  • 2015年:全国高校生ボディビル選手権優勝
  • 2015年:日本ジュニアボディビル選手権8位
  • 2016年:全国高校生ボディビル選手権優勝
  • 2016年:日本ジュニアボディビル選手権5位

 

さすがボディビルダーだけあって筋肉が凄まじいです(^ ^)

 

そんな相澤隼人選手がプロテインを飲み始めたのが小学2年生のときで、当時から自宅で器具を使用しないトレーニング(自重トレーニング)をしていて

 

小学四年生のときには、あの『ゴールドジム』のプロテインを購入。

 

ゴールドジムの見学にも足を運んだのですが、ゴールドジムは高校生以上でないと入れないためスタッフから優しく断れてもいました。

 

小学生でプロテインを飲むという発想が、わたしには全くなかったし当時プロテインという単語さえしりませんでした笑

 

相澤隼人選手の場合、小学生のときから兄弟でプロレスごっこをしていて、当時はプロテインを飲めばプロレスラーの体になれると思っていたんだとか。

 

そのまま流れでトレーニングを始めると思いきや、兄の影響で小学四年生のときに柔道を始めます。

 

中学生のときには地元、神奈川県の新人戦60kg級で優勝、高校生になるとインターハイ予選で3位、国体予選でベスト8にも。

 

最初にトレーニングを始めたのは、中学1年生のころで当時の認識としては趣味のトレーニングになっていて柔道の補助的な役割でした。

 

ちなみにトレーニングの場所はスポーツクラブルネサンスで、初めて使用したマシンはチェストプレスマシン。

 

チェストプレスマシン

 

マシンを使用したトレーニングで『効く』という感覚を初めて味わい、中学二年生のときに神奈川オープン選手権に出場。

 

観客からは『本当に13歳!?』と言われていて、話題になったのですが2次審査で落とされてしまいます。

 

調べて見たら最初は体を絞りもせず、ただ単にステージに立ちたかったと語っています。

 

その後は本格的に体を鍛えて現在に至ります。

スポンサーリンク

 

相澤隼人の大学は?将来も気になる!

現在高校生の相澤隼人選手ですが、大学は日本体育大学に進学して、

そこで元サッカー選手の岡田隆さんに色々教わったり、解剖学を勉強したいと語っていました。

 

解剖学ということは、体の内面から勉強するのでさらにステージアップするとおもうのですが、高校生でそんなことを考えられてしまうって相当なストイックですよね。

 

将来は、鈴木雅選手のようになりたいとともにゴールドジムに就職、そして自分のジムを開きたいと言っています。

鈴木雅

 

ちなみに鈴木雅選手とは日本ボディビル選手権を現在7連覇中で、ボディビル界の絶対王者とも言われてる方です。

かりそめ天国に相澤隼人高校生ボディビルダーをふりかえってみて!

今回の記事では高校生ボディビルダーの相澤隼人選手を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

13歳から興味本位とはいえ、大会に出場して高校生のボディビル選手権では2連覇。

 

現在は10月9日の高校生ボディビル選手権3連覇を目指して頑張っています。

 

この調子で日本大学にも進学して、さらなる飛躍をお祈りします(^ ^)

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク