どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

10月2日のプロフェッショナル仕事の流儀では、カルビー会長の松本晃さんが出演しますね!

 

カルビーといえばポテトチップスやじゃがりこ、フルグラなど国民から愛されるお菓子を販売しているお菓子メーカーの大手です。

 

そんなカルビーの会長を務めている松本晃さんは、どんな経歴をお持ちなんでしょうか?

 

年収やカルビーの人気商品も合わせて紹介していきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

プロフェッショナル仕事の流儀出演!松本晃のプロフィール!

出典:IBM

  • 名前:松本晃(まつもと あきら)
  • 生まれ:1947年7月20日
  • 年齢:70歳
  • 出身地:京都府
  • 最終学歴:京都大学院農学部博士課程修了

※2017年10月2日現在の情報です。

 

松本晃さんの最終学歴は京都大学院農学部ということに驚きました。

 

数々の企業を渡り歩いていた松本晃さんですので経営学部などで勉強をしているイメージなのですが、農学部だったんですね(^ ^)

 

ちなみに京都大学農学部の偏差値は65〜ぐらいでした♪

松本晃の経歴は?

出典:IBM

京都大学院農学部の博士課程を修了してからは、伊藤忠商事に入社。

 

もともと松本晃さんは偉くなることに興味があり、伊藤忠商事では社長になることないと思い退社。

 

39歳になるとセンチュリーメディカルに入社して、取締役営業本部長を務めます。

 

当時の社長からは色々任されたらしく、社員の採用から給与体系などほとんど変えたそうです。

 

その結果、赤字だった会社を黒字に立て直し、最終的に20倍もの利益をあげることに成功!

 

45歳になるとジョンソン・エンドジョンソンに入社、なんとこのとき23社からもオファーが来ていたんだとか。

 

ジョンソン・エンドジョンソンでは社長に就任、約9年間で30倍の利益を叩き出し、ここでも会社を大きくします。

 

2009年にはカルビーに入社、会長兼社長を就任します。

 

当時のカルビーはこれまでの会社と同じく経営がうまくいってなかったのですが、現在も売り上げを伸ばし続けています。(8年間)

 

カルビーの会長は4年ほどしか務めないつもりでしたが踏ん切りが難しいらしく、自分でやらなければ納得しない仕事もたくさんあるみたいです。

 

すごいですね、数々の会社を立て直し現在も仕事にやりがいを見つけているのは、日本を代表する経営者の1人と言っても過言ではないのでしょうか?

スポンサーリンク

 

カルビーの人気商品は?名前の由来は?

カルビー

国民的お菓子メーカー、カルビーの人気商品はどれなんでしょうか?

 

2016年度の売り上げベスト3はこちら。

 

  1. フルグラ
  2. ポテトチップスうすしお味
  3. じゃがりこサラダ

 

なんと『ポテトチップスうすしお味』を抑えてフルグラが1位!

 

調べてみると、松本晃さんがフルグラの販売戦略を最初から組み立てていました(^ ^)

 

経歴を見たあと聞かされると、どこか納得のいく結果ですね♪

 

ちなみにカルビーという名前の由来はカルシウムのカル、ビタミンのビーを合わせてつけた名前みたいです。

松本晃の年収は?

出典:日経ビジネス

 

唯一無二といっていいほどの経歴をもつ松本晃さんですが、年収はどれぐらいもらっているのでしょうか?

 

気になって調べてみると、2015年の役員平均年収ランキングを発見!

 

従業員の平均年収が738万円、役員の平均年収は1億6900万円でした。

 

松本晃さんは会長なので、もちろん平均年収よりも高いことがわかりますね!

 

さらにこれは2015年の情報で、現在もカルビーは業績をあげているのでさらに高いことがわかりました(^ ^)

※参考程度にしてくださいね。

プロフェッショナルなどの人気番組を見逃した方へ

プロフェッショナル

最後になるのですが、プロフェッショナルなどの人気番組を無料で視聴できる方法はご存知ですか?

当たりまえですが、違法動画サイトは使用しません。

 

それはU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスを使用します。

 

えっ、U-NEXTって有料じゃないの?と思うかもしれませんが、

 

最初に有料登録をするまえに無料お試し期間が31日間もあるので、そちらを利用します(^ ^)

 

もちろん、無料お試し期間の31日間のあいだに解約ができるので、期限が迫ったら解約して問題なしです。

 

もしかしたら、あなたが探していた作品もあるかもしれないので、とりあえず登録しておくのも良いですね!

 

公式サイトはこちら>>>U-NEXT

U-NEXT

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク