どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

10月3日のU-29では長谷川彰良さんに密着していますね!

 

長谷川彰良さんは服が大好きでフリーのモデリストという仕事をしています。

 

ファッション業界にいなければ、あまりモデリストという仕事をご存知ない方もいるかと思いますので、

 

今回は長谷川彰良さんの経歴やモデリストなどの紹介をしていきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

U-29出演!長谷川彰良のプロフィール!

長谷川彰良

出典:NHK

  • 名前:長谷川彰良(はせがわ あきら)
  • 生まれ:1989年
  • 現職業:フリーランス、モデリスト
  • 最終学歴:エスモードジャパン

※2017年10月3日現在の情報です。

 

真面目そうな方ですね(^ ^)

 

プロフィールに記載されている学校『エスモードジャパン』というのはフランス発祥のファッションスクールで、現在世界に14カ国あるそうです。

 

そして長谷川彰良さんの現職業、モデリストとはデザインや型紙作り、裁縫などを全て1人で行うのがモデリストといいます。

 

ちなみに型紙とは、必要な布の形に製図して切り抜いた紙のことをいいますよ♪

長谷川彰良の経歴は?

 

Megumi Ozawaさん(@megumi_ozawa)がシェアした投稿

まず最初に簡単な経歴はこちら。

 

  • 2011年:エスモードジャパン、卒業コレクション大賞受賞
  • 2011年:企業に入社、モデリストとして活躍(名前は明かされていません)
  • 2015年:studio kakita、ジャケット修了
  • 2016年:退職
  • 2016年:studio kakita、スラックス修了
  • 2017年:モデリストとして本格的に活動開始

 

長谷川彰良さんは、幼いときに気がついたら服が好きで小学3年生のころにはミシンを踏んでいたんだとか。

 

親の影響で服が好きになったなどが、ありがちなパターンですが長谷川彰良さんの場合は、そんなことは特になく本当に気がついたら好きになっていました。

 

高校を卒業してエスモードジャパンに進学。

 

そこでスーツの仕立て(テーラーメイド)を教わり今まで既製服の作り方しか知らなかった長谷川彰良さんは『こんなに手間のかけてつくる服があるのか!』と感動!

 

そんな中ある日、古着屋で見つけた1900年代に作られたフランスの消防服を発見し購入。

 

自宅に帰って分解してみると、現在のテーラーメイドと全く同じ作りになっていて涙を流します。

 

100年以上まえの服で作業服なのに、スーツと一緒の作り方に感動した長谷川彰良さんは『100前の感動を100年後に繋げていく』と決意。

 

現在では自分のブランドを立ち上げ準備や講演、個展などにも取り組んでいます。

講演や個展はいつ開かれるの?

chairさん(@thechair22)がシェアした投稿

経歴に少し記載した通り、長谷川彰良さんはセミナーや個展を開いていて、

ただ服を見せるのではなく、フランス革命時代から様々な時代の衣服を半分解して展示しています(^ ^)

 

これも『100年前の感動を100年後につなげていく』のコンセプトになっていますね!

 

個展は2016年に開かれていたのですが、現在予定されておらず情報は特にありませんでした。

スポンサーリンク

 

長谷川彰良さんのブログやTwitterでなにか予定があったら、告知されると思うのでチェックですね♪

長谷川彰良の年収が気になる!

 

独立したということで会社に属さず1人で活動しているので、収入のほうはどうなっているのでしょうか?

 

調べてみると、どうやらU-29で放送されるということなので、放送後に追記していきます!

長谷川彰良モデリストの経歴は?個展や年収も!【U-29】

 

Seiyaさん(@saysayblue)がシェアした投稿

今回の記事では長谷川彰良さんの経歴や個展などを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

最初は趣味で始まったことが、今ではそれを仕事にして生きていっているのはカッコいいですよね!

 

そんな長谷川彰良さん曰く、自身のコレクションは『ファッション』というカテゴリーではなく『芸術品』としてみるそうです。

 

U-29ではどんなことを語ってくれるのでしょうか、放送が楽しみです(^ ^)

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク