どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

10月17日の世界仰天ニュースではベネズエラ・ボリバル共和国にあるマラカイボ湖に潜入していますね。

 

マラカイボ湖はなんと1秒に1回雷が落ちると言われてる恐ろしすぎる場所で、そんなところに村がありました。

 

今回はそんなマラカイボ湖になぜそんな雷が落ちるのか?観光はあるのか?などを紹介していきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

世界仰天ニュース密着!マラカイボ湖とは?

マラカイボ湖

出典:Wikipedia

 

マラカイボ湖は地殻変動によって作られた自然の湖で大きさは南米の中でも最大級。

 

あまりの大きさにカリブ海、大西洋、ベネズエラ湾にも繋がっていて人によっては湖ではなく海と認識する人も少なくないんだとか。

 

ちなみにマラカイボ湖では石油が埋蔵されていることが分かり、ベネズエラが産油国になったキッカケでもあります。

1秒1回雷が落ちるオロガ村マラカイボ湖がスゴイ!

マラカイボ湖では、無音の雷と呼ばれる雷が無数に発生します。

 

この無音の雷は古くから発生していて、大航海時代に航海する人にとって『マラカイボの灯台』と呼ばれてたんだとか。

 

そんな自然災害が多発するマラカイボ湖の北南部には『オロガ村』という村があります。

 

人口200人という村で家は、雷が多発するため全て水上に建てて暮らしています。

特にこの雷は4〜11月にかけて多発していて、およそ一分間に60撃、時には1時間で3600撃、年間で120万撃も雷が落ちているんです!

 

正直聞いてるだけじゃスケールが違いすぎてイマイチよくわかりませんが、現地の人からすれば落雷が落ちない日があれば、逆に不安に陥る人がいるほどです。

 

下記の動画がマラカイボ湖の雷の動画です。

これがほぼ毎日聞こえてくると思うと、とても怖いですよね・・・

 

雷が降り注ぎつづけるオロガ村の仕事は漁業が一般的で、漁法も雷を利用して魚を獲っているなど、自然災害を利用しています。

 

もちろんこの雷で犠牲になってしまう方も多く、過去には元巨人の投手『ジェレミーゴンザレス』さんがこの雷に命を奪われています・・・

そもそも雷の威力ってどのぐらいあるの?

 

ほぼ毎日雷が降り注ぐマラカイボ湖ですが、雷の威力とは一般的にどのぐらいあるといわれているのでしょうか?

 

一般的には雷が落ちるのは1億ボルトといわれていて、電流は約数十万アンペア。

 

これは温度に換算すると3万℃になり、直撃したら家事はもちろん空気が膨張し爆発も起きる可能性があります。

 

よく大きな木の下で逃げないほうがいいと言われていますが、上記の動画はそれがよくわかる動画です。

スポンサーリンク

なんでマラカイボ湖のオロガ村には雷がそんなに落ちるの?

雷

 

一般的に雷は氷の粒がこすれ合い巨大な静電気になり、雷になって落雷が発生しますが、なぜマラカイボ湖のみ、そんなに雷がおちるのでしょうか?

 

これはアンデス山脈に風がぶつかり、雷雲が発生しそこに沼地から放出し続けているメタンガスが関係していると研究者から呼ばれています。

 

それ以外にもアンデス山脈の乾いた雲とカリブ海の湿った空気がぶつかり発生するなど様々な理由が考えられているようです。

 

さらに一般的な雷は爆発のように空気の震動音で、あのような爆音が発生しますがマラカイボ湖やオロガ村の雷にはほとんど音がありません。

 

この現象についてはまだ詳しいことはわかっておらず、研究をしているとのことです。

この落雷が観光できるツアーはあるの?

雷

 

雷が降り注ぐとても恐ろしい地域ですが、気になる方も多いと思うので観光できるツアーを探してみました!

 

するとオンリーワントラベルから3拍4日のツアーがありました(^ ^)

 

ちなみにツアー料金などの詳細は記載されておらず、気になる方は直接お問い合わせしないとダメみたいですね〜

 

個人でマラカイボ湖に足を運ぶのも良いのですがベネズエラの為替(かわせ)が不安定なので、

 

現地に詳しいスタッフが立て替えてくれたりもするので、行ってみたい方はツアーのが無難かもしれません。

 

リンクも貼っておきますので気になった方はのぞいてみてください。

 

>>>カタトゥンボ雷ツアー

世界仰天ニュース1秒1回雷が落ちるオロガ村マラカイボ湖がスゴイ!をふりかえってみて!

雷

 

今回の記事では1秒に1回落ちると言われているマラカイボ湖オロガ村の雷を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

恐ろしい落雷が降り注ぐマラカイボ湖ですが、ツアーは世界的に人気なようです。

 

世界で最も雷が多い場所としてギネス記録にも認定された場所を気になる方は、行ってみてはいかがですか?

 

わたしも行ってみたいですが、万が一のことを考えると足が動きません笑

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク