どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

10月18日のクレイジージャーニーでは奇界遺産、佐藤健寿さんがマダガスカルのツィンギを激写していますね。

 

ツィンギといえばマダガスカルの絶景『針の山』と呼ばれていて、そこにたどり着くまでも大変な場所です。

 

今回はそんなツィンギの紹介や動物も紹介していきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

クレイジージャーニー出演!佐藤健寿のプロフィール!

佐藤健寿

出典:気ままなトピックス

 

早速、針の山ツィンギについて紹介しようとおもうのですが、

 

そのまえにクレイジージャーニーで世界を飛び回っている、奇界遺産、佐藤健寿さんについても少し紹介しようと思います。

 

  • 名前:佐藤健寿(さとうけんじ)
  • 生まれ:1978年
  • 年齢:39歳

※2017年10月17日現在

 

出身地は明かされておらず、最終学歴は武蔵野美術大学だそうです。

 

彼女や結婚についても明かされていないのですが、佐藤健寿さんは世界を飛び回っている為、彼女を作る暇はなさそうです。

 

これまで旅をした国は40カ国以上にもなり、どの国にも奇妙な物や景色があり、それを撮影した写真集が奇界遺産となっています。

 

奇界遺産は二巻まで、出版されているのですが、どちらもベストセラーになっていて人気もすごいらしいです、商品のリンクを貼っときますので、興味がある方は是非見てください(^ ^)

佐藤健寿がマダガスカル針の山ツィンギを激写!?

ツィンギはアフリカのマダガスカル西部に位置する保護地域。

 

1990年にはユネスコ世界遺産にも登録されていて、ツィンギの正式名称は『ツィンギ・ド・ベマハラ』

 

ツィンギ・ド・ベマハラが存在するマダガスカル島はアフリカ南東にあり、世界で4番目に大きいと言われている島です。

 

ちなみに面積の大きい世界の島ランキングはこちら。

  1. デンマーク:グリーンランド
  2. インドネシア:ニューギニア
  3. インドネシア:ボルネオ
  4. マダガスカル:マダガスカル

 

話を戻して、ツィンギの特徴はなんといっても無数に存在している剣のように尖った岩の数々。

 

そしてツィンギはマダガスカル語で先の尖ったという意味、またツィンギの谷間には他に見ない原生林があちらこちらに存在します(^ ^)

 

なんで針の山になったの?

 

@whenzooがシェアした投稿

まさに奇怪のような景色の『ツィンギ』

 

なぜこのような針の山になったのでしょうか?

 

これは何万年という気の遠くなるような年月をかけて石灰岩(生物の遺骨などが主)が雨風に侵食されることによって奇怪な見た目に形成されていきました。

 

ちなみに現在でも地下水の侵食によって洞窟や地形が形成されていますよ(^ ^)

 

それ以外にもツィンギにはマナンブル川という川も流れていて、

 

この川も長い年月をかけて侵食をしたため川の両側に300メートルの断崖があり、そこにはは多くの洞窟や岩棚、過去にはその地域に住んでいた人々を埋葬した跡もあるんだとか。

スポンサーリンク

 

時に自然は私たちの想像をはるかに超える風景を見せてくれますが、まさにこの風景のことなんでしょうか?

マダガスカルの針の山ツィンギの生体も珍しい動物ばかり!

 

ツィンギは景色が独特なこと以外にも生態系も独特で、ほとんどの生物の詳しい生体は謎だらけ。

 

今回はそんな謎だらけの生物の一部を紹介していきますね(^ ^)

ツィンギに生息するオニジカッコウ

 

体つきはキジにも似ている鳥類

 

最大の特徴はなんといっても、目の周りの色合い。

 

目の周りは青で後ろのほうにはかすかなピンク、大きいオニジカッコウは最大で60cmもあるんだとか(^ ^)

ツィンギに生息するベローシファカ

 

ツィンギと聞いて連想する方も多いのではないでしょうか?

 

ベローシファカの最大の特徴は、後ろ足が非常に長いこと。

 

そのため地上を四足歩行することが難しく、横に歩きながら移動します!?

 

そんなバカな、と思いつつ動画をみたところ本当に横歩きしていました。

 

それがこちらの動画。

 

すごい可愛いですよね!

 

この独特な動きで、マダガスカルでは精霊の宿る動物と崇められています。

ツィンギに生息するデッケンシファカ

 

こちらもツィンギと聞いて連想する方が多いはず。

 

白と黒が特徴的で、ツィンギ周辺のみ生息する原始的な生き物。

 

昼間は森の木の葉などを食べているのですが、

 

夜になると大型マングースから身を守るためにツィンギに登り、剣のように尖った岩の頂上で眠ります。

 

見た目も特徴的なのですが、デッケンシファカの最大の特徴は大きなジャンプ。

 

あの断崖を大きなジャンプで移動していて迫力満点なんだとか(^ ^)

クレイジージャーニー佐藤健寿がツィンギ針の山を激写!動物をふりかえってみて!

ツィンギ

出典:日々佳良好

 

今回の記事では佐藤健寿が激写したツィンギの針の山の紹介や、動物を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

本当に神秘的な景色で時間とお金さえあれば行ってみたいところでしたね♪

 

現地に住む動物は、やはり尖った岩にも対応できる鳥類や猿類が多かったです。

 

今回のクレイジージャーニーの佐藤健寿さんは、どんなことを語ってくれるのでしょうか、放送が楽しみですね!

 

PS:佐藤健寿さんがもう1つ激写したマダガスカルの奇祭もまとめていますので、よければどうぞ(^ ^)

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク