どうもどうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

11月16日の秘密のケンミンショーでは『イカスミ汁』を紹介していますね。

 

そこでスタジオのみんながイカスミでお歯黒になったりと、色々と面白い絵になっていました笑

 

しかもこのイカスミ汁、沖縄県民が愛してやまないんだとか!

 

今回の記事ではそんなイカスミ汁の購入方法や、レシピなどを紹介していきます。

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

ケンミンショー紹介!イカスミ汁とは?

見た目の意外性は100点のイカスミ汁は、名前の通りイカスミで真っ黒に仕立てた汁物です。

 

沖縄県民以外は馴染みがないかもしれませんが、じつは沖縄では郷土料理として有名で知らない人はいないほど。

 

基本的にイカスミ汁に使用されているイカは『アオリイカ』のイカスミを使用していて、鰹と昆布の出汁を使用しているんだとか。

 

家庭によっては味噌も入れたりと、郷土料理感が満載な料理ですね(^ ^)

イカスミ汁の味は?

 

イカスミ汁の味は、イカスミによる濃厚なコクと旨みにあります。

 

イカスミというのはイカの旨みが詰まっていて部分でもあり、たくさん入れるに比例して濃厚さが増し、イカスミ汁本来の美味しさが楽しめますよ♪

 

そのためイカスミの量はもちろん、質によっても味は大きく左右されます。

 

やはりイカスミのもつ、独特なコクと磯の香りが癖になるようで近い料理でいえば『イカスミパスタ』なんかも近い気がします(^ ^)

イカスミ汁のレシピは?中の具材も気になる!

出典:cookPad

  • 材料:5人分
  • アオリイカ:400g(2杯)
  • イカ墨:2杯分
  • イカ墨:30g
  • 豚ばら肉:30g
  • 島豆腐:400g
  • 長ネギ:1本
  • 水:800ml
  • 顆粒だし:大さじ2杯
  • 味噌:大匙2杯
  • 醤油:適量

 

レシピはコチラ!

 

出典:cookPad

  • 材料:5人分
  • アオリイカ:500g
  • イカ墨:1杯分
  • 豚ばら肉:200g
  • 島豆腐:250g
  • にが菜:15枚
  • カツオ出汁:1500cc
  • 味噌:適量
  • 醤油:適量
  • 塩:少々

 

レシピはコチラ!

 

レシピ自体はとてもシンプルで、中の具材は豚ばら肉と島豆腐、アオリイカが多いように感じました。

 

沖縄県民は豚肉と島豆腐などが大好きだと思うので、作るときは自分の好きなものをいれても良いかもしれませんね(^ ^)

イカスミ汁の効果は?

 

沖縄では昔からイカスミ汁は、琉球薬膳として知られていてデトックス効果(体内の悪いものを排出)のある食べ物として親しまれていました。

 

それ以外にも、イカスミには動脈硬化、糖尿病予防、整腸作用、腎臓の機能回復などの効果も見込まれています。

 

ちなみにイカスミ汁の王道の具材、イカにも便秘改善効果などがあってなにより低脂肪、低カロリーなのも嬉しいところですね♪

スポンサーリンク

 

イカスミ汁の購入方法は?

 

秘密のケンミンショーで紹介されたイカスミ汁、気になっている方向けに購入方法も調べてみました!

 

調べて見ると楽天やAmazonで購入可能でした(^ ^)

 

リンクも貼っておきますので気になった方はのぞいてみてください。

 

  • 名称:イカスミ汁350g×5袋
  • 【楽天】
  • 価格:3,599円(送料無料)
  • 【Amazon】
  • 価格:1,800円

 

楽天とAmazonの価格を比べて見ると、なぜか2倍近くの差がありました。

 

そのためか、Amazonのイカスミ汁の在庫が残り2点になっていたので購入の方はお早めに!

 

ちなみにイカスミ汁を食べたら、お歯黒になりますがこれはこれで楽しいかもしれないですね♪

ケンミンショーでイカスミ汁!?沖縄熱愛の購入方法は?レシピをふりかえってみて!

 

今回の記事ではケンミンショーで紹介されるイカスミ汁のレシピや、購入方法などを紹介してきました(^ ^)

 

昔からイカスミは産後の回復にも良いとも言われていて、出産後の女性が初めて食べる場合もあるほどです。

 

まさに美味しくて体にも良い『イカスミ汁』まだ食べたことない方は一度は味わってみたいですね!

 

さすがに現地まで行くのは難しいと思うので、今回紹介したお取り寄せを活用してください。

 

ちなみに沖縄のイカスミ料理は、イカスミ汁だけはなく『イカスミ焼きそば』『イカスミそば』『イカスミ雑炊』など様々料理がイカスミによって黒くなっていました笑

 

飲食店にも沖縄料理屋があると思うので、もしかしたらそこで作っているかもしれませんね!

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク