どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

11月20日のプロフェッショナル仕事の流儀では弁護士『川人博』さんに密着していますね。

 

川人博さんは過酷な労働が原因の過労死などの問題に30年以上も戦ってきた弁護士で、川人博さんのモットーは『亡き人になりかわる』

 

今回の記事ではそんな川人博さんの経歴や学歴、電通の過労死問題を紹介していきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

プロフェッショナル仕事の流儀出演!川人博のプロフィール!

出典:livedoorblog

  • 名前:川人博(かわひと ひろし)
  • 生まれ:1949年10月7日
  • 年齢:68歳
  • 出身地:大阪府泉市佐野市
  • 現職業:弁護士

※2017年10月19日

 

かなり珍しい名字をお持ちの方ですよね(^ ^)

 

プロフェッショナル仕事の流儀の川人博さんは労働問題に対して取り組んでいますが、日本人の拉致問題に対しても取り組みを進めていました。

 

2003年には北朝鮮による拉致と人権問題に取り組む法律家の会を結成していて、

幹事兼、常務理事を務めています。

川人博の学歴は?

六法全書

 

弁護士として活躍して川人博さんですので、学歴が気になります。

 

小学校や中学校は割愛し、高校は大阪府立三国丘高校を卒業していました。

 

当時の偏差値はわからなかったのですが、現在(2018年)の偏差値は73ほどでした。

 

頭が良い高校とは思っていましたが、予想以上に頭が良い高校を卒業していましたね(^ ^)

 

大学は東大でおなじみ、東京大学の経済学部に入学。

 

高校もそうですが、大学もとても頭が良い学校を卒業しています。

 

学歴から見るとまさにエリート街道まっしぐらな気がしますが、その道のりは決して簡単ではないことが想像できます。

川人博弁護士の経歴は?

サポート

 

川人博さんは東京大学を卒業後、1978年に東京弁護士会にて弁護士登録。

 

1988年には『過労死110番』活動に参加。

 

ちなみに過労死110番とは、業務上の過労やストレスが原因で発病し死亡または重症の障害を負ったときに、労災補償の相談を行えるところです。

 

メールでの相談は受付おらず、電話での相談を受け付けています。

 

電話番号は03-3813-6999、もしものときのためにメモをしておいても良さそうですね。

 

1992年には東京大学教養学部の講師としても活躍、1995年に川人法律事務所を設立。

 

わたしの勝手なイメージですが、個人で弁護士の事務所を設立しても依頼がこない印象があります。

 

川人博さんの場合は、設立するまでの間に人脈を広げてきたのでしょうか?

 

2017年には新国立競技場の建設現場で働いていた、建設会社員の過労自殺事件で遺族代理人も務めていました。

川人博

 

わたし達が日常的に見ているニュースは概要だけですので、その事件解決に関わっている弁護士などはあまり深く考えないことが多いですよね。

 

そんな労働問題に取り組む川人博さんは現在も様々な役職に付いています。

 

簡単にしたものがこちら。

 

  • 拉致問題に関する有識者との懇談会の有識者委員
  • 過労死帽子政策推進全国センター共同代表理事長
  • 過労死弁護団全国連絡会議幹事長
  • 厚生労働省、過労死等防止対策推進協議会委員
  • 東京弁護士会人権擁護委員会国際人権部会長

 

役職だけでも様々なものに就いていることがわかりますね、それだけ信頼されている証拠かもしれません。

スポンサーリンク

 

川人博弁護士は電通の過労死問題も解決!?

労働

 

川人博さん蟹江弁護士と共に大手広告代理店で労働していた新入女性社員の過労自殺の労災認定を求めていて、2016年9月に労災認定に持ち込むことに成功していました。

 

ちなみに労災認定とは以下のような意味。

 

労災認定 仕事で病気やけがなどをした際、本人や遺族の請求に基づいて労働基準監督署が業務に起因するものかどうかを客観的に判断する。

引用:ことバンク

電通の場合は2016年過労が原因による自殺は初めてではなく、過去にもなんどか起こしています。

 

2016年もそうですが度々ニュースにもなっていますよね、氷山の一角にしか思えません・・・

川人博

 

新入女性社員過労自殺の場合は、勤務記録に残っていない異常とも言える過酷な労働実態を暴くために今までの経験を活かしビルの入室記録に注目。

 

その結果、明らかな残業時間隠しが判明していたり本人のSNS(twitter)で睡眠時間2時間だったことなど次々と発覚していきました。

 

それが証拠になり、労災認定され東京簡裁は求刑通りの判決を言い渡すことに成功しています。

プロフェッショナル川人博は本も出版している!

 

川人博さんはこれまでの経験を活かして、本も出版しています。

 

大まかな内容を書いてしまうと、仕事に関するトラブルや過労死、うつ病になったときの対応をわかりやすく解説している本でした。

 

日本は働きすぎている国でもありますので、うつ病になるケースもたくさん聞きます。

 

こちらも、もしものために一度手に取ってみてもいいかもしれませんね。

プロフェッショナルなどの人気番組を見逃した方へ

プロフェッショナル

最後になるのですが、プロフェッショナルなどの人気番組を無料で視聴できる方法はご存知ですか?

当たりまえですが、違法動画サイトは使用しません。

 

それはU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスを使用します。

 

えっ、U-NEXTって有料じゃないの?と思うかもしれませんが、

 

最初に有料登録をするまえに無料お試し期間が31日間もあるので、そちらを利用します(^ ^)

 

もちろん、無料お試し期間の31日間のあいだに解約ができるので、期限が迫ったら解約して問題なしです。

 

もしかしたら、あなたが探していた作品もあるかもしれないので、とりあえず登録しておくのも良いですね!

 

公式サイトはこちら>>>U-NEXT

U-NEXT

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク