どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

12月2日の満天青空レストランでは、新潟県新潟市にある片山商店の『生麹』を食材にしていますね。

 

生麹といえば少しまえに米麹ブームがきて、一気に認知度が高まりました。

 

今回の記事ではそんな片山商店の生麹の購入方法や満天青空レストランで放送されたレシピを紹介していきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

満天青空レストラン放送!生麹とは?

生麹

 

麹とは米や麦、大豆などを『麹カビ』という食品発酵に必要なカビを繁殖させたもの。

 

麹と一口でいっても様々な種類がありますが、なかでも生麹は名前の通り『生』で麹菌が生きています。

 

そのため麹菌が活発に活動し、一般的な麹よりも体によく甘みも強いんだとか。

 

ちなみに生なので長期間の保存には向かないですが、冷蔵させることである程度は日持ちしますよ(^ ^)

生麹の効果は?

生麹

 

なんとなく生麹は体に良いと想像できますが、どのぐらい体に良いんでしょうか?

 

まず最初に、生麹は『酵素の宝庫』ともよばれていて麹菌がわたしたちの体に必要な7割の酵素を生成してくれています。

 

体内に入ると麹は様々な酵素を生成してくれて、なんと現在知られている酵素のほとんどが麹菌が含まれていました。

 

それ以外にも美肌効果はもちろん、ビタミンB群や抗ストレス成分のGABA(ギャバ)、老化防止作用などここでは書ききれないほどの効果が期待できます。

 

ですが麹の全ての効果はいまだに解明されておらず、それぐらい奥の深い食材ということがわかりますね!

乾燥麹とは何が違うの?

生麹

 

満天青空レストランでは生麹を使用していますが、乾燥麹との違いはあるのでしょうか?

 

乾燥麹とは生麹の水分を飛ばして出来上がったもので、長期間での保存ができます。

 

ですが生麹と比べてしまうと、生麹のほうが活性化しているため違いは多少生まれます。

 

それ以外にも自宅で甘酒やお味噌を作ってみたい場合は、乾燥麹より生麹で作ったほうが麹のおいしさが味わえますよ♪

満天青空レストラン放送の生麹を使用したレシピは?

生麹

 

満天青空レストランでは、甘酒や塩麹など作っていましたがレシピが気になりますね!

 

こちらはわたしが記述している段階では公開されていないため放送後に追記していきます(^ ^)

スポンサーリンク

甘酒

料理

  • 材料
  • 生麹:200g
  • お湯:200cc
  • 水筒:500ml

麹納豆

料理

  • 材料
  • 生麹:100g
  • 納豆:120g
  • 人参:1/2本
  • 醤油:大さじ5
  • 酒:大さじ5
  • 炒り白胡麻:40g
  • 塩昆布の細切り:25g

塩麹

料理

  • 材料
  • 生麹:200g
  • 塩:66g
  • お湯:200cc
  • 水筒:500ml

のっぺ

料理

  • 材料
  • 塩麹:大さじ3
  • 生シャケ:100g
  • 鳥ささみ:2品
  • 里芋:4個
  • 人参:1本
  • れんこん:150g
  • 長ネギ:1本
  • しめじ:1/2株
  • えのき:1株
  • ぎんなん:10個
  • こんにゃく:1/2枚
  • かまぼこ:80g
  • 干し椎茸:2枚
  • 干し貝柱:6個
  • 干し椎茸の戻し汁:500cc
  • 干し貝柱の戻し汁:700cc
  • だしつゆ:3倍濃縮100cc
  • いくら、みつば:適量

鳥手羽先の塩麹焼き

料理

  • 材料
  • 手羽先:5本
  • 塩麹:大さじ3
  • かんずり:小さじ2
  • 甘なんぱん:3本
  • 赤ピーマン:1/2個
  • にんにく:1片
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 甘酢たれ
  • 甘酒:大さじ1
  • 酢:大さじ1
  • みりん:大さじ2
  • 白胡麻:小さじ2

ティラミス

料理

  • 材料
  • 甘酒:1cup
  • クリームチーズ:150g
  • ビスケット:4枚
  • インスタントコーヒー:大さじ2
  • お湯:大さじ4
  • ココアパウダー:適量
  • セルフィーユ:適量(飾り)

満天青空レストランでも放送れた片山商店の生麹の購入方法は?

 

満天青空レストランでも放送された、新潟県新潟市にある片山商店の生麹はどこで購入できるのでしょうか?

 

調べて見たところ、楽天で購入可能でしたのでリンクを貼っておきますね(^ ^)

 

 

  • 名前:生麹
  • 内容量:400g×2(計800g)
  • 価格:2,300円(税込、送料無料)

 

明治38年創業の片山商店の3代目名人『片山喜弘』さんが手がける生麹。

 

片山喜弘さんは五つ星お米マイスターの資格をもっていて麹に使用するお米を自分の目で厳選、

仕込むまえには自家精米にするほどのこだわりがありました。

 

ちなみにお米マイスターとは、お米の専門知識がある方のみが受けられるお米の博士号みたいな資格です(^ ^)

満天青空レストラン生麹(片山商店)の購入方法は?レシピも紹介!

満天青空レストラン

 

今回の記事では満天青空レストランで放送した生麹の購入方法やレシピなどを紹介してきました!

 

醤油やみりんを始めとする発酵食品に欠かせない麹は、食材に漬け込むだけで料理のグレードがアップしてしまう食材です。

 

さらにこれからの季節に嬉しい甘酒の材料になったり、栄養も豊富なので今年は生麹を使用して甘酒を作ってみませんか?

 

最後まで閲覧ありがとうございます、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク