2018年も春を迎え入学式シーズンがやってまいりましたね!

 

そこで子どもの入学式に出席するママのためのヘアスタイルについて、今回はミディアムヘアに注目していきたいと思います♪

 

入学式のようなフォーマルな場面であっても、ショートヘアやロングヘアに比べて、実はミディアムヘアがいちばん融通が利くのではないでしょうか?

 

下ろしていても、うっとおしさもなくアレンジの幅も広いのでスタイルのバリエーションが豊かになる長さです。

 

ただし、子どもの入学式という式典行事ですので、注意点もいくつかあります。

 

今回の記事ではそれらを確認しながら、ママにオススメのミディアムヘアのスタイルを画像と一緒に見ていきましょう。

※ここでのミディアムヘアは肩から鎖骨にかけての長さを指します

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

入学式でのミディアムヘアスタイルで注意したいこと

 

長さを問わず注意しなくてはならないのが、まずカラーリングについてです。

 

金髪やほか奇抜な色は避けるのはもちろん、できるだけ地毛に近い色が無難ですが、カラーの選び方次第では、少し明るい色にした方が垢抜けて表情も生き生きして見えます。

 

また、白髪や根元の「プリン」状態が目立っている人は、入学式前日までにリタッチを済ませておきましょうね。

 

またロングヘアは髪が長いというだけで箔がつき、ショートヘアは潔さを感じられるスタイルが多く見られますが、ミディアムヘアは一歩間違えると「中途半端」という印象を与えがちに・・・

 

そのため他の長さと比べるとスタイリングやアレンジに、より一層気を抜けないのも特徴です。

 

コテやアイロン、ワックス、必要に応じてヘアアクセサリーも取り入れて、子どもの入学式という特別感を演出しましょう。

入学式ママのミディアムヘアスタイルオススメ画像を紹介!

 

それでは人気サロンの提案を参考に、子どもの入学式に取り入れたいミディアムヘアのスタイルを見ていきましょう!

 

ミディアムという長さだからこそ、フォーマルに使えるアレンジが簡単に作れるのがお分かりになると思います。

 

出典:beautynavi

 

ミディアムスタイルの王道とも言えるストレートボブ。

 

顔を包み込むようなカットで、小顔効果もありますね。

 

また、毛先に入ったレイヤーによって空気が含まれるため、シャープになりすぎずに優しい印象になりますよ。

 

暗めのトーンでも表情を明るく、垢抜けた印象に見せてくれる絶妙なカラーリングもポイントです。

 

出典:hotpepper

 

ニュアンスパーマで毛先に少し動きをつけたスタイル。

 

長めの前髪が、どこかセクシーなのに優雅で知的な女性を演出してくれます。

 

ショートからの伸ばしかけの長さにも向いており、前髪の分け方次第で雰囲気を変えることも可能ですね。

 

出典:hotpepper

 

こちらも前髪が長めのウェービーなボブスタイルですが、黒髪と斜めに流した前髪で、表情がさらに凛として際立っていますね。

 

パーマのおかげで黒髪でも重たい印象にならずに、風に吹かれたように空気を含んだ仕上がりになります。

 

モード系やグラマラス系のファッションが好きなママさんには特にオススメですよ♪

スポンサーリンク

 

 

こちらは人気のアレンジ方法「くるりんぱ」を使ったハーフアップのアレンジ。

 

ゴム2つで仕上がるほど簡単なので、不器用なママさんでも気軽にチャレンジできます。

 

フォーマルからカジュアルまで、幅広い場面で使えますよ。

 

出典:beautyAUTHORs

 

そしてこちらはなんと所要時間3分

 

本当に「くるりんぱ」するだけで、こんなよそゆきスタイルに変身できるのです。

 

スタイリング剤をうまく利用して後れ毛や毛先の方向を整え、ニュアンスを加えましょう♪

 

出典:HAIR

 

子どもの入学式という場でのヘアアクセサリーも、選び方を間違えるとかなり浮わついた印象になりがち。

 

しかしこれぐらい線が細く華奢なデザインのものを選べば、存在感をもちつつ程よいアクセントになります。

 

こちらはアクセサリーでただ結んだだけのハーフアップですが、

少しだけ引き出してボリュームをもたせたトップ部分と顔周りの後れ毛で、トレンドもさりげなく取り込んでいます。

入学式ママのミディアムヘアスタイルの注意やオススメ画像をふりかえってみて!

 

今回の生地では入学式ママのミディアムヘアスタイルの注意やオススメ画像を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

一歩間違えると中途半端な雰囲気になりがちなミディアムヘアですが、スタイリングに手を抜かずに仕上げれば、アレンジの幅はぐっと広がる長さなのです。

 

子どもの入学式という点を踏まえて、ぜひママが気に入ったスタイルで晴れの日に臨みましょう!

 

最後に、子どもの髪型はお決まりですか?

 

もし、まだ決まっていないなら男の子女の子と別々に記事を用意してあるので、よければ覗いてください(^ ^)

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう♪

スポンサーリンク