どうもみなさんゆうやです。

 

覚せい剤に関するニュースがまたしても流れてきましたね。

 

犯人の名前は根本雄志容疑者、しかも医師とい立場でした。

 

今回の記事では、根本雄志容疑者が女性に覚せい剤使用した事件の全貌や顔画像や根本雄志容疑者が勤務していた病院の反応を探っていきます。

 

よければ最後まで閲覧どうぞ。

スポンサーリンク

 

根本雄志容疑者が女性に覚せい剤使用した事件の全貌は?

足元

 

事件が発覚したのは、2017年12月21日ごろ。

 

渋谷区のマンションで20代の知人女性に覚せい剤を注射した疑いが持たれていました。

 

その後、根本雄志容疑者は2018年1月2日に出頭したのですが自宅からは覚せい剤を使用したと見られる注射器が押収されていて、

取り調べに関しては『身に覚えがない』と容疑を否認しています。

 

ちなみに根本雄志容疑者本人からは覚せい剤の反応が出ていないとのことです。

スポンサーリンク

根本雄志容疑者の顔画像や年齢は?

事件

 

では20代の知人女性に覚せい剤を使用した根本雄志容疑者のプロフィールを見ていきましょう。

 

  • 名前:根本雄志
  • 読み方:ねもと ゆうし
  • 年齢:35歳
  • 住所:東京都渋谷区
  • 職業:医師

 

顔画像に関しては現在公開されていないため、特定はできませんでした。

 

年齢は35歳で職業は医師ということですが、勤務している病院の名前は東邦大学医療センター大橋病院とのことです。

 

では東邦大学医療センター大橋病院からは何か反応があるのでしょうか?

根本雄志容疑者が勤務していた病院の反応は?

 

根本雄志容疑者が勤務していた東邦大学医療センター大橋病院の公式サイトを見たところ現在反応はありませんでした。

 

一応こちらからもリンクを貼って起きます。

 

>>東邦大学医療センター大橋病院

 

わたしが見たときはニュースが流れたばかりなので、時間が経ったら何か反応があるかもしれませんね。

根本雄志容疑者が女性に覚せい剤使用!顔画像や病院の反応をふりかえってみて!枯葉

 

今回の記事では、根本雄志容疑者が女性に覚せい剤を使用した事件の全貌などを紹介してきました。

 

まさか医師という立場で覚せい剤を使用してしまうなんて、信じられませんよね。

 

知人女性は進んで覚せい剤を使用したのでしょうか?

それとも、無理やりだったのでしょうか。

 

なにはともあれ、絶対にしてはいけないことです。

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう。

スポンサーリンク