どうもみなさんゆうやです。

 

昨年から自動車トラブルが急増していますが、またしても傷ましいニュースが流れました。

 

犯人の名前は、牧志厚栄容疑者。

 

今回の記事では牧志厚栄容疑者が九貫徳也さん/良子さんをはねて死亡させた事故の全貌、顔画像を紹介していきます。

 

よければ最後まで閲覧どうぞ。

スポンサーリンク

 

牧志厚栄容疑者が九貫徳也さん/良子さんをはねて死亡させた事故の全貌

枯葉

 

事件が発生したのは、2018年1月15日の21時半ごろ。

 

東京都練馬区中村南の区道の近くに住んでいた、九貫徳也さん(84歳)と妻の良子(81歳)さんをそうこうしていた軽ワゴン車がはねられました。

 

被害にあった九貫徳也さんと妻の良子さんは病院に緊急搬送されましたが、全身強く打っていて間も無く死亡しました。

 

この事故について、警視庁は当時軽ワゴン車を運転していた牧志厚栄容疑者を過失運転傷害で逮捕。

そのご、容疑を過失運転致死に切り替えて事故の詳しい状況を調べているとのことです。

 

牧志厚栄容疑者は、警視庁の調べに対し『スピードを出しすぎていて気づくのに遅れた』と供述していて容疑を認めていました。

スポンサーリンク

牧志厚栄容疑者の顔画像や年齢は?

事件

 

では、九貫徳也さんと妻の良子さんを軽ワゴン車ではねた牧志厚栄容疑者のプロフィールを見ていきましょう。

 

以下が簡単なプロフィールです。

 

  • 名前:牧志厚栄
  • 年齢:50歳
  • 職業:左官
  • 住所:東京都練馬区大泉町

 

牧志厚栄容疑者の年齢は50歳で職業は左官でした。

左官とは壁塗りをする職人さんのことです。

 

顔画像に関してはFacebookやTwitterなどでも詳しく調べたところ特定まではできませんでした。

 

ちなみに事故が発生した現場の練馬区中心部の住宅街、片側1車線は直線で見通しもよいとのことです。

牧志厚栄容疑者が九貫徳也さん/良子さんをはね死亡した事故をふりかえってみて!

足元

 

今回の記事では、牧志厚栄容疑者が九貫徳也さん/良子さんをはね死亡させた事故の全貌などを紹介してきました。

 

事故が発生した時間帯は21時半で、スピードを出しすぎていたから気づくのが遅れたとのこと。

 

21時半でしたら、なおさらスピードをだしすぎたら危険と気づかなかったのでしょうか?

 

スピードの出しすぎから、罪のない人の命を奪ってしまったのでスピード違反は絶対にしてはいけないことです。

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう。

 

スポンサーリンク