どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

一年に一回の大型連休のゴールデンウィーク、旅行会社ではすでに特集も組まれていますし人気の旅行先から空席はどんどん埋まっていっています。

 

どこか遠くへ足を伸ばしたいと計画されている方は早めの予約がおすすめですがせっかくの9連休、とりあえず海外には行きたいけれど、まだ具体的な行き先までは決まっていないという方も多いはず。

 

そこで今回の記事では、ゴールデンウィークに人気の海外旅行をランキングにして上位3つを紹介していきます

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

ゴールデンウィークに人気の海外旅行ランキング

 

日本旅行業協会(JATA)の調査によると、昨年2017年の人気の旅行先トップ10は以下のとおりでした。

 

旅行先トップ10
  • 1位:台湾
  • 2位:ハワイ
  • 3位:シンガポール
  • 4位:タイ
  • 5位:韓国
  • 6位:グアム
  • 7位:ベトナム
  • 8位:香港
  • 9位:アメリカ本土
  • 10位:オーストラリア

 

 

この中の上位3ヶ所に関しては、一昨年の順位と結果が全く変わらなかったそうですよ(^ ^)

 

シニア層を中心に、ヨーロッパの人気も回復傾向にあるようですが、やはり休暇の日数や渡航時間、金銭的な負担などを考えると依然としてアジアや近場の国々の人気が続いているようですね。

 

では1位、2位、3位の国々について、それぞれの魅力を見ていきましょう。

 

国土の距離も心の距離も近い-台湾

 

ハワイとともに、常に人気の海外旅行先として王座を争っている台湾。

 

小さな島ながら、数あるアジア諸国の中でも新興国として頭角をあらわし、昨今の経済成長は目を見張るものがあります。

 

近代的なビルが立ち並ぶすぐ隣の路地に入ると、日本人もすこし懐かしいと感じるような庶民的な屋台や建物も見られ、そのギャップがたまらなく楽しいです。

 

飛行機で3時間の距離にあり、時差はわずか1時間。

 

格安航空会社の飛行機も数多く飛んでいるのでお財布にも優しいのも特徴的。

 

また、物価は東南アジアなどに比べればかなり高いですが、日本と比べるとまだまだ安いものも多いです。

 

特に屋台ではかなり安く食事を済ますことができます。

 

様々な国に支配をされた歴史的背景もあり、独自の文化を形成しているので小さい島ながら見るべき場所も多くありますので観光は間違いなく充実するでしょう。

台湾は親日国

 

なにより台湾の人々は観光に来ている日本人に対して、親切な方が多いです。

 

私は体感ですが、英語よりもむしろ日本語の方が通じる印象でした。

 

台北の中心部や九份(きゅうふん)など、日本人がよく来る観光地はありがたいことに日本語が話せる方が多いです。

 

繁華街にいけば信じられないほど日本製品が売られていますが、それにはしっかりこちらに対する敬意も感じられて「親日国」の称号はダテではないことがよくわかります。

 

まだ台湾に行ったことがない方はぜひ、候補に入れてみてくださいね♪

 

台湾について更に詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。

 

日本人を惹きつけてやまない-ハワイ

 

戦後すぐから、日本人憧れの旅行先として長年君臨し続けてきたハワイ。

それは海外旅行がより手軽に、身近になった現在においてもなお続いています。

 

青い海・青い空・白い砂浜多くの日本人のイメージとして浮かぶのはやはりハワイの情景なのではないでしょうか。

 

まさに不動の人気ぶりを見せ続けていますが、なんと2017年からついに、日本(関西国際空港)からハワイへの格安航空会社の便の就航もはじまりました。

 

いままで安く見積もっても15万はかかっていた旅費が時期によっては半額近くまで抑えられるのです。

 

旅行において金銭面は重要なだけに、これはますますハワイの人気が高まりそうですね!

スポンサーリンク

アクティビティ豊富なハワイ

 

ハワイのオアフ島では巨大なショッピングモールで買い物をしたり、インスタ映えするショップやカフェ探しを楽しめます。

 

さらにハワイ島を始めとするその他の島々では、海も山もある豊かな自然のなかでダイビングや登山などたくさんのアクティビティに挑戦することができます。

 

どんな需要にも応えてくれる場所はなかなかありません。

 

誰もが受け入れられる島だからこそ、長年私たちを惹きつけてやまないのではないでしょうか(^ ^)

 

小さな島に世界が詰まっている-シンガポール

 

東南アジア屈指の経済大国シンガポール。

 

東京23区ほどのとても小さな国土の中に多くの民族が暮らす多民族国家です。

 

公用語が英語、中国語、マレー語、タミル語と4つあり、まさに人種のサラダボウルという表現にふさわしい国ですね。

 

とはいえ、国民はみなバイリンガルといわれ、英語がどこでも通じるというのは観光客としてはとても嬉しいこと。

 

また、多民族が住む国だけあり、食事の豊富さは素晴らしいです。

食べたいものが現地の本物の味で食べられるのは、食通の方ならたまらないのではないでしょうか。

一石二鳥のシンガポール

 

そしてシンガポールはマレー半島の南端に位置しているため、地理上他の東南アジア諸国にも足を伸ばしやすいという利点があります。

 

マレーシアやインドネシアなら、場所によっては日帰りで行けるところもあり、

シンガポールで食と観光を満喫したらインドネシアの離島のビーチでゆっくりなんていうことも可能なのです。

 

こうした一石二鳥にも三鳥にもなり得るところも、シンガポールの大きな魅力といえるでしょう。

 

みなさんの1位はどこですか?

ビーチ

 

今回の記事では人気の海外旅行ランキングと、上位3カ所の魅力をお伝えしましたが、4位以下の国々はもちろん、世界にはもっともっといろんな素晴らしい場所がたくさんあります。

 

みなさん、一人一人がそれぞれ興味のある国や地域を見つけ、そこへの旅がゴールデンウィークに実現することを祈っています!

 

最後に、あなただけの要望を詰め込んだツアープランを叶えてくれる無料のサポートサイトがあります!

 

当サイトでは、無料のサポートサイト『タウンライフ旅さがし』の解説もしているので、よければ一読してみてきださい ♪

 

>>>タウンライフ旅さがしの紹介記事へ!

 

また、海外旅行に必須のモバイルWi-Fiルーターの解説、紹介もしています。

 

こちらも海外旅行に行かれる方は是非一度、目を通してください♪

 

>>>モバイルWi-Fiルーター解説記事へ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう。

スポンサーリンク