どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

旅行の計画というのはいつでも楽しいものですよね。

 

でも普段の生活もあるし、なかなか長期休暇があってもこのためだけに奮発はできないでも外国には行きたい!

 

そんな方へ今回の記事では、ゴールデンウィークに向けてオススメの場所-台湾をご紹介します。

 

なんと場合によっては、国内旅行よりも安くついてしまうこの島の魅力に迫りましょう!!

 

最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

安くついてしまう台湾は年々人気が高まる親日国

 

東京や大阪から飛行機で3〜4時間、そこはもう南国のにぎやかな街、台湾です。

 

昨今、親日国としてより強く認知されるようになった台湾ですが、互いの人気は年々高まっています。

 

2016年の日本政府観光局(JNTO)の発表によると、この年に訪台した日本人の数は1895702人で過去最高を記録したそうです。

 

また、全国修学旅行協会の調査で2016年度の高校生がゆく海外修学旅行先の人気も米国を抑えて第1位に輝いています。

 

他の周辺諸国と緊張状態が続く中、台湾とは良好な関係が続いている結果が現れていますね。

 

気になる台湾の旅費は?

 

 

前述では、国内より安くついてしまうと書きましたが台湾の旅費はいくらぐらいなのでしょうか。

 

航空券代は格安航空会社の就航のおかげで、ハイシーズンでもかなり抑えられるようになりました。

 

前もって予約すれば早割もきくので、タイミングがよければ往復15,000まででチケットは手に入ります。

 

次にホテルですが、こちらはやはりクラスによってかなりお値段は変わってきます。

 

宿泊検索サイトBooking.com53日~5の予定で台北市内のホテルを見てみると、平均的なビジネスホテルのような場所が大体ふたりで215,000円、五つ星ホテルでも30,000円弱で抑えられることが分かります。

 

ただ、ゴールデンウィーク直前になるとより高騰することが予想されるので、気になる方は早めに航空券と宿を確保しておいたほうが無難ですね。

 

また、滞在費に関しては30,000円あれば十分かと思われます。

 

食費は屋台にいけば安く抑えられますし、レストランも私が台北へ訪れた時の感覚では日本の同じクラスのレストランと比べて78割くらいのお値段でした。

 

台湾は美食の国としても知られています。

 

ぜひ、お手頃な価格で色々な場所でのお食事を楽しんでみてください♪

 

そのためチケット代、ホテル代、滞在費を単純計算するとだいたい6万円~となりますね。

 

特に滞在費は、かなり余裕を持たせてあるのでもっと節約すれば5万円以内に収めることも十分可能です。

 

旅行会社のお得なパッケージツアーもあるので、そちらをチェックされるのもよいかもしれません。

 

台湾のオススメ観光地ー九份

 

台湾といえば、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の風景のモデルとなったと言われる九份が有名ですが、実際に行ってみると本当に美しい場所です。

 

自力で行くのはなかなか難しいのでパッケージツアーもしくは現地のツアーを予約されることをおすすめしますが、さすが有名な場所だけあり、来ている観光客の9割は日本人です笑

 

特にゴールデンウィークは日本のお休みなので、混雑を避けられたい方なら九份は日没前に観光を済ますのが良いでしょう。

 

日が沈んでから明かりが灯る様子がまさにジブリの世界そっくりなのですが、昼間の静かで明るい雰囲気もまたひと味違って興味深いです。

スポンサーリンク

 

台湾のもう1つのオススメスポットー龍山寺

 

MRT台北駅から2駅の龍山寺駅1番出口からすぐというアクセスの良さに加え、その見事な建物は圧巻です。

 

仏教・道教・儒教など様々な宗教の要素が混ざっているとも言われていますが、ここは日本のお寺には見られない極彩色に彩られた寺院なのです。

 

その色使いの美しさもさることながら、いたるところに見られる龍や鳳凰などの彫刻は本当に見事で、芸術性もとても高いことが伺えます。

 

そしてこの龍山寺は学問や安産、恋愛、商売などなんと7つの神様が祀られていて、この寺院1箇所でまとめてそれぞれお参りすることができます。

 

現地の人々はこのお参りに本当に熱心で、いかに台湾人に宗教がしっかり根付いているかがわかります。

 

お寺は朝早くから開いているので、まだお店が空いていない早朝の静けさの中で龍山寺で祈りを捧げて観光をするのがオススメ。

 

その後は、周辺の商店街で朝ごはん、昼間は九份で観光、夜は夜市と呼ばれるナイトマーケットを楽しむという方法でまわれば、1日の時間を無駄にすることなく楽しめるのではないでしょうか。

 

日本と共通の話題も異文化も両方感じられる場所

 

台北の繁華街には、日本人もびっくりするほど多くのしかも最新の日本製品が溢れており、彼らは親日というよりも、もはやあまりにも日本を身近に暮らしているのだなと感じます。

 

台湾はその島の位置関係から、歴史的に日本を含めた様々な国に支配をされ、その影響で現在も色々な文化が混ざり育ってきた場所でもあります。

 

中国大陸はもちろんのこと、かつての琉球王国、日本や韓国の雰囲気も見られ、東南アジアの香りもするし、ヨーロッパの雰囲気もわずかに残っている。

 

それに加えて先住民族の独自の感性も感じられるそんな場所は世界を探しても、あまりないのではないでしょうか。

 

ぜひ、台湾を今年のゴールデンウィークの行き先候補に入れてみてください♪

 

最後に、あなただけの要望を詰め込んだツアープランを叶えてくれる無料のサポートサイトがあるのはご存知ですか?

 

当サイトでは、無料のサポートサイト『タウンライフ旅さがし』の解説もしているので、よければ一読してみてきださい ♪

 

>>>タウンライフ旅さがしの紹介記事へ!

 

また、海外旅行に必須のモバイルWi-Fiルーターの解説、紹介もしています。

 

こちらも海外旅行に行かれる方は是非一度、目を通してください♪

 

>>>モバイルWi-Fiルーター解説記事へ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう。