どうもみなさんゆうやです(^ ^)

海外旅行を計画する際に最も重要な要素の一つが予算ですよね。

 

イギリスは海外旅行先として長年安定して人気があり、毎年多くの日本人が訪れています。

 

特にゴールデンウィーク中の5月は気候がいい上に、他国からの観光客は少なめなので絶好の機会。

でも実際いくらくらいかかるのか…

 

今回の記事では、そんなロンドンを滞在先として相場がどれくらいなのか、JTBとエイチ・アイ・エス、そして自由旅行の場合の値段(4月28日出発、5日間)を紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってください♪

スポンサーリンク

 

エイチ・アイ・エスのイギリス旅行の相場

 

価格で考えるならエイチ・アイ・エスはオススメですね。

 

例えばこちら。

 

エイチ・アイ・エス
  • 旅行代金:186,000円
  • 出発地:羽田空港
  • 宿泊都市:ロンドン
  • 利用航空会社:カタール航空

 

 

価格はお手頃ですがカタール航空なので直行便ではなく、自由時間は1日目午後と2日目、3日目午前と決してまとまっておらず、空港送迎はオプションとなります。

 

そのため、交通費やお土産代などふくめて自分で最低でも6~7万円はもって行く必要があります。

 

雑費を合わせると25万円前後となりますね。

 

画像のツアーはこちら>>HISイギリスツアーを見る!

 

JTBのイギリス旅行の相場

 

安心安全の老舗JTBですが、最安値でもやはりお値段はそれなりにします(諸税等プラスで必要です)。

 

 

JTB
  • 旅行代金:194,800
  • 出発地:成田空港
  • 宿泊都市:ロンドン
  • 利用航空会社:プリティッシュ・エアウェィズ

 

こちらは現在空席待ちとなっていますが、直行便でしかも往路だけでも空港送迎が付いているのはありがたいプラン。

 

中2日の自由行動でどこに行くかにもよりますが、ロンドンは物価が高いので倹約を心がけても最低5万円はさらに必要でしょう。つまり、トータルで30万円前後となります。

 

画像のツアーはこちら>>JTBイギリスツアーを見る!

 

自由旅行でのイギリス旅行

 

個人でイギリスへ旅行する場合の相場がこちら。

 

個人でイギリス旅行の相場
  • 航空券:128,000〜(バンコク経由:タイ国際航空)
  • ホテル:37,000~(4泊、市内中心部の星がついたホテルで検索)
  • 食事代:20,000~(昼:\1,500+夜:\3,000×4日+α)
  • 交通費:4,830(オイスタービジターカード3日間)
  • 雑費:30,000~
  • 合計:219,830~

 

オイスタービジターカードとは…

  • 日本のSuicaのようなICカード
  • 出発前に日本で買っておくことができる
  • デポジットが3ポンド(返金されない)
  • カードのデザインがたくさんあり記念になる
  • 配送量がかかる(英国政府観光庁オフィシャルショップでは1480円、速達の場合は2980円)
  • Pay as you go しかカードに記憶させられない
  • ゾーン内のTube,DLR,Overground,Nationalrailに乗れる。Busとtram(路面電車)は時間に関係なく乗れる。

引用:イギリスロンドン観光留学攻略サイト

 

航空券やホテル、観光など旅の全てを自分で計画する自由旅行。

 

その名のとおり、いくらでも自由がきくのでとても計画は楽しいですがその分全て自分で決めなければならないので時間が掛かるし大変です。

 

ただ、こうしてツアー会社と比べてみると、トータルの金額は一番安く抑えることができますね。

 

航空券は直行便にするとこの時期すでに往復20万円超えてしまいますが、アジア経由だと比較的手が届きやすいです(ただし乗り換え時間が長い)。

 

またホテルも、郊外のものやホステルだと値段はぐっと安くなります。

 

観光に行く場所、空港バスの停留所や地下鉄の駅、そして予算などそれぞれの重要視する点を基準に自由に探せる点が魅力的です。

 

下記で紹介しますが、自分だけのプランを詰め込んだ無料の相談サイトもありますので、よければ一読してみてください。

下記の紹介にいく!

スポンサーリンク

 

安く抑える方法は割とある

イギリスは、ほかのヨーロッパ諸国にくらべてもかなり物価が高いです。

 

特に食事と交通費はその最たるもので、ランチですらワンコインではまず食べられず、倍の1,000円は出さなければ、まともな食事はできません。

 

さらに、ロンドンは地下鉄の値段が非常に高く、普通に切符を買うと初乗りが800円という驚異的な値段なのです。

 

ただ、少なくとも交通費に関しては観光客向けのチャージ式のカード『オイスタービジターカード』、さえ事前に手に入れられればロンドン市内の地下鉄が通常の半額で乗れたり、バスやトラム(路面電車)での利用も可能です。

 

ロンドンの観光は美術館や博物館を活用しよう

あらゆるものが高いロンドンですが、大英博物館をはじめとする市内にある数多くの有名で偉大な美術館や博物館の入場料が無料です。

 

観光客にとってこれほどありがたいことはありませんね。

 

無料の施設をじっくりたくさん回ることで、観光費用はかなり安く抑えることが可能なのですよ。

 

ゴールデンウィーク中のイギリス旅行の相場をふりかえってみて!

 

今回の記事では、ゴールデンウィーク中のイギリス旅行の相場を紹介してきました。

 

今回は旅行会社2社と自由旅行の値段の比較をしてみましたが、いかがでしたか?

 

それぞれに良い点がありますのでじっくりと比較をした上でみなさんに最適な方法を見つけてくださいね。

 

どのやり方にしろ、お金はかかってしまいますが、その分みなさんの旅が素晴らしいものとなることを祈っています。

 

最後に今回紹介したスポットはもちろん、あなただけの要望を詰め込んだツアープランを叶えてくれる無料のサポート相談サイトがあるのはご存知ですか?

 

当サイトでは、無料のサポートサイト『タウンライフ旅さがし』の解説もしているので、よければ一読してみてきださい ♪

 

>>>タウンライフ旅さがしの紹介記事へ!

 

また、海外旅行に必須のモバイルWi-Fiルーターの解説、紹介もしています。

 

こちらも海外旅行に行かれる方は是非一度、目を通してください♪

 

>>>モバイルWi-Fiルーター解説記事へ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました(^ ^)

スポンサーリンク