どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

子供の入学式に出席する際、お母さんたちが自分の服装で第一に気にするのはスーツやジャケットですよね!

 

そして、より華やかに祝いの席に臨むために、アクセサリーの着用は必須です。

 

特に入学式に身につけるアクセサリーには、主張しすぎないパールが一番ふさわしいという意見が多いようです。

 

今回の記事ではそんな入学式用のパールを選ぶ際に注意すべき点と、オススメのパールアクセサリーを紹介していきます!

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

入学式の服装の合わせるまえに知っておきたい!パールの種類!

パール

 

入学式にオススメのパールアクセサリーを紹介するまえにパールと言っても様々な種類があるのはご存知でしょうか?

 

ここでは、フォーマルシーンで重宝される2種類のパール、また人工で作られたパールについても特徴を簡単に紹介していきますね(^ ^)

 

アコヤパール

パールの中でも最もメジャーで価値のあるものとして扱われています。

 

種類は、天然と養殖があり養殖は天然より若干値段は下がるものの本物であることに変わりありません。

 

手に持ったときの特徴は、しっかりとした重さがあり、柔らかい光沢があるのが特徴ですね。

 

淡水パール

アコヤパールのようにまん丸にはならず、いびつな形のものが多いのが特徴。

 

そのためアコヤパールよりはカジュアルな印象になり、値段も手頃です。

また、色のバリエーションが豊富なのも特徴の1つです。

 

上記の2種類が、フォーマルな場面で重宝されるパールの種類ですね。

 

この2種類は本物の貝によって生み出されるパールで「本真珠」とも呼ばれます。

 

これに対し人工技術で作ったのが「イミテーションパール」と呼ばれるもので、プラスチックパール、ガラスパール、コットンパールが挙げられます。

 

どれも耐久性があり、本真珠に比べて扱いが楽なのが長所です。

 

ですが見た目や質感は本真珠とは明らかに違い、パールの大きさやアクセサリーのデザインによって、どの種類を選ぶかよく検討する必要がありますよ。

入学式にパールのネックレスを着ける際の注意点は?

パール

 

入学式にパールのネックレスを着けるときには、いくつか注意しなくてはならない点があります。

 

1つめの注意点は粒の大きさに注意ですね。

 

一般的に理想的なのは直径7.58.5とされています。

 

それより小さいとカジュアルに寄ったり、または淋しい印象になったりすることも・・・

 

反対に大きすぎると品がなくケバケバしい印象になるのでそちらも注意ですね。

 

基本は一連での着用ですが、粒が小さめの場合は2連にして華やかさをアップさせても良いでしょう。

 

また、色についてですが種類によってはピンクやグリーンなどパステル系のバリエーション豊かなパールもありますが、入学式ではオフホワイトが基本です。

 

また、黒やグレーなどのカラーパールも美しいのですが、これらは「喪」のイメージが強いので、入学式という晴れの舞台の日に着用は控えたほうが無難です。

スポンサーリンク

入学式のイヤリングもパールが良いのか?

母親

 

入学式で着けるネックレスにパールが人気なのはここまででご存知かと思いますが、「イヤリングもパールが良いのだろうか?」と悩む方も多いはず。

 

結論から言ってしまうと答えは大丈夫です

 

理由はまず単純に、ネックレスをパールにした場合、イヤリングもパールにしておけばコーディネートに統一感が出て、悩まずに済むからです。

 

また、パール以外のイヤリングを着ける場合、デザインによってはカジュアルに転んだり、ギラギラした印象になったりしがちです。

 

それらを踏まえると、パールのイヤリングなら、どんなにシンプルでも清楚で上品な雰囲気をプラスしてくれます。

 

イヤリングで主張しすぎない気品を表すには、パールは最適だと言えますね。

入学式にぴったりの小物パールアクセサリーは?

 

ここまでパールの種類、入学式に向けて選び方の注意点や、イヤリングにもパールをお勧めする理由について紹介してきました!

 

それらを踏まえて、ここからは入学式にお勧めしたいパールアクセサリーをご紹介します(^ ^)

 

 

ネックレスとイヤリングのセットで、王道シンプルなものです。

 

直径8㎜と、最も使いやすい大きさになっていますね。

 

ネックレスは均一なパールが連なっただけのデザインで、イヤリングは一粒だけの輝きでも主張しすぎない存在感を放っています。

 

貝パールという人工技術で作ったパールは、見た目は本真珠と遜色がないのに手入れが簡単で、お手頃価格なのが嬉しいポイントです。

 

 

こちらは3連の大きさが異なるパールがツイストしている、凝ったデザインのネックレス。

 

粒が小さめなので、3連にしても嫌味にならず、カジュアルシーンでも使えます。

 

シンプルすぎるのはつまらないけど、羽目を外したくない!という方にオススメです。

 

 

 

ヘッド部分のパールの間にラインストーンが入ったネックレス。

 

動くたびにさりげなく輝き、コーディネートをより華やかにしてくれます。

 

パールだけでなく、ジュエリー要素もしのばせることができます。

 

 

こちらは繊細なパヴェボールにパールを組み合わせたデザイン。

 

「王道のパール1つだけのイヤリングだとちょっとさみしいし、堅い印象と思っている方には、パールと異素材をさりげなく合わせたイヤリングがオススメです。

入学式の服装に合わせたい小物パールの注意点やオススメをふりかえってみて!

母親

 

こんかいの記事では、入学式の服装に合わせたい小物パールの注意点やオススメをしてきました!

 

パールにもいくつか種類があり入学式での着用に選ぶ際は、選び方にも注意が必要な点がお分かりいただけたかと思います。

 

入学式においては、主役は子どもで母親はあくまでも参列者です。

 

主張しすぎず、かつ品位とお祝いの意を表す小物として、パールを上手に活用したいですね。

 

最後にコサージュについても、まとめている記事もありますので合わせてお読みください!

 

『お子さん』『お母さん』『お父さん』の入学式に関する記事をまとめてみました!

 

ぜひ一度、目を通してください↓

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう♪

スポンサーリンク