どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

2018年も、あっという間に暖かい季節が訪れますね。

 

そこで主役である子ども本人の服装以上に、自分の服装のことで手一杯になるというお母さんも多いようです。

 

また、最近では和装の良さが見直され、着物姿で入学式に出席するお母さんも増えてきている傾向にあります。

 

しかし、せっかくお気に入りの一着に出会えても、入学式シーズンの地域によっては着物だけでは寒くて辛いという方もおられます。

 

というわけで今回の記事では、入学式での着物姿にオススメの羽織について紹介していきます。

 

よければ最後まで閲覧どうぞ♪

スポンサーリンク

 

着物に合わせる羽織の種類は?

女性

 

寒い時期の着物といっても、普段洋服で過ごしている私たちは着物そのものに目が行きがちで、羽織についてはあまり気にしたことがない方も多いことも。

 

一見ただの脇役である羽織にも色々な種類、そして時代によって流行も生まれていたのです。

 

ここでは羽織の種類や基礎について確認していきます(^ ^)

着物に合わせる羽織の着丈について

指を指している女性

 

羽織には着丈が80㎝に満たない短いものと、膝下に届くほどの長いものがあります。

 

明治時代から大正時代にかけては長いものが主流でしたが、戦後のちに日常生活での衣服が洋服に分類されるまでの間は短いものが流行していました。

 

そして最近ではアウターやカーディガンなど、ロング丈のものがトレンドになっている影響で、着物愛好家たちの間での羽織も着丈が長いものが再び好まれています

 

 

 

 

微妙な違いになりますが、先に挙げた2着は短い羽織、最後の1着が長いものになります。

 

着丈が膝下に達していれば長いもの、と定義はざっくりしていますね。

 

羽織の種類には上に挙げたような前開きのタイプがありますが、他の種類も見ていきましょう。

道行

 

着物のために作られた上着。

 

襟元が四角くカットされ、着物の美しい襟元の色が見えるようにデザインされているのが特徴です。

 

入学式などのフォーマルな場では、無地のものが望ましいとされますね。

ポンチョ

 

ポンチョといえば洋服での防寒アイテムのイメージですが、形状は着物と相性がピッタリです。

 

デザインや素材の選び方で、入学式にも適したコーディネートになりますよ。

スポンサーリンク

 

入学式を控える母親の着物姿にオススメの羽織

 

では、上記の点を踏まえ、ここからは入学式での着物に合う羽織を紹介していきます(^ ^)

 

「入学式=黒羽織」というかつての常識が薄れつつあるため、羽織の色やデザイン、素材も選択肢が幅広くなっていますよ。

 

 

まずは定番の長羽織。

 

昔のように黒一色でなくても、こんなふうに落ち着いてニュアンスがある色であれば、入学式で着るにも困りませんね。

 

一見は無地ですが、よく見ると細かい千鳥格子柄というのもおしゃれです。

 

  • 価格:39,960円(税込)
  • 送料無料

 

着用したときのコクーン型のシルエットが可愛い着物コート。

 

ボタンでの着脱は気軽で、ポケットも付いているので携帯電話もすぐに取り出せます

洋服にも合わせられる万能コートですね。

 

  • 価格:49,680円(税込)
  • 送料無料

 

 

入学式シーズンでも気温が高めの地域の方は、レース素材の道行が便利ですね。

 

レースの網目のおかげで、濃い色合いでもふんわりと優しく見せてくれますよ。

 

  • 価格:5,680円(税込)
  • 送料別途

 

 

こちらは和洋兼用のポンチョ。

 

着物を着たときに気になるお尻のラインがちょうど隠れるくらいの丈で、バランスも取りやすくなっています。

 

ウール素材なので、肌寒い日でも防寒対策はバッチリです。

 

  • 価格:29,999円(税込)
  • 送料無料

 

 

袖部分がドルマンスリーブになったカーディガン。

 

袖の形を崩さずにさっと羽織れるのが嬉しいですね。

 

最近は、こういったさりげない和洋折衷を多く見かけます♪

 

  • 価格:3,132円
  • 送料別途

入学式に母親が着用する着物の羽織は?画像と一緒に紹介をふりかえってみて!

女性がひらめいている

 

今回の記事では、入学式に母親が着用する着物の羽織を画像と一緒に紹介してきました!

 

着物についてはイメージがしやすいものの、羽織だとよくわからないという方も多いと思いますが、

時代の流れで、羽織にも少しずつ洋服のエッセンスを取り入れたものが増えてきています。

 

そのためバリエーションも豊富になっているので、ぜひ好みに合わせて気負わずに選んでみてくださいね(^ ^)

 

着物と羽織に関する知識は備わっているけど、当日あわせる髪型が不安!という方向けに画像付きで解説した記事もありますので、合わせてお読みください。

 

 

『お子さん』『お母さん』『お父さん』の入学式に関する記事をまとめてみました!

 

ぜひ一度、目を通してください↓

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう♪

スポンサーリンク