どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

2月4日のミライモンスターでは『蔵方菜緒』選手に密着していますね。

 

なんと蔵方菜緒選手は、プロ12球団選抜チームの西武ライオンズジュニアに選抜されていて男子選手がいるなか、史上初の女子選手(蔵方菜緒選手)が主将を任されていました。

 

今回の記事では、そんな蔵方菜緒選手の急速や練習熱心のエピソードを紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってください♪

スポンサーリンク

 

ミライモンスター出演!蔵方菜央のプロフィール!

蔵方菜緒

出典:baseball gate

  • 名前:蔵方菜緒(くらかた なお)
  • 生まれ:2005年
  • 出身地:東京都
  • 身長:162cm

 

蔵方菜緒選手は小学6年生。

 

身長は162cmとのことで、かなり高身長なのが分かりますね。

 

ですが身長のデータは2017年12月のものなので、現在は更に伸びていることが分かりますね(^ ^)

 

では、一体なぜ女子野球を始めたのでしょうか?

 

蔵方菜緒が女子野球を始めたキッカケは?

 

蔵方菜緒選手には3歳上の兄がいて、4歳から兄の影響で女子野球を始めました。

 

当時は野球以外にも、サッカーや水泳も同時にしていたのですが最終的には野球が一番好きになっていたみたいです。

 

ちなみに家族は兄以外に父親と母親がいて、兄と一緒に父親も野球の練習をしていたことが想像できますね♪

 

蔵方菜緒の球速がヤバイ!

 

蔵方菜緒さんは男子選手と並べても遜色ないと言われていますが、その秘密の1つに球速がありました。

 

動画も用意していますので、よければご覧ください。

 

【再生時間16分21秒】

 

堂々としていて、頼もしいですね。

 

なんと蔵方菜緒選手が投げる球速は113km

 

小学6年性の女子が投げられる球速ではないですよ笑

 

ちなみに野球経験のない成人男性は100kmでたら良い方と言われています。

 

詳しく調べているうちに、面白いデータもありましたので見てみましょう。

 

球速 スピードの目安 該当打席
65km/h 小学低学年。プロ選手もフォームチェックに使用。 第6打席
(少年用・両打席
70km/h 職場レクレーションレベル。 第6打席
(ソフトボール用・両打席
75km/h 小学3,4年生。チビッコ大会のエース。 第4打席(右打者用)
80km/h 小学4,5年生。新人戦のエース。
(ソフト)中高レベル。
第1,6打席
両打席・ソフトボール)
85km/h 小学高学年。ホームラン量産球速。 第5打席(両打席
90km/h 少年レギュラーチームエース。 第2,4打席
(第2・第4右打席)
95km/h 少年の目立つエース。草野球老練投手。 第2打席(右打者用)
100km/h 中学1,2年生。F’s Jr. 有力。
(ソフト)全国レベル。
第1,6打席
両打席・ソフトボール)
105km/h 中学2,3年生。新人戦エース。 第2,3打席
(第2・第3右打席)
110km/h 中学エース。草野球エース最多ゾーン。 第4,5打席
(第4右・第5打席)
115km/h 高校生平均。F’s Jr. 合格圏。 第1打席(両打席

引用:ピッチャーガエシ

 

上記のデータによると、もうすぐ高校生平均にいってしまいますね。

 

まだ小学生ということで、身体もどんどん成長していくでしょうし球速もさらに磨きがかかることが簡単に想像できます。

 

さすがミライモンスターに選ばれただけありますね(^ ^)

スポンサーリンク

 

蔵方菜緒は練習熱心!

 

前述しましたが、蔵方菜緒選手は史上初の女性選手で主将になった方です。

 

もちろん、球速も含めた実力もありますが練習に対する熱意から西武ライオンズ監督、岡村隆則さんが以下のようなことを語っていました。

 

(蔵方菜緒選手は)元気があって積極的、練習は誰よりも先にグラウンドにくるし野球しているときの目がギラギラしている。

 

こうした野球に対する情熱から西武ライオンズジュニアの主将に選ばれていました。

 

ちなみに蔵方菜緒選手は、自身の性格を熱い性格だとしていて練習がキツイほど頑張れると語っています。

 

平日以外の土日もバット、グローブをもって野球に取り組んでいるというのだから本当に野球が好きなのが分かりますね!

 

そもそもプロ12球団ジュニアトーナメントってなに?

女子野球

 

ミライモンスターでは、プロ12球団選抜チームが結成し日本一を競うとしていますが、そもそもプロ12球団ジュニアトーナメントとは何なんでしょうか?

 

一般社団法人日本野球機構とプロ野球12球団が連携して開催される大会で、子供たちがプロ野球の夢を身近に持てるように、という考えから企画されたものです。

 

取り組みは2005年から開催されていて、基本的には小学5、6年性でチームが編成されています。

 

蔵方菜緒が率いる西武ライオンズジュニアの結果は?

 

では、蔵方菜緒選手が主将を務める西武ライオンズジュニアの結果はどうなったのでしょうか?

 

西武ライオンズジュニアはグループCになり、初戦は中日ドラゴンズジュニアとの試合。

 

結果は2点の先制を取られ、1点ずつとりあいましたが3-1で惜敗。

 

続いて東北楽天イーグルスジュニアとの試合。

 

初回に1点のリードを許してしまい、4回に追加点を取られ結果は2-0となり敗北。

 

そのため西武ライオンズジュニアはグループCで0勝2敗、最下位となりました。

 

今回のジュニアトーナメントでは悔しい結果になりましたが、経験を活かして次につなげてほしいですね!

 

現在読まれている記事も合わせてどうぞ(^ ^)

フジテレビの動画を見逃してしまった方のために!

ミライモンスター

 

最後になるのですが、ミライモンスターや、昼顔、テラスハウスなどのフジテレビが放送する人気番組を視聴できるサービスがあります。

 

もちろん違法動画サイトは使用しません。

 

それは、FOD(フジテレビオンデマンド)という動画サービスを利用します。

 

現在期間限定で、Amazonアカウントからログインし、月額888円を支払うことで最初の1か月が無料でお試しすることができます!

 

FOD

 

しかも最初の一か月以内に解約すると、月額の利用料金は発生しないというオマケ付き。

 

また、FODは月の8日、18日、28日に400ポイントずつ貰えて、電子書籍もポイントで購入することができてしまいます♪

 

FOD電子書籍

 

さすが期間限定ということもあり、かなり太っ腹なのでFODを利用しない手はないですよ。

 

公式サイトへ移動します>>>FODプレミアム

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク