どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

春から夏にかけてがベストシーズンといわれているイギリス。

 

ゴールデンウィークの長期休暇でイギリスへ旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか?

 

事前にバッグに詰める洋服はどんなものを用意するか知っておきたい。

 

そこで気になってくるのが、現地の気候ですね。

 

今回の記事では、そんな方にオススメな今回は4月~5月(ゴールデンウィーク)のイギリスの気温や観光での服装をご紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

イギリスの土地は縦に長い

 

日本列島より遥か北に位置するイギリス。

 

日本と同じく島国であり、縦に長いという特徴があります。

 

北のエジンバラ(スコットランド)と、南のロンドンは少し寒い程度でそこまで気温差はないようなので今回はロンドンのみご紹介します。

 

スコットランドまで行かれる予定がある方は、ロンドンの気温から23度程度引いて計算してみてくださいね。

 

ゴールデンウィーク中のロンドンの気候

 

ゴールデンウィーク中である4月下旬~5月上旬のイギリスは、ちょうど春を感じられるようになる季節です。

 

ですが日本と違って昼間は10度を越す日が増えますが、朝晩は23度になることもありますのでコートは必須。

 

真冬に着ていくような、もこもこのダウンジャケットは必要ありませんが、日本で秋の終わりから冬のはじめあたりに着るようなアウターは用意しておきましょう。

 

お昼はコートなしで見て回ることも可能だと思います。

スポンサーリンク

 

イギリスの天候は激しい

 

イギリスは1日のなかに四季がある」と言われるくらい天気の移り変わりが激しいです。

 

天気予報はほとんど当てにならないため、あまりチェックする必要はないかもしれません。

 

夏は晴天率が高いですが、春は特に気候が安定していない日が多く、快晴のなか観光していても突然どしゃぶりの雨が降ってくるということもよくあるので雨具は必ず用意しましょう。

 

日本は5月初旬でも暑い日なら20度を越す日も珍しくありませんが、ロンドンは気温がかなり上がってもせいぜい1516度程度です。

 

十分長袖で過ごせる快適な環境ではありますが、冬場にくらべると日差しはだんだんきつくなってきているので、日焼け止めやサングラスも持っていくのがベターです。

 

当サイトでは、最新日焼け止めアイテム『飲む日焼け止め』の紹介もしていますので、よければ一読してみてください。

 

ロンドンは霧が凄い?

 

最近はあまり聞かなくなりましたが、ロンドンは「霧の都」と称されることで有名ですね。

 

これは産業革命の頃のスモッグが原因だったと言われています。

 

大気の汚染物質が霧とからまり、たびたび濃霧を発生されたことでこの名がついたのだとか。

 

現代でも冬の寒い朝は時々発生するようですが、昔ほどではないのでお目にかかることはめったにないですよ。

 

ゴールデンウィーク中のロンドンの服装

 

イギリスは年間を通して雨がよく降るので、道路の水はけをよくするため石畳の道が多いです。

 

そのため雨が降るとかなり滑りやすく、普段も石畳にあまり慣れていない日本人は足の負担がかかりやすいのでハイヒールはやめたほうがいいです。

 

履きなれたスニーカーやヒールのない靴を選ばれるのがベストです。

 

また、朝晩の気温差がかなり激しいため、薄手のセーターは持っていきましょう。

 

気をつけたいのが、「ファッションアイテムにリアルファーを使わない」ということ。

 

近年イギリスを始め欧州では「ヴィーガンファッション」と呼ばれる動きが加速していて、ショーなどの大きなファッションの祭典があるとそうした動物愛護の意識が強い人たちがかなり大規模なデモを敢行しているそうです。

ロンドン

 

普段ただ観光で身につけるだけならそんなに問題ないとは思いますが、ファッション関係の施設や人が混雑している場所に着ていくのはやめたほうがよいかもしれませんね。

 

ゴールデンウィーク中の気温や気候は?服装も紹介をふりかえってみて!

 

今回の記事では、ゴールデンウィーク中の気温や気候や服装を紹介してきました!

 

春の気候や服装は1番はっきりしていないので、持っていくものがすごく難しいと思います。

 

もしどうしても困ったときは、もちろん現地で購入することもできますし、日本人にとっては安心のUNIQLOもロンドンにはあります。

 

ただ、なにせ物価がとても高いので、「事前に用意できたものを高いお金を出して買ってしまったという要らない後悔は避けたいところです。

 

残念ながら天気予報はあまりアテにはなりませんが、あらゆる気候に対応できるようにいろんなタイプの洋服を少しずつ持って行くのがベストだと思います。

 

最後に今回紹介したスポットはもちろん、あなただけの要望を詰め込んだツアープランを叶えてくれる無料のサポート相談サイトがあるのはご存知ですか?

 

当サイトでは、無料のサポートサイト『タウンライフ旅さがし』の解説もしているので、よければ一読してみてきださい ♪

 

>>>タウンライフ旅さがしの紹介記事へ!

 

また、海外旅行に必須のモバイルWi-Fiルーターの解説、紹介もしています。

 

こちらも海外旅行に行かれる方は是非一度、目を通してください♪

 

>>>モバイルWi-Fiルーター解説記事へ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました(^ ^)

スポンサーリンク