どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

2018年のゴールデンウィークは最大9連休ということで、今年はどこへ行くか決まりましたか?

 

人気の行き先からお得な場所は、既に予約が埋まり始めているので、計画は早めに立てたいですね。

 

行き先と同じくらい重要視したいのが価格です。

 

今回の記事では、昨今の北欧ブームで知名度が上がってきたノルウェーの相場をご紹介します。

 

北欧5カ国のなかではまだまだ謎が多い国ですが、世界的に大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」のモデルとなった国として近年話題になったことでも知られていますね。

 

そんなノルウェーを旅行するための大体の価格をツアーと自由旅行に分けて調べてみました!

スポンサーリンク

 

ノルウェーは世界一物価の高い国

ノルウェー物価

 

北欧諸国は全体的に物価が高いですが、ノルウエーはその中でも1番物価が高いです。

 

 

国自体は高福祉高負担で、しかも北方油田を持っているためかなり経済は潤っていますが、その利益がなにも還元されない旅行者にとってはなかなか出費が辛いものとなります。

 

500mlのミネラルウォーター一本買うだけでも\300近く払わなければならないので予算が厳しいという方は、削れるところは頑張って削って節約の旅をしましょう!

 

ゴールデンウィーク中にツアーでノルウェーに旅行する場合

ノルウェーツアー

 

JTBやエイチ・アイ・エスのような国内の大手旅行会社には、ノルウェー単体のパックツアーは販売されていません。

 

ほとんどが「北欧諸国」一括りで少なくとも2カ国、多いと4カ国くらい周遊するのが普通です。

 

そのため今回は、「フィンツアー」という30年以上北欧旅行を専門に扱ってきた旅行会社が販売する、ノルウェー単体のパック料金を紹介していきます!

ゴールデンウィークのノルウェーのツアー代金

 

ノルウェーツアー代金
  • 4月28日出発
  • 旅行代金:279,000円〜
  • 出発地:7日間

 

こちらはノルウェーの首都オスロと第二の都市ベルゲン、そしてノルウェーを訪れたら絶対に見るべき美しいフィヨルドの有名どころを2箇所も巡れる効率的でとてもお得なツアー。

 

オスロとベルゲンはそれぞれまる1日自由行動ができるようになっており、じっくり市内を観光できます。

 

 

価格は高く感じますが、フィヨルドに行くまでには飛行機、電車、バス、フェリーなどあらゆる交通機関を乗り継がなければならず、自由旅行でいくにしてもかなり値段が張るのでガイド付きで迷わず安全に行くことができるのを考えると妥当な金額であり、むしろ安いくらいかもしれません。

 

また、フィヨルドへの旅行の際には大きなキャリーバッグなどを持ち歩かなくてもいいように、オスロからベルゲンへ荷物を送ってもらえる料金も含まれているのが嬉しいところ。

 

海外で個人で荷物を目的地まで発送するのはとても難易度が高いで、このサービスは助かりますね。

 

フィンツアー公式サイトはこちら>>フィンツアー

 

自由旅行でのノルウェー

 

最初から決まったスケジュールに縛られたくない、自由に旅行を気ままに楽しみたい方にオススメな自由旅行。

 

ホテルや飛行機、もちろん行き先も全部自分で決められるので大変さはありますが、その分計画する楽しみもありますよね。

 

ちなみに下記で紹介しますが、自分だけのプランを詰め込んだ無料の相談サイトもありますので、よければ一読してみてください。

>>下記の紹介にいく!

航空券\204,000~(成田発 スカンジナビア航空)

日本からノルウェーまでの直行便は残念ながら現在運行しておらず、乗り継ぎ便のみとなります。

 

こちらより安い航空券もまだまだあるのですが、現地にいられる時間を少しでも長くするため今回は乗り継ぎ含め渡航時間が20時間以内のフライトに絞ってみました。

 

スカンジナビア航空は、ノルウェー・スウェーデン・デンマークの3カ国で共同運営している航空会社で主にトランジットはデンマークのコペンハーゲンで行われます。

 

同じ北欧のコペン経由なので、渡航時間も乗り継ぎ含め14時間ほどで最も早く行けるルートの1つといえますね。

スポンサーリンク

宿泊\25,000~(2泊3日のツイン)

 

こちらも場所やランクを選ばなければもっと抑えることはもちろん可能です。

 

Booking.comで「ホテル」のカテゴリーで市内中心部、バスルームが共用でない部屋で調べて1番リーズナブルだったのがこの価格でした。

 

オスロ中心部でこの価格はかなり良心的です。

 

食費\25,000~

 

抑えようと思えばいくらでも抑えられる食費、折角の旅行なので楽しもうとしたら普通のレストランでもそれなりの金額はします。

 

ランチは最低\1,500、ディナーなら\3,000は見ておかなければなりません。

観光\85,000~

 

オスロからもベルゲンからも行くことができ、チケットは日帰りか宿泊など自分の旅の計画に応じて選択可能です。

 

もちろん他の街に行かれるのであれば金額はあがるので、この価格に加えて最低でも1~2万円は持っていたほうが無難ですね。

 

ゴールデンウィークのノルウェーの相場をふりかえってみて!

 

今回の記事では、ゴールデンウィークのノルウェーの相場を紹介してきました!

 

ノルウェーの場合、訪れたい方の旅の目的はほとんどフィヨルドだとと思います。

 

そのため、首都だけにとどまらず雄大な自然がある場所まで行くとなると時間だけでなく、かなりの観光費用が掛かってしまうのが他の北欧諸国とは少し違う特徴ですね。

 

ですがこの美しい自然は間違いなく見る価値のあるものなので、多少お金をかけても行くべきです。

 

最後に今回紹介したスポットはもちろん、あなただけの要望を詰め込んだツアープランを叶えてくれる無料のサポート相談サイトがあるのはご存知ですか?

 

当サイトでは、無料のサポートサイト『タウンライフ旅さがし』の解説もしているので、よければ一読してみてきださい ♪

 

>>>タウンライフ旅さがしの紹介記事へ!

 

また、海外旅行に必須のモバイルWi-Fiルーターの解説、紹介もしています。

 

こちらも海外旅行に行かれる方は是非一度、目を通してください♪

 

>>>モバイルWi-Fiルーター解説記事へ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました(^ ^)

スポンサーリンク