どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

なんと数mmから数cm程度の小さなヨコエビに新種のヨコエビ『メクラヨコエビ』が発見されたというニュースがありました!

 

しかもメクラヨコエビには目が退化していて、真っ白な体なんだとか…

 

今回の記事では、そんなメクラヨコエビの画像や発見した梅村信哉さんを紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク

 

メクラヨコエビの画像は?

 

メクラヨコエビの画像がこちら。

出典:Yahoo!

 

メクラヨコエビが発見されたのは福井県福井市の足羽山にある坑道内の池。

 

主にメクラヨコエビは地下水のある洞窟内で生息していて、体長はおよそ7mm。

 

画像を見てもらえればわかる通り、体は真っ白(透明?)で”ヨコエビ”の名前の通り移動は身体の側面を地面につけて動いています。

 

ちなみにヨコエビがこちらです。

 

出典:ねこのしっぽラボのブログ

一般的なヨコエビは数mm程度ですが、なかには20cmをこえる大きさのヨコエビも存在します。

 

メクラヨコエビの動いているところもありましたので紹介しておきますね!

 

【動画再生時間は43秒です。】

 

わたしはヨコエビの動いているところを見たことがなかったので、意外でした(^ ^)

スポンサーリンク

 

メクラヨコエビを発見した梅村信哉を紹介!

 

メクラヨコエビで発見した梅村信哉さんを紹介していきますね。

 

  • 名前:梅村信哉
  • 生まれ:1979年
  • 出身地:愛知県
  • 福井市自然史博物館学芸員

 

梅村信哉さんの専門は昆虫生態学で主にハムシを調べていました。

 

メクラヨコエビを発見したのは2017年11月17日、昆虫を調査中に池に仕掛けた罠に入っていたのだとか。

 

今回発見した坑道には2017年11月から毎週いっており、水中から採取されたのはなんとメクラヨコエビとミジンコのみ。

 

梅村信哉さんは『足羽山の豊かな自然を発信するキッカケになれば嬉しい』とコメントしていました。

 

メクラヨコエビの画像や発見した梅村信哉をふりかえってみて!

 

今回の記事では、メクラヨコエビを発見した梅村信哉さんやメクラヨコエビの画像などを紹介してきました!

 

現在メクラヨコエビは広島大の専門家に調査を依頼していて、種の判明には長くて1年ほどかかるとされています。

 

動物もそうですが新種の生物が発見されるとワクワクしますよね!

 

メクラヨコエビが新種であることを祈っています(^ ^)

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク