ひよこさんひよこさん

最近エアコンの風が生臭いんだけど、どうにかできない?

ゆうやゆうや

実はそれ、エアコンが悲鳴をあげてるサインかも!

エアコンを使用していたら、送られてくる風がなんだか生臭い・・・なんて経験ありませんか?

 

せっかく気持ちの良い風が送られてきているのに、生臭いニオイがあると気分が下がってしまいますよね。

 

ですがそのニオイ、エアコンが悲鳴をあげているサインかもしれません!

 

なので今回の記事では、そんなエアコンから送られてくる生臭いニオイの原因と対策を紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってください♪

スポンサーリンク

 

エアコンのニオイが生臭い原因は?

 

エアコンというのは室内の空気を取り込み、気持ちの良い風にしてくれていますよね。

 

そのときに取り込んでいるのが空気だけなら良いのですが、なかには目には見えない汚れ(ホコリ)なども取り込んでしまっています。

 

そのためエアコンの性質上、使用すればするほど汚れていってしまうのですが、この汚れだけでは『生臭い』ニオイまではいきません。

 

ひよこさんひよこさん

じゃあ、どこに生臭いニオイの原因があるんだ?

エアコンから発生する生臭い原因は、水分が原因だと考えられます。

エアコンの生臭い原因は水分!?

 

冷房運転時のエアコンは暖かい室内の空気を取り込み、冷たい風を送ってきてくれますよね。

 

すると、エアコン内部には温度差が生まれて結露が発生しやすくなります。

 

そして結露の水分と上記で解説した汚れ(ホコリ)が反応して生臭いニオイになっていきます。

 

これはエアコン内部で発生している現象なので、想像しにくいかもしれませんがイメージとしては『汚れた雑巾に水を合わせると生臭くなる』のと同じですね。

カビ

 

ゆうやゆうや

さらに厄介なことに結露の水分と汚れが合わさることによって、生臭くなる以外にもカビが発生するんだ。

ひよこさんひよこさん

えー!

ちなみにカビの発生条件は『湿度』『温度』『栄養』の3つ。

 

冷房時のエアコン内部と合わせてみると、まさに発生しやすい環境となっているわけですね。

 

もちろんカビが発生したら、さらに臭くなること間違いなしなので、対策をする必要があります。

 

なお、エアコンのカビについて更にりたい方は別の記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

 

 

エアコンが生臭いときに今すぐできる緊急対策!

エアコン

 

ゆうやゆうや

じゃあ原因が分かったところで、簡単で今すぐできる緊急対策を紹介するよ!

緊急対策は以下の2つになります。

生臭い緊急対策!
  • エアコンをつけた10分間は窓を開ける!
  • 設定温度は27℃以下!

 

順番に解説していきますね。

スポンサーリンク

エアコンをつけた最初の10分間は窓を開ける!

 

エアコンを運転した最初の10分間というのは、エアコン内部に溜まったカビなどの汚れが最も吹き出しやすいタイミングとなっています。

 

ですので、最初の10分間は窓を開けておくと多少マシになりますね。

 

10分で行うことができるので時間がない方にオススメですよ。

設定温度は27℃以下!

エアコンから綺麗な風

 

臭い成分というのは性質上、気温が低ければ空気中に蒸発しにくくなります。

 

そのため冷房の温度を27℃以下にしておけば、いくらか和らぎますね。

 

以上が、生臭いときの緊急対策ですが、やはり根本的な解決になっていないので生臭さはもちろんあります。

 

ひよこさんひよこさん

根本的に解決するにはどうすればいいんだ?

根本的にエアコンの生臭いニオイを除去する方法

掃除器具

 

根本的にエアコンの生臭いニオイを除去する方法は『掃除』ですね!

 

生臭いニオイの元であるカビはエアコン内部で発生しているので、掃除をしてキレイにするしかありません。

 

ゆうやゆうや

だけどエアコン内部の掃除は僕たちのような素人には難しいんだよね・・・

ひよこさんひよこさん

で、でもホームセンターとかで売っている洗浄スプレーを使えば楽々じゃん!

実は、エアコン内部に使われる洗浄スプレーは思っているよりキレイになりません。

 

これは熱交換器(アルミフィン)の汚れている部分が裏側にあることによって見えない部分…というのもそうですが、なによりスプレーの力では限界があります。

 

そのため、汚れも完全には落とせていません。

 

 

さらに内部には基盤などがあるので、洗浄液や水が原因で火災の危険性もあるのでオススメできません・・・

 

ひよこさんひよこさん

じゃあ、どうすれば良いの?

プロに頼むのが一番オススメ!

エアコン

 

エアコン内部の掃除は、プロに頼むのが一番オススメです。

 

プロなら安全に分解し、ホームセンターなどで売っていない専用の道具や、洗浄剤でエアコンを根本的にキレイにしてくれますよ。

 

ゆうやゆうや

ちなみに僕は、『おそうじ革命』というプロがオススメで、魅力については別の記事で解説してるから合わせて読んでね!

公式サイトはこちら>>おそうじ革命公式サイトへ

 

 

エアコンが生臭くならない予防方法

 

では、エアコン内部をキレイに掃除したあとは生臭くならないために予防していきましょう!

 

簡単にできる予防方法は2つあります。

2つの予防方法!
  • 冷房運転後は送風運転
  • フィルターは1ヶ月に1度掃除

 

こちらを順に解説していきますね。

冷房運転後は送風運転

 

最初に紹介したように生臭いニオイは、冷房運転時に発生した水分と汚れと合わさることに発生します。

 

なので、冷房運転後は内部に水分がたまらないように送風運転をしておくとニオイは気にならなくなります。

 

目安としてはだいたい1時間ほど送風運転をしておけば良いでしょう。

 

エアコンに送風機能が備わってない!という方は、弱暖房でも大丈夫ですよ。

フィルターは1ヶ月に1度掃除

自動お掃除機能付きエアコン

 

エアコンの内部に、できるだけゴミなどの汚れを入れたくないため1ヶ月に1度はフィルターを掃除しましょう。

 

フィルターがゴミで詰まってしまうと生臭い原因になるのはもちろん、エアコンの効きも悪くなってしまいます。

 

なので、簡単な掃除でいいので1ヶ月に1度掃除をしてあげると予防になりますね!

 

エアコンのニオイが生臭いと感じたら!原因を知って対策をふりかえってみて!

 

今回の記事では、エアコンのニオイが生臭いと感じたときの緊急対策や原因などを紹介していきました。

 

簡単にまとめると・・・

簡単なまとめ!
  • エアコンの生臭い原因は汚れと水分!
  • 時間がない方は10分間窓を開ける!
  • 根本的にニオイを除去したいならプロに頼む!
  • 冷房運転後は送風運転などで予防!

 

エアコンから生臭いニオイが発生しているということは、内部に溜まっているゴミなどが放出されていることになるため、アレルギーや肺炎などを引き起こす可能性があります。

 

特にお子さんがいて、小さい場合はエアコン内部の汚れが原因で夏なのに鼻水や風邪などの症状が発生しているケースも多々あります。

 

ですのでエアコンが生臭いと思ったら注意してくださいね!

 

なお、エアコンのトラブルや掃除に関することは、エアコン掃除に関する記事特集!にまとめていますので、合わせて読んでみてください♪

 

それでは最後までありがとうございました!

 

スポンサーリンク