どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

エアコンが必要な季節が近づいてきたので、久しぶりにエアコンをつけたら『なんだか、カビ臭い!』なんて経験したことありませんか?

 

フィルターを掃除したのに、カビ臭さが取れないので我慢して使用している方も多いのではないかと思います。

 

今回の記事ではそんな、エアコンのカビ臭さの原因や解消するための対策方法を紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってください♪

スポンサーリンク

 

エアコンがカビ臭い原因は?

エアコン

 

エアコンが臭い原因のほとんどが、エアコン内部に潜んでいるカビが原因です。

 

その潜んでいるカビが繁殖し、胞子がニオイの分子となりエアコンの風と一緒に広がることによってカビ臭いと感じます。

 

では、なぜエアコン内部にカビが発生してしまうのでしょうか?

エアコン内部にカビが発生する原因は?

エアコン

 

次にエアコン内部に、カビが発生する原因を見ていきましょう(^ ^)

 

エアコンというのは室内の空気を取り込み、心地の良い風を送ってくれる仕組みとなっていますね。

 

取り込んでいるのが空気だけなら良いのですが、そのときに目には見えないホコリや雑菌なども取り込んでしまいます。

 

さらに、冷房運転時は室内の暖かい空気を取り込んでいるので、温度差で内部には結露も発生してしまいます。

 

すると、結露と汚れ(ホコリ)が結合してカビの温床になってしまうんです。

 

ちなみに除湿の場合も、室内の水分を取り込んでいるので結果的にカビが発生してしまいます。

 

こういった理由によってエアコンからカビのニオイが発生していますが、我慢して使用していると、体にどんな悪影響があるのでしょうか?

 

カビ臭いエアコンを使い続けると・・・

エアコン掃除

 

エアコン内部に発生したカビは、心地の良い風と共に放出されていきます。

 

そのため、『カビ臭いけど、普通に使用できるから何もしなくていいかな・・・』と思い、今まで通りカビ臭いエアコンを使い続けると様々な危険があります。

 

特に小さいお子さんや高齢者の方がいる場合は注意が必要なので、そちらを見ていきましょう。

夏型過敏性肺炎の発症の可能性

 

夏型過敏性肺炎とは、室内に多く発生するカビ(トリコスポロン.アサヒなど)が原因で発症する肺炎の一種。

 

症状は咳や熱、だるさと夏風邪と似ているため、発症していることに気づかない方が多いですが、長引いてしまうと肺機能の低下など重大な病気に繋がる恐れがあります。

 

ちなみにトリコスポロンは高温多湿を好むのですが、エアコンは正にトリコスポロンが好む環境になっています。

エアコンの機能が低下して電気代が余計にかさむ

エアコン 電気代

 

カビ臭いエアコンを使い続けると病気のリスクだけでなく、電気代もかさんでしまいます。

 

これは内部のカビがホコリに付着することによって、風の通り道が塞がれてしまい風を送るのは勿論、空気を吸い込むのも難しくなります。

 

そうなるとエアコンの効きが悪くなるだけでなく、余計な負荷がエアコンにかかっていることになります。

 

このようにカビ臭いエアコンを使い続けるメリットは1つもないので、できる限り早く解決してあげましょう!

 

エアコン内部は掃除できるの?

 

カビ臭いのはエアコン内部に原因があることが分かりましたが、内部を掃除する方法はあるのでしょうか?

 

家庭ではエアコン内部を掃除する方法として、エアコン洗浄スプレーを使用するのが良いとされていますが、実はあまりキレイになっていません。

 

なぜキレイになっていないのか、これには大きく分けて2つの原因があります。

 

2つの原因!
  • 熱交換器の汚れまで完全に落とせない
  • 洗い流すのが難しい

 

こちらを順番に解説していきます。

スポンサーリンク

熱交換器の汚れまで完全に落とせない

 

熱交換器とは室内の空気の温度を変えてくれる部分のことを言い、カビが繁殖する一番の部分でもあります。

 

こちらを家庭では、洗浄スプレーを使用してキレイにしていくのですが、残念ながら汚れを完全に取るのは難しいとされていますね。

 

これは熱交換器の汚れている部分が裏側にあることによって見えない部分…というのも勿論ですが、なによりスプレーの力では限界があります。

 

そのため、熱交換器の後ろにあるファンの部分の汚れも完全には落とせていません。

 

つまり、汚れが落ちていないければエアコンから発生するカビ臭さもなくなりませんね。

洗い流すのが難しい

 

エアコン内部の掃除で重要なのが洗い流すということ。

 

完全に洗い流せなければ、洗浄スプレーの薬剤が内部に残ってしまい、残った薬剤がカビの栄養になり繁殖してしまいます。

 

そうなると、せっかくキレイにエアコン内部を洗浄したのに、ニオイが発生してしまいますよね。

 

そのため、完全に洗い流す必要があるのですがエアコン内部は直接目には見えないため洗い流すのが難しいです。

 

では、どうすれば完全にキレイになるのでしょうか?

 

プロに頼むのが一番オススメ!

エアコン

 

やはりエアコンの掃除は、プロに頼むのが一番オススメです!

 

プロなら安全に分解し、ホームセンターなどで売っていない専用の道具や、洗浄剤でエアコンを根本的にキレイにしてくれますよ。

 

エアコンが臭いというのは、毎年頑張っているエアコンが悲鳴をあげているサインでもあるので、プロの技で助けてあげてくださいね。

 

ちなみに数あるエアコン業者の中から、わたしはおそうじ革命をオススメしていて、詳しい記事も書いているのでエアコンが臭いと思った方は合わせて見てください(^ ^)

 

 

エアコンがカビ臭くならない予防方法

 

では、エアコン内部をキレイに掃除したあとは生臭くならないために予防していきましょう!

 

予防方法は2つあります。

 

2つの予防方法!
  • 冷房運転後は送風運転
  • フィルターは1ヶ月に1度掃除

 

こちらを順に解説していきますね。

冷房運転後は送風運転

 

最初に紹介したように冷房運転時は結露が発生し、汚れと合わさることによってカビが発生します。

 

そのため、冷房運転後は内部に水分がたまらないように送風運転をしておくとニオイは気にならなくなりますよ。

 

ちなみに送風時間は、エアコンによって変わるので厳密には分からないですが、目安としては大体1時間程度しておけば良いでしょう。

 

エアコンに送風機能が備わってない!という方は、弱暖房でも大丈夫ですよ。

フィルターは1ヶ月に1度掃除

自動お掃除機能付きエアコン

 

エアコンの内部に、できるだけゴミなどの汚れを入れたくないため1ヶ月に1度はフィルターを掃除しましょう。

 

フィルターがゴミで詰まってしまうと、生臭い原因になるのは勿論のこと、エアコンの効きも悪くなってしまいます。

 

1ヶ月に1度掃除をしてあげると、簡単な掃除で済むのでオススメですよ。

 

エアコンをつけたらカビ臭い!正しい原因を知って対策をふりかえってみて!

 

今回の記事では、エアコンを付けたらカビ臭かった原因や対策方法を紹介していきました!

 

簡単にまとめると・・・

簡単なまとめ!
  • エアコンのカビ臭さは内部に潜んでいるカビが原因!
  • カビ臭いまま使い続けると肺炎の可能性が!
  • 内部の掃除はプロに任せるのが一番!
  • 冷房運転後は送風運転などで予防!

 

夏本番になるとエアコンは大活躍しますが、内部が汚れていると機能が低下し余計な電気代がかさみますし病気のリスクもありますので、カビ臭いと感じたら一度プロに相談してみましょうね♪

 

>>お掃除革命の詳しい記事はコチラ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク