どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

夏といえばエアコンが大活躍する季節ですが、久しぶりに冷房運転したら『臭い!』なんて経験ありませんか?

 

だけど、そのままでも問題ないから使い続けていたら健康に悪影響を及ぼすことも・・・

 

今回の記事では、そんなエアコンの冷房が臭いときにするべき対策を原因などと共に紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

エアコンの冷房が臭い原因!

 

まず最初にエアコンの冷房が臭くなる多くの場合は、内部で発生している『カビ』にあります。

 

そのカビが繁殖し、胞子がニオイの分子となりエアコンの風と一緒に広がることによって私たちの嗅覚に臭い!と感じるようになりますね。

 

では、なぜエアコン内部にカビが発生してしまうのでしょうか?

なんでエアコン内部にカビが発生するの?

 

では、なぜエアコン内部にカビが発生するのでしょうか?

 

こちらを冷房の仕組みと一緒に見ていきましょう(^ ^)

 

そもそもエアコンは室内の空気を取り込むときに、目には見えないホコリや雑菌なども取り込んでしまいます。

 

そして熱交換器と呼ばれるエアコン内部の部分で、空気の温度を変えて心地の良い風を送ってくれますね。

エアコンの熱交換器の仕組み

 

このときに冷房運転の場合は、取り込んだ暖かい空気の温度差によって結露が発生します。

 

するとエアコン内部は『湿度(結露)、温度、栄養(ホコリ)』とカビが好む環境になり、どんどん繁殖してしまいます。

 

ちなみに除湿運転の場合も、カビは発生していきますが詳しい解説は別記事で紹介していますので、合わせてお読みください♪

 

 

カビ臭いエアコンを使い続けると・・・

エアコン掃除

 

エアコン内部に発生したカビは、心地の良い風と共に放出されていきます。

 

そのため、『カビ臭いけど、普通に使用できるから何もしなくていいかな・・・』と思い、今まで通りカビ臭いエアコンを使い続けると様々な危険があります。

 

特に小さいお子さんや高齢者の方がいる場合は注意が必要なので、そちらを見ていきましょう。

夏型過敏性肺炎の発症の可能性

 

夏型過敏性肺炎とは、室内に多く発生するカビ(トリコスポロン.アサヒなど)が原因で発症する肺炎の一種。

 

症状は咳や熱、だるさと夏風邪と似ているため、発症していることに気づかない方が多いですが、長引いてしまうと肺機能の低下など重大な病気に繋がる恐れがあります。

 

ちなみにトリコスポロンは高温多湿を好むのですが、エアコンは正にトリコスポロンが好む環境になっています。

エアコンの機能が低下して電気代が余計にかさむ

エアコン 電気代

 

カビ臭いエアコンを使い続けると病気のリスクだけでなく、電気代もかさんでしまいます。

 

これは内部のカビがホコリに付着することによって、風の通り道が塞がれてしまい風を送るのは勿論、空気を吸い込むのも難しくなります。

 

そうなるとエアコンの効きが悪くなるだけでなく、余計な負荷がエアコンにかかっていることになります。

 

このようにカビ臭いエアコンを使い続けるメリットは1つもないので、できる限り早く解決してあげましょう!

 

冷房が臭いと思ったらすぐできる緊急対策!

エアコン

 

では冷房が臭いと思ったら、今すぐできる緊急対策を解説していきます(^ ^)

 

それがこちら。

生臭い緊急対策!
  • エアコンをつけた10分間は窓を開ける!
  • 設定温度は27℃以下!

 

順に解説していきますね。

スポンサーリンク

エアコンをつけた最初の10分間は窓を開ける!

 

エアコンつけた最初の10分間というのは、エアコン内部に溜まったカビなどの汚れが最も吹き出しやすいタイミングとなっています。

 

ですので、最初の10分間は窓を開けておくと多少はマシになりますよ。

 

10分で行うことができるので時間がない方にオススメですね。

設定温度は27℃以下!

エアコンから綺麗な風

 

臭い成分というのは気温が低ければ、空気中に蒸発しにくくなります。

 

そのため冷房の温度を27℃以下にしておけば、いくらか和らぎます。

 

このように、エアコンの冷房が臭いと感じたら上記の緊急対策はオススメですが、やはり根本的な解決になっていないので臭さは勿論あります。

 

では、根本的に解決するためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか?

 

根本的にエアコンの冷房の臭いニオイを除去する方法

掃除器具

 

根本的にエアコンの冷房の臭いニオイを除去する方法は『掃除』ですね!

 

臭いニオイの元であるカビはエアコン内部で発生しているので、掃除をしてキレイにするしかありません。

 

そこで、ホームセンターなどで売られている洗浄スプレーを使用していくのですが、実はエアコン内部までキレイにするのは難しいです。

 

さらに内部には基盤などがあるので洗浄液や水が原因で火災の危険性もあり、わたしからはオススメできません。

 

プロに頼むのが一番オススメ!

エアコン

 

やはりエアコンの掃除は、プロに頼むのが一番オススメです!

 

プロなら安全に分解し、ホームセンターなどで売っていない専用の道具や、洗浄剤でエアコンを根本的にキレイにしてくれますよ。

 

エアコンが臭いというのは、毎年頑張っているエアコンが悲鳴をあげているサインでもあるので、プロの技で助けてあげてくださいね。

 

ちなみに数あるエアコン業者の中から、わたしはおそうじ革命をオススメしていて、詳しい記事も書いているのでエアコンが臭いと思った方は合わせて見てください(^ ^)

 

 

エアコンの冷房が臭くならない予防方法

 

では、エアコン内部をキレイに掃除したあとは臭くならないために予防していきましょう!

 

予防方法は2つあります。

 

2つの予防方法!
  • 冷房運転後は送風運転
  • 掃除の頻度を高める

 

こちらを順に解説していきますね。

冷房運転後は送風運転

 

上記で紹介したように冷房運転時は結露が発生し、汚れと合わさることによってカビが発生します。

 

そのため、冷房運転後は内部に水分がたまらないように送風運転をしておくとニオイは気にならなくなります。

 

目安としてはだいたい1時間ほど送風運転をしておけば良いでしょう。

 

また、エアコンに送風機能が備わってない!という方は、弱暖房でも大丈夫ですよ。

掃除の頻度を高める

自動お掃除機能付きエアコン

 

エアコンの内部にはできるだけゴミなどの汚れを入れたくないため1ヶ月に1度はフィルターを掃除しましょう。

 

フィルターがゴミで詰まってしまうと、臭い原因になるのは勿論のこと、エアコンの効きも悪くなってしまいます。

 

1ヶ月に1度掃除をしてあげると、シーズンが来ても簡単な掃除で済むのでオススメですよ。

 

エアコンの冷房が臭い!と思ったらするべき対策を原因をふりかえってみて!

エアコン

 

今回の記事では、エアコンの冷房が臭い原因や対策などを紹介していきました!

 

簡単にまとめてみると・・・

簡単なまとめ!
  • エアコンの冷房が臭い原因はカビ!
  • カビ臭いエアコンを使い続けると病気のリスクが・・・!
  • 時間がないときの緊急対策は10分間窓を開ける!
  • エアコン掃除はプロに任せるのがオススメ!
  • 冷房運転後は送風運転で予防!

 

夏になると大活躍するエアコンですが、使用を続けていると必ず汚れていきます。

 

エアコンの冷房が臭いときは一度、プロに相談してキレイにしてもらいましょう!

 

>>エアコン掃除の記事についてはこちら!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク