どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

夏場と冬場に大活躍をしてくれるエアコンですが、いつも通りつけたら『なんか臭い!』と思い、内部を覗いたらカビだらけ・・・

 

そのため、掃除をしようと思うのですが面倒なことをしたくないのが本音ですよね。

 

今回の記事では、そんなエアコンのカビ掃除を自分でキレイにする方法を紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

自分でエアコンのカビ掃除をするまえに必要な道具!

 

早速、自分で簡単にできるエアコンのカビ掃除を紹介していくのですが、そのまえに必要な道具を見ていきましょう!

 

エアコン掃除に必要な道具!
  • 脚立
  • 乾いた布
  • 新聞紙
  • 歯ブラシ
  • 綿棒
  • 手袋
  • 掃除機

 

基本的には家庭によくあるもので十分なので、しっかり確認していきましょうね。

 

ちなみに、クイックルワイパーのハンディモップがあれば、高いところの掃除も楽なので持っている方は活用していきましょう。

 

簡単なエアコンのカビ掃除の流れ!

 

次に、自分でできるエアコンのカビ掃除の流れを見ていきましょう!

 

  1. エアコン上部のゴミを拭き取る
  2. フィルターの掃除
  3. ルーバーの掃除
  4. 乾かすために送風運転

 

こちらを順に解説していきます。

スポンサーリンク

 

エアコンのカビ掃除を簡単に自分でキレイにする方法!

 

では、自分で簡単にキレイに掃除をする方法を見ていきましょう!

 

事前の準備で、ホコリが落ちても良いようにエアコンの下に新聞紙を敷いておきましょう。

 

さらに、事故防止のためにエアコンのコンセントを抜いておきましょうね♪

エアコン上部のゴミを拭き取る

 

まず、エアコンのパネルを外すまえに、エアコン上部にあるゴミをキレイに拭き取りましょう。

 

このときに布に少し水分を含ませると、拭き取ったホコリが舞い散らないでストレスなく掃除ができますよ。

 

POINT

水分がありすぎると故障の原因に!

そのため拭き取る布はしっかりと水分を絞りましょう。

 

水拭きをしたあとは、乾いた布で乾拭きしてあげましょうね。

フィルターをキレイに掃除!

 

フィルターを掃除するため前面のカバーを外し、ホコリが舞い散らないようにゆっくりとフィルターを外して新聞紙におきましょう。

 

取り外したフィルターはゴミやホコリで詰まっているため、まずは掃除機で吸っていくのですが裏面から吸うと目詰まりの原因にもなるので、かならず表面から。

 

残ったゴミは歯ブラシで擦っていくのですが、強く擦ってしまうとフィルターが損傷してしまう可能性があるので、優しく擦ります。

 

ちなみに、油などが原因でベトベトしていて汚れが落ちない場合は、薄めた中性洗剤を使用しながらシャワーで流してあげるとキレイに落とせます。

 

このときにシャワーはフィルターの内側から流してあげると、ゴミが詰まらないで簡単に落ちていきますよ。

ルーバーをキレイに掃除!

 

ルーバーとは風向きを変えてくれる部分のこといい、カビが付着している場合が多いのでコチラもキレイに掃除していきます。

 

外し方としては少し曲げると簡単に取れるのですが、初めて行う場合は戸惑うと思うので慎重に外していきましょう。

 

出典:RELIVERS

 

外したルーバーは、水洗いをしながら歯ブラシを使用して気になる箇所を掃除していきます。

 

細かい部分に汚れがあったら綿棒が役に立ちますよ♪

乾かすために送風運転!

エアコン掃除

 

フィルターと、ルーバーの掃除が終わったらコンセントを挿して、乾かすために送風運転をしていきましょう!

 

ここでしっかり乾かさないと、残った水分が原因で再びカビが繁殖してしまいます。

 

目安として1時間ほど、送風機能がない場合は弱暖房でも問題ありませんよ。

 

ここまでが簡単に自分でできるエアコンのカビ掃除方法ですね!

 

エアコン内部の掃除はオススメできない

 

続いて、カビが繁殖する原因であるエアコン内部を掃除していくのですが、家庭でのエアコン内部の掃除はオススメできません

 

理由としてはエアコン内部を本格的に掃除するとなると、ビニール袋で養生(ようじょう)と呼ばれる周囲を保護する作業などがあり、準備の段階から簡単にはできないからです。

 

それと、内部にはエアコン心臓部の基盤があり、接する恐れがあるのでエアコンの構造が分かっている方でないと、故障するリスクが高いです。

 

そこで誰でもエアコン内部を掃除できるような市販のエアコン洗浄スプレーが売っていますが、コチラもオススメできません・・・

 

市販の洗浄スプレーがオススメできない理由

 

家庭ではエアコン内部を掃除する方法として、エアコン洗浄スプレーを使用するのが良いとされていますが、実はあまりキレイになっていません。

 

なぜキレイになっていないのか、これには大きく分けて2つの原因があります。

 

2つの原因!
  • 熱交換器の汚れまで完全に落とせない
  • 洗い流すのが難しい

 

こちらを順番に解説していきます。

熱交換器の汚れまで完全に落とせない

 

熱交換器とは室内の空気の温度を変えてくれる部分のことを言い、カビが繁殖する一番の部分でもあります。

 

こちらを家庭では、洗浄スプレーを使用してキレイにしていくのですが、残念ながら汚れを完全に取るのは難しいとされていますね。

 

これは熱交換器の汚れている部分が裏側にあることによって見えない部分…というのも勿論ですが、なによりスプレーの力では限界があります。

 

そのため、熱交換器の後ろにあるファンの部分の汚れも完全には落とせていません。

 

つまり、汚れが落ちていないければエアコンから発生するカビ臭さもなくなりませんね。

洗い流すのが難しい

 

エアコン内部の掃除で重要なのが洗い流すということ。

 

完全に洗い流せなければ、洗浄スプレーの薬剤が内部に残ってしまい、残った薬剤がカビの栄養になり繁殖してしまいます。

 

そうなると、せっかくキレイにエアコン内部を洗浄したのに、ニオイが発生してしまいますよね。

 

そのため、完全に洗い流す必要があるのですがエアコン内部は直接目には見えないため洗い流すのが難しいです。

 

では、どうすれば完全にキレイになるのでしょうか?

 

内部から完全にキレイにするならプロに頼む!

エアコン

 

やはり完全にエアコンを掃除するには、プロに頼むのが一番オススメです!

 

プロなら安全に分解し、ホームセンターなどで売っていない専用の道具や、洗浄剤でエアコンを根本的にキレイにしてくれますよ。

 

エアコンがカビているというのは、毎年頑張っているエアコンが悲鳴をあげているサインでもあるので、プロの技で助けてあげてくださいね。

 

ちなみに数あるエアコン業者の中から、わたしはおそうじ革命をオススメしていて、詳しい記事も書いているのでエアコンをキレイに掃除したいと、思った方は合わせてお読みください(^ ^)

 

 

エアコンのフィルターは1ヶ月に1回は掃除!

 

エアコンは何もしていなくても、段々とホコリで汚れていきます。

 

そのためキレイな状態に保つには、フィルターを1ヶ月に1回のペースで掃除することがオススメです。

 

定期的に掃除すると、より簡単な掃除で済むのでしっかり掃除していきましょう!

 

エアコンのカビ掃除を簡単に自分でキレイにする方法をふりかえってみて!

エアコン

 

今回の記事では、自分でもできるエアコンの簡単な掃除方法を紹介していきました!

 

エアコンの掃除は面倒臭いので、いつかやろう…と後回ししてしまいますが、今回紹介した掃除は1時間ほどでキレイに掃除できますので実践してみてくださいね。

 

ですが、カビが発生する原因のエアコン内部は簡単にはできないので、完全にキレイにしたい!と思う方はプロに頼んでみてください(^ ^)

 

>>お掃除革命の詳しい記事はコチラ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク