どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

エアコンが大活躍する時期になり、エアコンをいつも通り”フィルターだけ”掃除したのですが、内部を覗いてみるとまだまだホコリがいっぱい・・・

 

そこで、フィルター以外の掃除をしたいのだけど面倒なことは正直したくない!というのが本音ですよね笑

 

今回の記事では、そんなエアコンのフィルター掃除以外の簡単な掃除方法や理想の掃除頻度などを紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

エアコンのフィルター以外の掃除は必要なし?

エアコン

 

まず、エアコンのフィルター以外の掃除方法のまえに、フィルター以外の掃除が必要あるのか…?を見ていきましょう。

 

こちらを結論から先に答えますと、必要あります。

 

フィルターを掃除することによって、掃除するまえの状態と比べてみるとキレイになりますが、それは一部分だけでありフィルターがホコリまみれになっていたら、他の部分も汚れていると思ってください!

 

そして、そういった汚れを放っておくと以下のような問題が発生する可能性があります。

 

エアコンに発生する問題!
  • カビが繁殖する原因に!
  • 多くの電力を消費する!
  • エアコンから水が漏れる恐れが!

 

こちらを順に解説していきますね。

 

ちなみに『自動お掃除機能付きエアコン』でも、正しいお手入れをしなければ汚れが溜まっていきます。

 

詳しい解説は、別の記事で紹介していますので自動お掃除機能付きエアコンを使用している方は、合わせてお読みください(^ ^)

 

カビが繁殖する原因に!

エアコン内部のカビ

 

実はエアコン内部というのは、非常にカビが繁殖しやすい環境になっています。

 

これはエアコン内部の熱交換器と呼ばれる、取り込んだ空気の温度を変えてくれる部分に大きく関係しています。

エアコンの熱交換器の仕組み

 

例えば冷房運転の場合は、熱交換器によって室内の暖かい空気を取り込み冷たい空気に帰るのですが、このときに結露が発生します。

 

するとエアコン内部に溜まっているホコリと、水分が合わさりカビが繁殖していってしまいます。

 

もちろん、カビが繁殖するとエアコンから送られてくる風が臭かったり、アレルギー反応を起こしたりと健康面にも悪影響を及ぼしてしまいますよ。

 

さらに詳しいカビの解説は別の記事で紹介しているので、合わせてお読みください♪

 

多くの電力を消費する!

エアコンの電気代

エアコンのフィルター以外の掃除をしないと、通常よりも多くの電力を消費してしまいます。

 

これは内部のカビがホコリに付着することによって、空気を取り込みにくくなり余計な負荷がエアコンにかかってしまうことも。

 

さらに、エアコンの風を送る力も弱くなってしまうので効きが悪くなり、必要以上に温度を下げて電気代を消費してしまいます。

 

エアコンの電気代は安くはないので、こういった無駄はなるべく避けたいですよね・・・

エアコンから水が漏れる恐れが!

エアコンの水分

 

こちらは、先ほどの電気代の話と繋がってくるのですが、エアコンの効きが悪くなることによって冷房の場合は、設定温度を知らず知らずに下げてしまいます。

 

そうすることによってエアコン内部だけが異常に冷えてしまい、通常よりも大量の結露が内部には発生します。

 

もちろん、ある程度であればホースに水分が放出されていくのですが、大量の結露の場合はホースに放出されるまえにエアコンから溢れてしまう恐れもありますね。

 

エアコンのフィルター以外の簡単な掃除方法は?

 

では次に、簡単にできるエアコンのフィルター以外の掃除方法を紹介していきます!

 

事前の準備で、ホコリが落ちても良いようにエアコンの下に新聞紙を敷いておきましょう。

 

さらに、事故防止のためにエアコンのコンセントを抜いておきましょうね♪

エアコン上部のゴミを拭き取る

 

まず、エアコン上部にあるゴミをキレイに拭き取りましょう。

 

このときに布に少し水分を含ませると、拭き取ったホコリが舞い散らないでストレスなく掃除ができますよ。

 

POINT

水分がありすぎると故障の原因に!

そのため拭き取る布はしっかりと水分を絞りましょう。

 

水拭きをしたあとは、乾いた布で乾拭きしてあげましょうね。

スポンサーリンク

 

ルーバーをキレイに掃除!

 

ルーバーとは風向きを変えてくれる部分のこといい、カビが付着している場合が多いのでコチラもキレイに掃除していきます。

 

外し方としては少し曲げると簡単に取れるのですが、初めて行う場合は戸惑うと思うので慎重に外していきましょう。

 

出典:RELIVERS

 

外したルーバーは、水洗いをしながら歯ブラシを使用して気になる箇所を掃除していきます。

 

細かい部分に汚れがあったら綿棒が役に立ちますよ♪

乾かすために送風運転!

エアコン掃除

 

フィルターと、ルーバーの掃除が終わったらコンセントを挿して、乾かすために送風運転をしていきましょう!

 

ここでしっかり乾かさないと、残った水分が原因で再びカビが繁殖してしまいます。

 

本格的なフィルター以外の掃除方法

 

続いて、カビが繁殖しているエアコン内部を掃除していくのですが、家庭でのエアコン内部の掃除はオススメできません

 

理由としてはエアコン内部を本格的に掃除するとなると、ビニール袋で養生(ようじょう)と呼ばれる周囲を保護する作業などがあり、準備の段階から簡単にはできないからです。

 

それと、内部にはエアコン心臓部の基盤があり、接する恐れがあるのでエアコンの構造が分かっている方でないと、故障するリスクが高いです。

 

そこで誰でもエアコン内部を掃除できるような市販のエアコン洗浄スプレーが売っていますが、コチラもオススメできません・・・

 

市販の洗浄スプレーがオススメできない理由

 

家庭ではエアコン内部を掃除する方法として、エアコン洗浄スプレーを使用するのが良いとされていますが、実はあまりキレイになっていません。

 

なぜキレイになっていないのか、これには大きく分けて2つの原因があります。

 

2つの原因!
  • 熱交換器の汚れまで完全に落とせない
  • 洗い流すのが難しい

 

こちらを順番に解説していきます。

熱交換器の汚れまで完全に落とせない

 

熱交換器とは上記でも解説したように、室内の空気の温度を変えてくれる部分のことを言い、カビが繁殖する一番の部分でもありますね。

 

こちらを家庭では洗浄スプレーを使用してキレイにしていくのですが、汚れを完全に取るのは難しいとされています。

 

これは熱交換器の汚れている部分が裏側にあることによって見えない部分…というのも勿論ですが、なにより市販のスプレーの力では限界があります。

 

そのため、熱交換器の後ろにあるファンの部分の汚れも完全には落とせていません。

 

つまり、汚れが落ちていないければエアコンから発生するカビ臭さもなくなりませんね。

洗い流すのが難しい

 

エアコン内部の掃除で重要なのはキレイにするのは勿論、洗い流すということ。

 

完全に洗い流せなければ、洗浄スプレーの薬剤が内部に残ってしまい、残った薬剤がカビの栄養となり繁殖の原因を増やしてしまいます。

 

そうなると、さらにエアコン内部は汚れてしまいますよね。

 

ですので完全に洗い流す必要があるのですが、エアコン内部は熱交換器で隠れて、直接目には見えないため洗い流すのが難しいです。

 

それ以外にも、洗浄スプレーをオススメできない理由があるのですが、詳しい内容は別の記事で紹介していますので合わせてお読みください!

 

 

エアコンを完全にキレイにするならプロに頼む!

エアコン

 

やはりエアコンを内部まで完全に掃除するには、プロに頼むのが一番オススメです!

 

プロなら安全に分解し、ホームセンターなどで売っていない専用の道具や、洗浄剤でエアコンを根本的にキレイにしてくれますよ。

 

エアコンがカビているというのは、毎年頑張っているエアコンが悲鳴をあげているサインでもあるので、プロの技で助けてあげてくださいね。

 

ちなみに数あるエアコン業者の中から、わたしはおそうじ革命をオススメしていて、詳しい記事も書いているのでエアコンをキレイに掃除したい!と思った方は合わせてお読みください(^ ^)

 

 

エアコンはどのぐらい頻度で掃除する必要がある?

掃除道具

 

エアコンは、どのぐらいの頻度で掃除する必要があるのでしょうか?

 

これは、掃除する部分にもよりますが熱交換器などの内部の部分は1年に1回で十分です。

 

そしてフィルター部分でいえば、理想は環境省が推奨している2週間に1度の頻度ですね。

 

ですが、2週間に1度フィルターを掃除するのは正直いって面倒なのでエアコンのシーズン以外は1ヶ月に1回で問題ないかな、と思っています(^ ^)

 

エアコンのフィルター以外の簡単な掃除方法は?頻度をふりかえってみて!

エアコン

 

今回の記事では、エアコンのフィルター以外の簡単な掃除方法や頻度などを紹介していきました!

 

簡単にまとめてみると…

簡単なまとめ!
  • エアコンのフィルター以外の掃除は必要あり!
  • 放っておくとカビや水漏れの危険が!
  • 掃除したあとは必ず送風運転!
  • 内部まで完全にキレイにするのならプロに頼む!
  • フィルターの掃除の頻度は1ヶ月に1回、内部は1年に1回掃除!

 

エアコン内部の掃除を家庭で行おうとすると、想像以上に時間がかかりますし見えない部分もあるので、しっかり掃除できていないケースがほとんどです。

 

今までフィルター以外の掃除をしたことがなかった!という方は一度、プロに相談してみてエアコンを隅々までキレイにしてあげてくださいね♪

 

>>お掃除革命の詳しい記事はコチラ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク