どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

エアコン内部が汚いときに活躍する洗浄スプレー

 

価格も安価ですし、比較的どこでも売っているので非常に便利ですよね。

 

ですが、なかには洗浄スプレーを使用して故障した!なんて声や、火災に発展したケースもあります。

 

今回の記事では、そんな洗浄スプレーが原因で発生する恐れがある問題などを紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

エアコン洗浄スプレーを使用して発生する問題

 

早速、エアコン洗浄スプレーを使用して発生する恐れがある問題を見ていきましょう。

 

これには大きく分けて4つの問題があります。

 

洗浄スプレーの4つの問題
  • エアコンが故障する原因に!
  • 更にエアコン内部にカビが繁殖する恐れが!
  • 水漏れの原因!
  • 火災の危険性!

 

こちらを順に解説していきますね。

 

ちなみに、エアコン内部にカビが繁殖する理由は別の記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください♪

 

洗浄スプレーが原因でエアコンが故障

エアコン

 

これは、洗浄スプレーの洗浄液がエアコン内部の基盤部分に付着してしまったことが原因で、気づいたら動かなくなっていた…なんて被害があります。

 

基盤部分というのはエアコンの心臓部でもあるので、内部の掃除は非常にデリケートになっていきますね。

洗浄スプレーが原因で更にカビが繁殖する恐れが!

エアコン内部のカビ

 

洗浄スプレーでは熱交換器(アルミフィン)の汚れを全て取るのは難しいとされています。

 

これは、熱交換器が本当に汚れている部分が裏側にあるため目に見えない…というのもそうですが市販のスプレーでは洗浄力、圧力が足りません。

 

そのため汚れは全て落とせずに奥の方に溜まってしまい、カビが繁殖してしまいます。

 

それ以外にも、洗浄スプレーには香料が含まれていて内部で固まってしまうと、さらにカビが繁殖する原因にも・・・

洗浄スプレーが原因で水漏れの可能性も

 

洗浄スプレーは揮発性(液体が気体になること)が高いため、ある程度汚れを落としても排水ホースに放出されるまえに蒸発する可能性があります。

 

すると、排水ホースの内部は汚れが溜まってしまうため、最悪の場合は溜まってしまった汚れが固まってしまう恐れもあります。

 

固まってしまったら、内部から発生する水分を上手く放出できなくなるので、ある日エアコンから水漏れする可能性が考えられますね。

スポンサーリンク

洗浄スプレーが原因で火災の危険性

 

なんと洗浄スプレーが原因で火災の危険性もあります。

 

一見すると大げさかもしれませんが、2008年から2012年までの間には洗浄スプレーの洗浄液がでエアコン内部の基盤に付着し、トラッキング現象が発生し発火が32件、火災によって被害が広がったのが4件もあります。

 

ちなみにトラッキング現象とは…

コンセントにプラグを長時間差し込んだままにしておくと、コンセントとプラグの隙間にホコリがたまり、このたまったホコリが原因でプラグ部分から発火することがあります。これを「トラッキング現象」といいます。

引用:kobac

 

洗浄液が原因の火災は、すぐに事故に繋がるわけではなく付着してから徐々に基盤が侵食されていき、ある日事故に繋がっていきます。

 

上記の問題があるため、最近のエアコンの取扱説明書を見てみると『市販の洗浄剤で内部を個人でクリーニングしないでください』と表記されることが多くなってきました。

 

エアコン内部の掃除はプロに頼むの安全!

 

このようにエアコン内部を洗浄スプレーを使用して掃除するのは大変危険です。

 

そもそもエアコン内部というのはデリケートなパーツがあるので、仕組みをしっかりと理解していないければ故障する原因が非常に高いです。

 

そのためエアコン内部の掃除は、プロに頼むのが一番安全でキレイになりますよ!

 

プロなら安全にエアコンを分解し、ホームセンターなどで売っていない専用の道具や、洗浄剤でエアコンを根本的にキレイにしてくれます。

 

ちなみに数あるエアコン業者の中から、わたしはおそうじ革命をオススメしていて、詳しい記事も書いているので合わせて見てくださいね(^ ^)

 

 

【危険!】エアコン洗浄スプレーは故障と火災の原因をふりかえってみて!

 

今回の記事では、エアコン洗浄スプレーを使用して発生する問題を紹介していきました!

 

簡単にまとめてみると…

簡単なまとめ!
  • エアコンが故障の可能性!
  • カビが更に繁殖する恐れ!
  • 水漏れの可能性!
  • 火災などの危険性!
  • 内部の掃除はプロに頼むのが一番!

 

エアコンの掃除をプロに頼まず、個人で掃除する理由としては『掃除の費用を抑えたいから』ですよね。

 

ですが、内部の掃除を個人で行ったことで故障してしまったら費用は更にかかってしまいます。

 

そのため、エアコン内部が汚れている場合は一度プロに頼んでピッカピカにしてもらったほうが、エアコンの寿命も伸ばせるので結果的にコストパフォーマンスが高いですよ!

 

>>お掃除革命の詳しい記事はコチラ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク