どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

シーズン中、気が向いたらなんとなく掃除するエアコンのフィルター

 

実はエアコンのフィルターには、清潔にしておくことによって様々な効果があるのはご存知でしたか?

 

今回の記事では、そんなエアコンのフィルターを掃除することによって得られる効果や、掃除方法などを紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

 

エアコンのフィルター掃除で効果がアップ!

スポンサーリンク

 

では早速、エアコンのフィルター掃除によって得られる効果を紹介していきますね!

 

これは大きく分けて2つの効果があります。

フィルター掃除の効果!
  • エアコンの電気代の削減に繋がる!
  • エアコンの効き目が良くなる!

 

こちらを順番に解説していきます。

電気代の削減に繋がる!

 

エアコンのフィルターを掃除することによって、電気代の削減につながります。

 

どのぐらい削減できるのかというと環境省が発表していて、目安として冷房運転時4%、暖房運転時6%の削減が期待できるとしています。

 

ですがこれは、目安なのでフィルターを掃除することでさらに削減できる可能性もありますよ。

 

ちなみに5年以上フィルターを掃除しないで放置したままだと、電気代が1.5倍以上になったケースもあるんだとか。

エアコンの効き目も良くなる!

エアコン除湿

 

フィルターを掃除すると、電気代の削減以外にも効き目が良くなることが期待できます!

 

そもそもエアコンの仕組みといのは、空気を取り込んで心地の良い風にしてくれますよね。

 

このときにフィルターが目詰まりしていると、うまく空気が取り込めず本来の能力を発揮できなくなります。

 

そのため定期的に掃除をしてあげることによって、エアコンの効きが良くなり快適な時間を過ごすことができますね♪

 

逆にエアコンのフィルターの掃除をしないと・・・

エアコン

 

エアコンのフィルターを掃除することで効果がアップしますが、逆に掃除をしないと、フィルターは汚れてしまい以下のような良くないことが発生します。

 

  • フィルターと内部にカビが発生
  • 余計な電力を消費
  • エアコンから水が漏れる原因にも!

 

こちらを順番に解説していきますね。

フィルターと内部にカビが発生

エアコン内部のカビ

 

フィルターの取り込み口にキャッチする汚れというのは、ホコリが多いです。

 

そんなホコリを知らず知らずに放置してしまうとホコリがエアコン内部に侵入し、内部の部品から発生する水分と合わさりカビが発生してしまいます。

 

もちろん、フィルターにも内部からの水分は少なからず接してしまうためカビが発生し、ニオイの原因や体にも悪影響になってしまうことも・・・

 

さらに詳しいエアコンとカビの解説は別記事で紹介しているので、合わせてお読みください♪

 

無駄な電力を消費してしまう

エアコンの電気代

 

フィルターにホコリなどの汚れが詰まっているということは、エアコンが空気を取り込みにくい状態になっているということ。

 

するとエアコンに余計な負荷が掛かってしまい、無駄な電力を消費する原因になってしまいます。

エアコンから水が漏れる原因にも!

水漏れ

 

フィルターに汚れが詰まって、空気を取り込みにくくなると無駄な電力以外にもエアコンから水が漏れる可能性もあります。

 

これは空気を取り込みにくくなることによって、エアコンの効きは悪くなり私たちは知らず知らずに設定温度を変更します。

 

そうすることによってエアコン内部だけが異常に冷えてしまい、通常よりも大量の結露が内部には発生します。

 

もちろん、ある程度であれば外のホースへと水分が放出されていくのですが、大量の結露の場合はホースに放出されるまえにエアコンから漏れてしまう恐れもありますね。

 

エアコンのフィルターの掃除方法も紹介!

 

では、次にフィルターの掃除方法も紹介していきます!

 

非常に簡単なので、普段あまり掃除していない方は参考にしてくださいね。

脚立を置いてコンセントを抜いておく

エアコンのコンセント

 

まず脚立を置いて安全のために周囲には何もない状態にしておきましょう。

 

このときに床に新聞紙を敷いておくと便利です。

 

そして、掃除を始めるまえにコンセントが抜かれていることは絶対に確認しておきましょう、

 

コンセントが刺さったままの場合、動いてなくても内部には最低限の電流が流れていて、怪我や火災の元にもなるので絶対に抜きましょうね。

エアコン上部のゴミを拭き取る

 

コンセントを抜いたらフィルターを外しまえに、ついでにエアコン上部にあるゴミをキレイに拭き取ってしまいましょう。

 

このとき雑巾に少し水分を含ませると、拭き取ったホコリが舞い散らないでストレスなく掃除ができますよ。

 

POINT

水分がありすぎると故障の原因に!

そのため拭き取るための雑巾はしっかりと水分を絞りましょう。

 

水拭きをしたあとは、乾いた雑巾で乾拭きしてあげましょうね。

ゆっくりとフィルターを外して掃除機をかける

自動お掃除機能付きエアコン

 

前面パネルを開けたら、ゆっくりとフィルターを外しましょう。

 

勢いよくフィルターを外したら、ホコリが奥に入ってしまったりフィルターが破損してしまう可能性があるので優しく外してあげましょうね。

 

通常のエアコンであれば、フィルターの下を掴んで引っ張れば取れるはずです。

 

このとき、あまりにホコリが付着している場合は、フィルターを外すまえに掃除機でホコリを吸い取ってあげましょう。

 

ただし、掃除機を無理して持ち上げるのは危ないので難しそうであれば、ホコリが舞わないように新聞紙におきましょうね。

スポンサーリンク

フィルターに付着している大きなホコリを掃除

エアコンフィルター

 

エアコンから外したフィルターを掃除機で吸い取ります。

 

このときに、フィルターの表面を掃除機で吸い取ってあげるとスムーズにホコリが吸い取れます。

 

逆に裏面から掃除で吸い取ると、目詰まりの原因になるので注意してくださいね。

フィルターを中性洗剤と水洗いで掃除!

 

掃除機でホコリを吸い取ったら、次に水洗いをしていきます。

 

フィルターがベタベタしていたら油が付着している証拠でもあるので、中性洗剤を使用して掃除していきましょう。

 

勿論このときも、歯ブラシでゴシゴシしすぎるとフィルターの網目が破れてしまうので優しく丁寧に。

 

角の部分は歯ブラシだと掃除しにくいので綿棒がオススメですよ!

 

ちなみに水で洗い流す際は掃除機のときは逆に、裏側から流してあげるとスムーズに掃除ができますね。

フィルターを乾かす!

空

 

フィルターの掃除が終わったら乾いた布で水気を拭き取り、通気性が良いところで乾かしてあげましょう。

 

このときに拭くだけだと、フィルターは完全に乾ききらないのでカビの原因になります。

 

だいたい1時間あれば乾くので、乾いたら掃除は終了です!

 

エアコンのフィルターの頻度は?

エアコン掃除

 

ではフィルターはどのぐらいの頻度で掃除してあげることがベストなのでしょうか?

 

これは、季節や室内の環境だったりで変わることがあるので、1ヶ月に1回や2週間に1回など目安はバラバラとされていています。

 

ですが頻繁に掃除するのは大変なので、1ヶ月に1回でも問題ないかなと思います。

 

なお、シーズン中は汚れることが多いので頻繁に掃除してあげましょうね。

 

エアコンのフィルター以外の掃除は必要?

 

続いて、カビが一番繁殖しているエアコン内部を掃除していくのですが、家庭でのエアコン内部の掃除はオススメできません

 

理由としてはエアコン内部を本格的に掃除するとなると、ビニール袋で養生(ようじょう)と呼ばれる周囲を保護する作業などがあり、準備の段階から簡単にはできないからです。

 

それと内部にはエアコン心臓部の基盤があり、接する恐れがあるのでエアコンの構造が分かっている方でないと、故障するリスクが高いです。

 

そこで誰でもエアコン内部を掃除できるような市販のエアコン洗浄スプレーが売っていますが、オススメできません・・・

 

コチラについては詳しい内容を別の記事で解説していますので、合わせてお読みください!

 

 

エアコンを完全にキレイにするならプロに頼む!

エアコン

 

やはりエアコンを内部まで完全に掃除するには、プロに頼むのが一番オススメです!

 

プロなら安全に分解し、ホームセンターなどで売っていない専用の道具や、洗浄剤でエアコンを根本的にキレイにしてくれますよ。

 

エアコンが汚いというのは、毎年頑張っているエアコンが悲鳴をあげているサインでもあるので、プロの技で助けてあげてくださいね。

 

ちなみに数あるエアコン業者の中から、わたしはおそうじ革命をオススメしていて、詳しい記事も書いているので合わせてお読みください(^ ^)

 

 

エアコンのフィルター掃除によって効果がアップ!頻度も知ってお得をふりかえってみて!

エアコン

 

今回の記事では、エアコンのフィルター掃除によって得られる効果や掃除方法などを紹介していきました!

 

簡単にまとめてみると…

簡単なまとめ!
  • フィルター掃除で電気代の削減や効き目が良くなる!
  • 掃除をしないとカビや水漏れなどの恐れが・・・
  • 掃除の頻度は大体1ヶ月に1回!
  • 内部まで完全にキレイにするならプロに相談!

 

エアコンのフィルターは手軽に掃除しやすい部分ですが、後回しにしておくと損ばかりしてしまうのでしっかりと掃除していきたいですね!

 

さらに完全にキレイにしたい方は、一度プロに相談してみてくださいね♪

 

>>お掃除革命の詳しい記事はコチラ!

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク