ひよこさんひよこさん

エアコンを自分で掃除したいんだけど、なにか良い洗剤の代用ないかな?

ゆうやゆうや

なるほど、じゃあ今回はエアコン掃除をするときのオススメの代用洗剤を紹介していくよ!

久しぶりにエアコンをつけたら、なにやらイヤーなニオイが・・・

 

そこで、自分でエアコン掃除をするべく道具を揃えようと思うのですが、いちいち専門的な道具を揃えるのって面倒なんですよね。

 

今回の記事では、そんな方にオススメなエアコン掃除に必要な洗剤の代用を紹介していきます。

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

エアコン掃除に必要な洗剤を紹介!

 

ゆうやゆうや

まず、前提としてエアコン掃除に必要な洗剤は、掃除する部分によって異なるよ。

なかでも、エアコン内部(アルミフィン・ファン)以外の掃除に必要な洗剤は、キッチン用の中性洗剤で十分です。

キッチン用中性洗剤

 

もちろん、洗剤以外にも掃除機などの道具が必要になってきますが、家庭にあるもので十分なのでとても簡単ですよ♪

 

ちなみに洗剤以外の必要な道具を知りたい方は別の記事で詳しく紹介していますので、合わせてお読みください。

 

 

エアコン内部のアルミフィンやファンを掃除する場合の洗剤は?

 

ひよこさんひよこさん

じゃあ、エアコン内部を掃除するときにオススメな洗剤ってなんだろう?

エアコン内部を掃除するときにオススメな洗剤は、100均などでも売っているオレンジクリーナーで問題ありません。

 

ゆうやゆうや

だけど、1つ注意として『アルミ』に使用できる洗剤を選ぼう!

理由としては、内部の熱交換器(アルミフィン)と呼ばれる部分が名前の通りアルミなので腐食してしまう可能性があります。

 

そして覚えておいて欲しいのですが、エアコン内部の掃除は家庭で行うよりもプロに掃除してもらうほうがオススメです。

 

詳しい理由は下記で紹介しますが、家庭で行う掃除よりも遙かにキレイになりますよ♪

 

エアコン掃除の洗剤は代用はできないの?

 

では、100均のオレンジクリーナー以外の洗剤で代用はできないのでしょうか?

 

代用としては手軽に入手できるものとして、クエン酸と水を混ぜたスプレーがオススメですね(^ ^)

 

クエン酸には抗酸化作用のほか、中和効果もあるためカビの除去はもちろんアルカリの汚れを落としてくれる効果があります。

 

さらに、菌の繁殖を抑える効果も期待できるので予防効果も◎

 

ゆうやゆうや

だけど、エアコン内部がカビているからといってカビキラーはオススメできないよ!

ひよこさんひよこさん

え、なんで?カビにはカビキラーじゃ・・・

エアコン掃除にカビキラーがオススメできない理由

 

掃除するときにエアコン内部を覗いてみるとカビだらけになっていることが多いので、掃除道具としてカビキラーを考える場合がありますが、おすすめできません。

 

これは、カビキラーがアルカリ性の薬剤という理由があり、内部のアルミフィンはアルカリ性や酸性に弱いため腐食の原因になりかねません。

 

さらに、成分が強力なため内部を完全に洗い流さなければ、残った成分がエアコンの風にのって体に吸収されたら健康に悪影響も考えられますよね。

 

ですので内部にカビが沢山発生してるからといって、カビキラーは危険ですので控えましょうね!

エアコン内部の掃除に洗浄スプレーはオススメできない!

 

もう1つ、エアコン内部を掃除に使用する洗剤の代用として洗浄スプレーがありますが、オススメはできません。

 

ゆうやゆうや

なんでオススメできないのか、理由は大きく分けて2つあるよ。

2つの理由!
  • アルミフィンの汚れを完全に落とせない
  • 洗い流すのが難しい

 

順番に解説していきますね!

スポンサーリンク

アルミフィンの汚れを完全に落とせない

 

洗浄スプレーを使用してアルミフィンを掃除していく場合、汚れを完全に取るのは難しいとされています。

 

これはアルミフィンの汚れている部分が裏側にあることによって見えない部分なため…というのも勿論ですが、なにより市販のスプレーの力(圧)では限界があります。

 

そのため、アルミフィンの後ろにあるファンの部分の汚れも完全には落とせていません。

 

つまり、汚れが落ちていないければエアコンから発生するカビ臭さもなくなりませんね。

洗い流すのが難しい

 

エアコン内部の掃除で重要なのはキレイにするのは勿論、洗い流すということも非常に重要です。

 

完全に洗い流せなければ、洗浄スプレーの薬剤が内部に残ってしまい、残った薬剤がカビの栄養となり繁殖の原因を増やしてしまうことになります。

 

そうなると、さらにエアコン内部は汚れてしまいますよね・・・

 

そのため完全に洗い流す必要があるのですが、エアコン内部はアルミフィンで隠れて、直接目には見えないところもあるため完全に洗い流すのが難しいです。

 

それ以外にも、洗浄スプレーをオススメできない理由があるのですが、詳しい内容は別の記事で紹介していますので合わせてお読みください!

 

 

内部の掃除はプロに任すのがおすすめ!

エアコン

 

ここまでエアコン掃除に必要な洗剤などを紹介してきましたが、やはり内部の掃除はプロに任すのが一番オススメです。

 

理由はとても簡単で、家庭で掃除をする場合には完全に汚れを落としきれないからです。

 

そのほかにも、洗い残しがあったりエアコンの心臓部である基盤に洗浄液が、かかってしまい故障の原因にもなったりすることが考えられます・・・

 

ですがプロなら内部の構造は勿論、掃除専用の特殊な洗剤や高圧洗浄で汚れを完全に落としてくれるので、見違えるほどキレイになりますよ(^ ^)

 

いままで一度も頼んだことがない場合は、一度頼んでみるのをオススメします♪

 

ちなみに数あるエアコン業者の中から、わたしはおそうじ革命をオススメしているので、合わせてお読みください。

 

 

エアコン掃除を自分でする場合の洗剤や代用をふりかえってみて!

エアコン掃除の道具

 

今回の記事では、エアコン掃除に必要な洗剤や代用などを紹介していきました!

 

簡単にまとめてみると…

簡単なまとめ!
  • 内部以外の洗剤はキッチン用の中性洗剤でOK!
  • 内部は100均のオレンジクリーナーでOK!
  • 代用はクエン酸と水を混ぜ合わせたものでも可能!
  • カビキラーや洗浄スプレーはおすすめできない!
  • 内部の掃除はプロに任すのがおすすめ!

 

エアコン掃除の洗剤は簡単に揃えられるものが多く、非常に便利ですが内部の掃除は一度プロに頼んでみるのがおすすめ。

 

内部の構造はエアコンによって変わるので、分解するのが難しく内部の構造も複雑です。

 

そのためプロにエアコンを完全にキレイにしてもらいつつ、メンテナンスの話を聞いてみてくださいね。

 

>>おそうじ革命の詳しい記事はコチラ!

 

なお、エアコンのトラブルや掃除に関することは、エアコン掃除に関する記事特集!にまとめていますので、合わせて読んでみてください。

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク