ひよこさんひよこさん

クエン酸って掃除によく使われるイメージだけど、エアコン掃除にも使えるの?

ゆうやゆうや

うん、使えるよ!だけど使っていくにあたってポイントがあるから、今回はポイントを確認しつつ掃除方法を紹介していくね。

非常に安価で手に入り、あらゆるところで活躍するクエン酸は、もちろんエアコンのフィルター掃除にも大活躍。

 

ですが、エアコンに発生したカビにも使用できるのでしょうか?

 

今回の記事では、クエン酸の簡単な説明やクエン酸を使用したフィルターの掃除方法などを紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

そもそもクエン酸ってどんな成分?

 

テレビなどで時々、掃除グッズとして紹介されるクエン酸ですが、そもそもどういった成分なのでしょうか?

 

一般的にはレモンなどの柑橘系に入っている成分という認識ですが、なんと人間の体内にも存在していて、安全な成分というのが1つの特徴ですね!

 

そのため、他の洗剤と違って小さいお子さんがいる家庭では、非常に頼りになる掃除道具です♪

 

ゆうやゆうや

だけど、成分自体が酸性だから吸い込むと喉がピリッとするので注意!笑

クエン酸と重曹の違いは?

 

ひよこさんひよこさん

重曹も掃除グッズとして大活躍だけど、クエン酸との違いはなんだろう?

ゆうやゆうや

良い質問だね!じゃあ簡単にクエン酸と重曹の違いを解説していくよ!

同じ掃除道具の1つである『重曹』とは一体どのような違いがあるのか、簡単に見ていきましょう。

 

これは成分の違いにありました。

 

クエン酸の成分は酸性に対して、重曹の成分はアルカリ性。

 

ですので、どの汚れを落とすかによってクエン酸か、重曹を使い分ける必要があります。

 

クエン酸はエアコンのカビに使用できる!?

エアコン掃除

 

ではエアコンに付着しているカビはクエン酸で掃除できるのでしょうか?

 

結論から先に答えると使用できません。

 

クエン酸で掃除できるのは『細菌』のみ、カビは酸をエサにしてしまうので、むしろ繁殖させる原因を作ってしまいます。

 

ちなみに細菌はノロウイルスや食中毒などのことを指し、カビとは別ですので注意してくださいね。

クエン酸を使用したエアコンのフィルターの掃除方法!

 

カビにクエン酸は効果はないですが、フィルター掃除に対しては使用できるので掃除方法も見ていきましょう!

 

使用する道具はコチラ。

掃除に必要な道具!
  • 掃除機
  • クエン酸
  • 綿棒

 

ひよこさんひよこさん

クエン酸以外は、どの家庭にもあるから誰でも手軽に用意ができるね!

スポンサーリンク

掃除を始めるまえにコンセントを抜いておく

エアコンのコンセント

 

まず安全のために周囲には何もない状態にしておきましょう。

 

このときに床に新聞紙を敷いておくと便利です。

 

そして、掃除を始めるまえにコンセントが抜かれていることは絶対に確認しておきましょう、

 

コンセントが刺さったままの場合、動いてなくても内部には最低限の電流が流れていて、怪我や火災の元にもなるので絶対に抜きましょう。

フィルターに付着している大きなホコリを掃除

エアコンフィルター

 

エアコンから外したフィルターを掃除機で吸い取ります。

 

このときに、フィルターの表面を掃除機で吸い取ってあげるとスムーズにホコリが吸い取れます。

ゆうやゆうや

逆に裏面から掃除機で吸い取ると、目詰まりの原因になるから注意してね!

 フィルターをクエン酸でつけ浸けおき

 

掃除機でフィルターに付着している大きなホコリが掃除できたら、クエン酸の出番です。

 

フィルターが浸けれるほどの面積に水を張り、少し多めのクエン酸を入れてフィルターを浸けときましょう。

 

浸け込むことによって、スプレーと違ってじっくり汚れを落とすことができ、ヤニが付着している場合も効率よく落とすことができますよ。

 

ゆうやゆうや

ちなみに浸けておく時間は、大体20〜30分ほどで十分だね。

 

浸け終わったら、軽く汚れを拭き取ってあげて、隅っこに汚れがある場合は綿棒でキレイにしてあげます。

フィルターを乾かす!

空

 

フィルターの掃除が終わったら乾いた布で水気を拭き取り、通気性が良いところで乾かしてあげましょう。

 

このときに拭くだけだと、フィルターは完全に乾ききらないのでカビの原因になります。

 

大体1時間ほどあれば乾くので、乾いたら掃除は終了です!

クエン酸をエアコン掃除に使用するときの注意点!

クエン酸と水を合わせたスプレー

 

ゆうやゆうや

エアコン掃除にも使える使い勝手の良いクエン酸だけど、注意点が3つほどあるんだ。

クエン酸掃除の注意点!
  • 混ぜるな危険!
  • 目に入るとめちゃくちゃ痛い!
  • 湿気に弱いのでカビが発生しやすい!

 

簡単に解説していきますね。

混ぜるな危険!

 

クエン酸は扱いやすい掃除道具の1つなので、他の道具と混ぜて使用する場合もあります。

 

ですが、塩素系の洗剤(漂白剤など)とは絶対に混ぜないようにしてください。

 

仮に混ぜてしまうと、有毒ガスが発生する原因にもなってしまうので、混ぜる場合は事前の下調べは必須です!

目に入るとめちゃくちゃ痛い!

 

クエン酸は、安心安全の掃除道具として有名ですが酸性なので、目に入るとめちゃくちゃ痛いです。

 

万が一目に入ってしまったら、すぐにキレイにお水で目を洗ってあげてください。

 

それでも痛いが取れなかった場合は、お医者さんに診てもらってくださいね。

湿気に弱いのでカビが発生しやすい!

カビ

 

クエン酸は、湿気に弱いのでカビがとても発生しやすいです。

 

上記でもお伝えした通り、カビは酸をエサにしてしまうので、一度繁殖すると止めるのが難しいです。

 

そのため、カビが発生しないように乾燥した冷暗所に保存しておくのがオススメですね♪

 

ひよこさんひよこさん

大量にクエン酸を購入する人は注意だね。

エアコンのフィルター掃除に大活躍なクエン酸をふりかえってみて!

エアコン

 

今回の記事では、エアコンのフィルター掃除に大活躍するクエン酸の紹介をしていきました!

 

簡単にまとめてみると…

簡単なまとめ!
  • クエン酸と重曹の違いは成分の違い!
  • カビにはクエン酸は使用できない!
  • フィルターは掃除はクエン酸を浸けおき!
  • 塩素系の洗剤と混ぜるのは危険!

 

クエン酸は100均などでも売っていて、非常に手に入りやすく掃除では幅広く活躍できるので掃除が楽しくなりますよ!

 

また、成分の違う重曹も合わせて持っておくと、便利なのでセットで揃えてみてはいかがですか?

 

なお、エアコンのトラブルや掃除に関することは、エアコン掃除に関する記事特集!にまとめていますので、合わせて読んでみてください。

 

それでは最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク