どうもみなさんゆうやです(^ ^)

 

5月27日のミライモンスターでは女子体操の畠田千愛選手に密着していますね!

 

体操界の【ひねり】といえば、ひねり王子こと白井健三選手が有名ですが、女子体操では畠田千愛選手が【ひねり姫】と言われています。

 

もちろん、ひねり姫と言われているだけあって、驚くべきひねりを見せてくれるのですが、今回の記事ではそんな畠田千愛選手のプロフィールからひねり姫の由来、そして家族まで紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

 

ミライモンスター出演!畠田千愛のプロフィール!

  • 名前:畠田千愛(はたけだ ちあき)
  • 生まれ:2004年
  • 年齢:13歳
  • 出身地:東京都町田市
  • 所属:セントラル目黒

※2018年5月26日現在

まだ13歳ということで、あどけなさが残る畠田千愛選手。

 

体操選手で成長期でもあるため、体型維持などが人一倍難しそうなイメージですが、なんとプライベートではお菓子をよく作るのだそうです♪

 

そのため、お菓子を作る動画なども見ているらしく、プライベートになると、どこにでもいる可愛い女の子という感じですね!

 

ちなみに体操を始めたキッカケは父親の影響で、当時3歳だった畠田千愛選手はバク転の練習をしていたんだとか。

 

では、3歳でバク転の練習をしていたところも驚きですが、父親について調べて見たところ、家族が体操一家だったので、こちらも紹介していきますね(^ ^)

 

畠田千愛の家族は?

 

畠田千愛選手の家族は父親と母親、姉の4人家族。

 

1人ずつ簡単にまとめていきます!

 

畠田千愛の父親と母親

  • 名前:畠田好章(はたけだ あきよし)
  • 生まれ:1972年
  • 年齢:46歳
  • 出身地:東京都

※2018年5月26日現在

畠田好章さんは、元男子体操選手。

 

現在は日本体育大学で体操競技部の監督をしています(^ ^)

 

そして日本体育大学といえば白井健三選手が在籍していて、畠田好章さんが監督をしていますね!

 

なので、実の娘である畠田千愛選手には直接指導していなく、指導をしているのは母親の畠田由紀子さんでした。

 

なので、畠田由紀子さんの詳しいプロフィールも紹介しようと思ったのですが、詳しいプロフィールがなく分かりませんでした…

畠田千愛の姉

畠田瞳

  • 名前:畠田瞳(はたけだ ひとみ)
  • 生まれ:2000年
  • 年齢:17歳
  • 出身地:東京都町田市
  • 所属:セントラル目黒

※2018年5月26日現在

畠田瞳選手も体操の選手で、お互い刺激しあって成長しているみたいです。

 

いつしか姉妹でオリンピック出場してほしいですね!

 

畠田千愛は女子体操界のひねり姫!

 

畠田千愛選手は、ひねり王子ならぬ【ひねり姫】と言われていますが、いつからひねり姫と言われるようになったのでしょうか?

 

これは、全日本体操団体選手権大会にて当時、小学生だった畠田千愛選手は平均台と床に出場。

 

そして、大舞台にも関わらずF難度の3回ひねりを披露。

 

なんと床では誰も挑戦していなかった大技で、着地こそ乱れがありましたが元体操選手の田中理恵選手も絶賛!

 

この大会以降、畠田千愛選手はひねり姫と言われるようになり、一気に注目が集まりました。

 

 

凄いですね(^ ^)

 

ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが体操の難度はAが一番簡単でB、C、D…と難しくなっていきます。

 

なので小学生にしてF難度に挑戦するということは、かなりの勇気がいるということが分かりますね!

 

 

ミライモンスターなどのフジテレビの番組を見逃してしまった方のために!

ミライモンスター

 

最後になるのですが、ミライモンスターや、昼顔、テラスハウスなどのフジテレビが放送する人気番組を視聴できるサービスがあります。

 

もちろん違法動画サイトは使用しません。

 

それは、FOD(フジテレビオンデマンド)という動画サービスを利用します。

 

現在期間限定で、Amazonアカウントからログインし、月額888円を支払うことで最初の1か月が無料でお試しすることができます!

 

FOD

 

しかも最初の一か月以内に解約すると、月額の利用料金は発生しないというオマケ付き。

 

また、FODは月の8日、18日、28日に400ポイントずつ貰えて、電子書籍もポイントで購入することができてしまいます♪

 

FOD電子書籍

 

さすが期間限定ということもあり、かなり太っ腹なのでFODを利用しない手はないですよ。

 

公式サイトへ移動します>>>FODプレミアム

 

最後まで閲覧ありがとうございました、また次回お会いしましょう!

スポンサーリンク