義母と娘のブルース

 

綾瀬はるかさん主演の人気ドラマ・義母と娘のブルース。

 

実写化される場合、終わり方は同じ場合も違う場合も様々ですが、義母と娘のブルースはどのような最終回になるのでしょう?

 

そこで今回の記事では、元となった原作の最終回の結末を紹介していきます!

 

原作を知っていると、ドラマはどんなふうに終わるのかな?という新しい見方もできて、より楽しむことができますよ♪

スポンサーリンク

 

義母と娘のブルースの最終回までのあらすじ

原作

 

みゆきも亜希子に心を許し、新しい家族3人で幸せに暮らして行けると思っていた矢先、良一が病気で倒れ、亡くなってしまいます。

 

残された亜希子とみゆき。

 

そのとき、みゆきは初めて亜希子を「おかあさん」と呼ぶのでした。

 

そして月日は流れ、みゆきは結婚し、2児の母に。

 

しかし新たな義母とうまくいかない日々を過ごしていました。

 

一方亜希子は、会社を立ち上げ、社長としてまたバリバリと働きながらも、時折さみしさを感じることも。

 

そんなある日、我慢の限界を感じたみゆきは亜希子に会いに行きます。

 

亜希子にお願いをし、2人の子どもとしばらく居候させてもらうことになったのでした。

 

義母と娘のブルースの最終回の結末!(ネタバレあり!)

 

久しぶりにみゆきとかわいい孫に会えた亜希子はごきげん。

 

ある日の夜、久しぶりにゆっくりと会えた二人は、話しに花を咲かせるのでした。

 

そしてあまりに楽しすぎたのか亜希子は酔いつぶれてしまい、みゆきはおぶってベッドへ連れて行きます。

 

小さくなった亜希子の体を感じ、眠る亜希子を見つめるのでした。

 

それからもみゆきは一緒に過ごす日々の中で亜希子の老いを感じます。

 

家出から1ヶ月程過ぎたある日、みゆきは夫と電話で話しをします。

 

丁度、夫も自分の母親の老いを感じていたようで、みゆきに帰ってきてほしいとお願いします。

 

しかしみゆきはすぐに返事をできません。

 

身寄りのない自分を育ててくれた亜希子に親孝行できるのは、今しかないような気がして迷っている気持ちを正直に打ち明けます。

 

そんなみゆきの気持ちを偶然聞いてしまった亜希子は、引越会社に電話をかけ、みゆきの荷物を義理実家に運んでもらうよう手配します。

 

そしていつも以上に仕事に打ち込み、その夜、泥酔した亜希子は路上で寝てしまいます。

 

目が覚めると、病院。

スポンサーリンク

 

みゆきは怒りながらも、亜希子への感謝の気持ちを伝え、自分にもっと頼ってほしいと泣き喚きます。

 

すると亜希子は口を開き…

 

あなたを育てようと思ったのは私のエゴ。

良一さんの余命を知って結婚した。

 

両親を亡くし祖母に育てられた自分とみゆきを重ね、小さい頃の自分を幸せにしようとしただけ。

そのために仮面夫婦になったのと。

 

そんな亜希子のセリフをみゆきは泣きながら笑い飛ばし、こう言うのです。

 

パパを本気で愛してたって知ってるよ!それにそれはエゴなんかじゃなくって、世間ではそういうのを…

 

愛っていうんだよ!

 

みゆきと手をとりあった亜希子は、ひとりでも生きていけるようにと祖母に言われ続け、いつしか抜け出せなくなっていたその言葉から、やっと解放された、と思うのでした。

 

退院後、家に帰るとそこには、みゆきと二人の子供、そしてみゆきの夫、姑がいました。驚く亜希子にみゆきは

 

「みんなで住むことにしたの!」と言うのです。

 

それからは家族みんなで穏やかに暮らしました。

 

そこには、厳しい亜希子の姿はなく、もうすべてみゆきにまかせてみよう、とのんびりと過ごすのでした。

 

ある日の夜。

 

何やら書類に目を通す亜希子に…

 

 「すべてみゆきにまかせるんじゃなかったの?」と声をかける人影が。

 

 顔をあげるとそこには良一がいたのです。

 

 「会いたかった。会いたかった…!良一さん!!」

 

そして亜希子は天国へ旅立ちました。

 

 「今まで見守ってくれてありがとう…かあさん。」

 

涙を流すみゆきの笑顔で物語は終わります。

 

 

義母と娘のブルースの最終回の結末をふりかえってみて!

 

今回の記事では、義母と娘のブルースの最終回の結末を紹介していきました!

 

一度読んだはずなのに、終わりを知っているはずなのに、また涙が出てきてしまう…

 

何度読んでも感動できる作品だと思います。

 

読み終わる頃には、亜希子の一生が幸せなものであったこと、みゆきの一生が幸せなものであることを、心から願う、そんなあたたかい気持ちになっています。

 

まさに愛にあふれる4コマ漫画。

 

文字だけでは伝わらない感動がありますので、ぜひ、原作の漫画を読んでみてくださいね♪

 

さて、ドラマではどのようなエンディングを迎えるのでしょうか?

 

ますます楽しみですね!

 

それでは最後までありがとうございました。