2018年7月からフジテレビにて放送される、吉岡里帆さん主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』。

 

キャストには、吉岡里帆さんを始め、井浦新さん、田中圭さん、遠藤憲一さんなど豪華キャスト陣が勢ぞろいです!

 

このドラマは、原作コミックがドラマ化されたということで、今回の記事では原作とドラマの違いについてまとめてみました。

 

よかったら最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度な生活のあらすじ

あらすじ

 

このドラマの主人公・義経えみるは、ごくごく平均的で安定志向の新人公務員。

 

ところが、「生活保護受給者」を支援するケースワーカーというお仕事にいきなり就くことに。

 

そして、とある事件をきっかけに一念発起。壁にぶつかり、喜び、悲しみ、時には怒り…

 

「助けたい」というシンプルな想いに突き動かされる主人公の成長物語が、今を生きる全ての人への応援歌に!

 

 笑って泣けるヒューマンドラマが始まります!!

 

コミカルにシリアスに描かれているストーリー。

 

安定志向を目指して入った公務員が繰り出すストーリーと言った点では、ストーリーの始まりが原作とは違っています。

 

健康で文化的な最低限度な生活の登場人物の違い

 

まずは原作でも活躍されている主要人物とドラマとの設定の違いについてご紹介していきます。

 

主人公・義経えみる(役 吉岡里帆)

 

ドラマのあらすじでは主人公のえみるは、安定を求めて公務員になったと設定されていますが、原作では公務員になった理由は書かれていません。

 

安定の求めて公務員になったのはドラマのオリジナル設定のようですね。

 

それ以外のエミルの性格については原作と全く同じように設定されています。

 

外見から見ても白いシャツに自転車、一生懸命さが伝わる主人公です。

原作に近づけて再現されていますよね!

 

 

えみるの同期・七條竜一(役 山田裕貴)

 

母子家庭で育った母親想いの青年、七條竜一と原作では設定されているのですが、ドラマでは「熱血マザコン公務員」と設定されています。

 

キャラクター設定が変わるだけでも、物語が原作と変わってくるように感じますね。

 

外見は、原作をしっかりと再現されたような設定です。

すごく似ています!

 

でも、性格的な設定は原作とは違った設定なようで、ドラマではどのように影響するのでしょうか…?

 

 

半田明伸(役 井浦新)

 

原作に登場する半田さんは、主人公えみるの良き指導役。

 

エミルを支えて励ましてくれる心強い役柄ですよね。

 

原作では、少しいかついようなおっとりとしたような外見の人ですが、ドラマ版では井浦さんがかっこよすぎます笑

 

原作のようにキャラに近づけて演じられていますが、こんなイケメンの人に支えられながらお仕事が出来るのはすごく羨ましく感じられます!

スポンサーリンク

 

 

栗橋千奈(役 川栄李奈)

 

川栄李奈さんが演じる栗橋千奈は原作では、てきぱきを仕事をこなし、頭脳明晰な役柄ですが、ちょっぴり冷徹な一面も。

 

一方でドラマでは、原作と違って頭でっかちな役柄のようです。

 

外見は、ショートヘアの原作に対し、ドラマではロングヘアで可愛い女の子です。

 

川栄李奈さん自身も、今までに演じたことのない系統のキャラクターなので、新境地なんだとか。

 

ドラマオリジナルキャスト

漫画

 

ドラマ版の健康で文化的な最低限度な生活では、原作と違いオリジナルキャストが存在しています!

 

それがコチラ。

  • 南英里佳・・・安座間美優
  • 向井里香・・・谷まりあ
  • 川岸彩・・・鈴木アメリ
  • 石橋五郎・・・内場勝則
  • 青柳円・・・徳永えり

 

今後の展開にどのような影響を及ぼしていくか、すごく気になりますね!

 

健康で文化的な最低限度な生活の原作とドラマの違いをふりかえってみて!

健康で文化的な最低限度な生活

 

今回の記事では、健康で文化的な最低限度な生活の原作とドラマの違いを紹介していきました!

 

すでに物語が終えている原作をもとにドラマ化された作品はたくさんありますが、今回の作品の原作は現在も続いています。

 

なのでドラマでは原作とは違って、オリジナルなラストを迎えるんだと思うので原作ファン必見かもしれません!

 

ドラマオリジナルキャストも登場していて。ある意味新しい作品としても楽しめる、ドラマ「健康で文化的な最低限度な生活」。

 

今後の展開が楽しみです。ぜひ、原作も読んでみてくださいね♪

スポンサーリンク