健康で文化的な最低限度な生活

 

「健康で文化的な最低限度の生活」の2話は、義経えみる(吉岡里帆)が、シングルマザーの日下部聡美(江口のりこ)を担当するストーリーです。

 

この聡美の息子、欣也(吉村界人)が、生活保護の不正受給の疑いがあるということのようです。

 

今回の件について、えみるはどのように向かっていくのでしょうか。

 

よければ最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活の2話のあらすじ!ネタバレあり!

あらすじ

 

1話で、えみるは自信が付き、「この仕事やっていけるかも…」という思いが出てきました。

 

そして、2話では新たな受給者に立ち向かっていきます。

 

今回の担当は、シングルマザーの聡美。

 

高校生の息子(欣也)がおり、えみるは家計を助けるためにはアルバイトをするように勧めます。

 

また聡美にはもう一人、リナという名前の娘が。

 

あるとき聡美はリナのSNSを見てみると、カフェやスイーツ店の写真がたくさん並んでいるところを発見。

 

お小遣いだけでは行けるようなお店ではないことに、聡美は不安を感じました。

 

一方で息子の欣也は、母の目を盗んで、利場にお金を渡しているようでした。

 

また、区役所では、不正時給についての説明を受けていました。

 

そして、不正を指摘された世帯のリストを受け取ったえみるは、そこに“日下部欣也”と書かれていたことに困惑するのでした…

 

この出来事に、えみるはどのように立ち向かっていくのでしょうか?

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活の2話・感想!

感想

 

今回の健康で文化的な最低限度な生活では、義経えみるが不正受給の件を担当したストーリーでした。

 

まだまだ新人のえみるにとっては、今回の出来事は難しいものだったようです。

 

自分でいろいろと考え、行動に移すえみるですが…

 

もう少し上司と相談してから対応した方が良かったのかも。

 

生活保護のルールには、いかなる理由があっても、従わなければいけません。

 

それがたとえ、知らなかったとはいえ…「知らなかった」は通用しないんですね。

 

そして、えみるもこのことについて理解していなかったようです。

 

「全額ではないかも」と言ってしまったことが、後に欣也を怒らせてしまいます。

 

欣也がアルバイトをしていたことが、報告されていなかったことについて問題になっており、生活保護の不正時給で、全額、市役所の方に返還になるようです。

夜

 

勉強不足だと、時には周りの人の人生を狂わせてしまう…

 

迷惑をかけるだけではなく、人生がめちゃくちゃになる場合も考えなければいけない、大変な仕事だということを、改めて体感しましたね。

 

知識不足で、間違ったことを言うことで、相手の人生が変わってしまうんですよね…

 

お金がないのに、お金を返さなければいけない状況になった日下部家。

 

このストーリーは3話へと突入するのですが、どのような結末を迎えることになるのでしょうか?

 

すごく気になります!

 

 

健康で文化的な最低限度の生活の2話・評価!

1人

 

受給者を救うのがケースワーカーの仕事だけど、どこまで寄り添うべきかの境界線は確かに難しそうですね。

 

境界線よりも中に入り込むことで、受給者をかえって傷つけてしまうことも。

 

上司や先輩は、厳しいながらにも、思いやりを持った発言をされており、えみるがどう感じてどのように行動するかによって、大きく成長していけるのかもしれませんね。

 

そして、寄り添うのは大事だけど、むやみにかばうのは違うという半田さんの言葉はすごく心に残る言葉でした。

すごく考えさせられます。

 

今回のストーリーでは、欣也がバイト代で使っていたものは最低限度の生活の必要なものではなかったかもしれません。

 

その反面で、単に無駄遣いをしていたり生活保護を甘く見ていたかというと、それも違う気がするので、今回の問題はとても難しいものとして取り上げられています。

 

何か良い解決方法はあるのでしょうか。

 

どうやって挽回をしていくのか、3話では、えみるの活躍に注目ですね。

 

健康で文化的な最低限度の生活の3話のあらすじ!ネタバレあり! 

健康で文化的な最低限度な生活

 

日下部家で、欣也がバイトをして、生活保護費の不正受給になってしまったということが、2話で明らかになり、全額返還が絶対だと言われたことに対し、欣也はお怒りモードに。

 

全額返金だということを把握していなかったえみるが、欣也に一部免除されるかもと言ってしまったことで、トラブルが起こってしまいます。

 

一部免除と聞かされていたのに、全額と言われれば…

落ち込みますよね…

 

ここからどうやって解決に向かうのかが、3話の始まりです。

 

今でもバイトをしており、60万円の返済額に膨れ上がってしまいます。

バイトのお金でギターやCDにお金をつぎ込んだことに、母親の聡美は怒りを覚えます。

 

そして、欣也もまた、全額返還に納得がいかない様子。

怒りでギターを壊してしまいました。

 

解決をするには、まずは欣也との信頼関係を取り戻すところから始めなければいけないという結果になり、ギターを持ってえみるは、日下部家を訪れます。

 

しかし、聡美に音楽とかやっている場合じゃないと、険悪な雰囲気になってしまいます。

 

欣也には万引きが原因で逮捕歴があったことも、後に知ることになります。

 

欣也はどうなるのでしょうか?

 

健康で文化的な最低限度の生活・3話の感想!

感想

 

2話の続きから始まった「健康で文化的な最低限度の生活」の3話。

 

絶体絶命で救いようのないピンチにおちいりましたが、最終的にはちゃんと解決することが出来て良かったです。

 

「一部返還しなくてもいいかも」というえみるの発言から事件が始まり、信頼を取り戻そうとするのですが、そう簡単ではありません。

 

信頼を取り戻そうと頑張るえみると、サポートする半田さん。

半田さんの厳しくも優しいサポートに心が少し暖かくなります。

 

半田さんと共に、生活保護について説明をし、夢を諦めなくていいと納得すると、バイトも音楽も続ける決心をします。

 

えみるの間違った一言のせいで人生が台無しになったことに怒り狂う欣也の気持ちも、学生目線で見ると、分かるような気がしますね…

 

お金の返還はこの先も大変だと思いますが、少しずつ家庭が良くなっていくと良いですよね。

 

健康で文化的な最低限度の生活・3話の評価!

評価

 

今回の見どころは、アルバイト収入を申告していなかったがために不正受給とみなされ、60万円全額返金しないといけないと言われ、納得のいかない欣也。

 

えみるは欣也からの信頼を失い、欣也はギターを壊すなど荒れ狂ってしまいます。

 

こんな状態から、どのように欣也を説得するのかが今回のストーリーのポイントです。

 

えみるの真っすぐな演技は、視聴者からの評価もよく、視聴率が上がる瞬間でもあります。

必死で説得し、想いが届いたシーンは、今回のストーリーでは一番の見どころだと言ってもいいでしょう。

 

健康で文化的な最低限度の生活は、明るい間隔で描かれていますが、内容はすごくシリアスなもの。

 

また、高視聴率を獲得することが難しいようなテーマであることから、今の段階でも視聴率は低いです。

 

でも、現実を知る権利はみんなにあります。

そして、現実から目をそらしてはいけないんですね。

 

えみるを応援する気持ちもあり、ストーリーに真剣に向き合う姿勢も、このドラマには必要な要素です。

 

えみるの成長を見守りつつ、現実ではどんなことが起こっているのかを、是非一人でも多くの人に知ってほしいと思います。

 

ストーリーはまだ3話ですが、この段階でもいろいろなことが伝わってきます。

 

そして4話はシングルマザーのストーリーです。

 

少しずつ成長していくえみるは、どのように向き合うのでしょうか?

 

えみるの真っすぐな演技への評価も高いです!!

スポンサーリンク