義母と娘のブルース

 

7月24日(火)に3話が放送された義母と娘のブルース。

 

みゆきを守るべく、PTAを廃止に追い込むため、運動会を1人で成し遂げてみせると宣言。一悶着ありましたが、最後には和解し、みんなが幸せになる方法に落ち着きました。

 

 

さて、そんな3話でしたが、今回はロケ地を紹介します。

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

3話の撮影場所ロケ地・スーパーマーケット

 

2話でも、使用されていた、亜希子とみゆきがお買い物をしているスーパーマーケット。

 

ロケ地としていくつか情報がありました。

 

ロケ地として使われたのは、ミエル川口

 

(住所:埼玉県川口市本町2-7-25)

 

ヤマダ電機の看板部分をZEONに替えたようです。

 

ただ、こちらが撮影に使われたのは、外観だけ。

3話のスーパー内のロケ地

 

スーパー内のロケ地として使われたのは、カスミ フードスクエア江戸崎パンプ店

 

江戸崎ショッピングセンター「パンプ」内にあるスーパーです。

 

(住所:茨城県稲敷市江戸崎甲4936)

このスーパーは茨城県で102店舗、千葉県37店舗、埼玉県32店舗、栃木県8店舗、群馬県6店舗、東京2店舗、合わせて187店舗を、茨城県を中心に関東圏で展開しています。

 

※外観はドラマでは使用されていません。

 

こちらは2話のスーパー内の情報です。

 

 

ドラマ内のスーパー「ZEON」の横にFOOD SQUAREの文字がありますから、おそらく「KASUMI」の文字がある部分のみを撮影用に替えたのですね。

 

ただ、3話では、みゆきと亜希子が買い物をしているスーパーには「スーパーカネマツ」の文字が。

 

 

ここはまた場所を替えて撮影したのでしょうか。

こちらに関しての情報はありませんでした。

 

3話の撮影場所ロケ地・小学校

 

みゆきが通っている大田区緑ヶ丘西小学校のロケ地は、川島町立出丸小学校

 

(住所:埼玉県比企郡川島町上大屋敷100)

 

 

川島町立出丸小学校は平成30年3月に閉校。4月からは三保谷小学校と統合し、「つばさ南小」となっています。

 

統合後は旧三保谷小を校舎として使用しているため、撮影がしやすいように、使われていない出丸小学校をロケ地として採用したのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

3話の撮影場所ロケ地・駅前

 

良一がPTA役員からの電話を受けた時に歩いていた場所のロケ地は、JR上野駅不忍口周辺

 

電話を受けた場所はヨドバシカメラ マルチメディア上野店の前です。

 

(住所:東京都台東区上野4-10-10)

 

 

3話の撮影場所ロケ地・ドン・キホーテ

 

亜希子が田口用に警察官のコスチュームを購入したドン・キホーテのロケ地は、MEGAドン・キホーテ 大森山王店

 

(住所:東京都大田区山王3-6-3)

 

 

Twitterにもあるように、ドラマ設定の2009年にはダイシン百貨店だったそうですが、ドン・キホーテのまま使われていましたね。

 

今でも運営は、株式会社ダイシン百貨店とのことです。

 

3話の撮影場所ロケ地・山王大学付属病院

 

良一が通う病院として最後に登場する病院のロケ地は、国立成育医療研究センター

 

(住所:東京都世田谷区大蔵2丁目10番1号)

 

特徴的な黄色い四角のオブジェが一致していますし、間違いないですね。

 

小児・周産期医療を主としている病院で、SNSでの情報でも出産に関わる内容での情報でした。

 

 

 

@monsieur813がシェアした投稿

 

その他ロケ地

 

他にも、署名をもらいに行った化粧品販売店や川沿いの公園、レストランを調べてみましたが、確かな情報は出ていませんでした。

 

化粧品販売店については、後ろに置いてある物の中に、「Weleda」の歯磨き粉やオイルのような物が見えました。

 

東京、埼玉、神奈川、茨城あたりでWeledaを取り扱っている販売店を調べてみたものの、目ぼしいところを見つけられませんでした。

 

大田区大森を舞台にしているということで、アトレ大森のシャン・ド・エルブが近いように見えますが、エスカレーターの配置等を見ると、ここではなさそうです。

 

 

また、レストランでは、後ろのドアに「ガスト」の文字が見えるので、ガストで撮影されたことは間違いないでしょう。どこのガストかは、情報がありませんでした。

 

 

義母と娘のブルースの3話の撮影場所とロケ地をふりかえってみて!

義母と娘のブルース

 

今回の記事では、義母と娘のブルースの3話の撮影場所とロケ地を紹介してきました!

 

私も以前、地元でドラマ撮影が行われていたことがあるのですが、離れた場所で撮影された映像が、自然に見えるよう上手くつなぎ合わせて編集されていました。

 

今回も外観はここのスーパーなのに、買い物の様子は違うスーパー。また東京都内だけではなく様々な場所で撮影されていますね。

 

 

リアリティがあるけれど、架空の町。だからこそ私たちはドラマを新しい物語として楽しむことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク