義母と娘のブルース

 

綾瀬はるかさんが主演を務める2018年の夏ドラマ、義母と娘のブルース。

 

コミカルなシーンもありつつ、シリアスなシーンもありと、毎週楽しみなドラマの1つですよね。

 

そこで今回の記事では、義母と娘のブルースを担当したプロデューサーについて紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

義母と娘のブルースのプロデューサーは誰?

 

義母と娘のブルースのプロデュースを担当しているのは…

  • 飯田和孝
  • 中井芳彦
  • 大形美佑葵

の3名です。

 

順番に紹介していきますね♪

プロデューサー・飯田和孝

飯田和孝

生まれは日本一熱い埼玉県熊谷市。

 

早稲田大学卒業後、2005年にTBSへ入社されました。

 

プロデューサーとしての初ドラマは「倍返しだ!」で有名な半沢直樹

 

その後のプロデュース作品は全部で6作品。

 

作品名
  • 2014年:夜のせんせい
  • 2015年:天皇の料理番(主演・佐藤健さん)
  • 2016年:わたしを離さないで、せいせいするほど、愛してる(主演・綾瀬はるか)
  • 2017年:小さな巨人
  • 2017年:陸王

 

今回、宮本亜希子役を演じる綾瀬はるかさん、麦田章役を演じる佐藤健さんとは以前もドラマで関わったことがあるようです。

 

今までのプロデュース作品は、観たことがあるものもそうでないものもありますが、全体の印象としてシリアスなドラマが多いように感じます。

 

特に綾瀬はるかさん主演の「わたしを離さないで」は、笑いの要素は一切ない、難しいテーマの作品。

 

今回のドラマも、家族の愛がテーマとなっているため、決して真面目じゃないわけではないのですが、コミカルな一面もたくさん盛り込まれている作品となっていますね。

 

そのため、飯田さんにとって、今までにないタイプの作品のプロデュースなのではないでしょうか?

プロデューサー・中井芳彦

初めてプロデュースしたドラマは「新参者」。

 

その後のプロデュース作品は3作品。

 

作品名
  • 2011年:JIN-仁-第2期 (主演・綾瀬はるか)
  • 2012年:ビギナーズ!
  • 2013年:クロコーチ

 

中井芳彦さんもまた、今回主演の綾瀬はるかさんの出演作品に関わったことがあるようです。

 

また、飯田和孝さん同様、ドラマのジャンルも様々ですね。

 

似たようなジャンルを担当するのだと思っていましたが、みなさん偏ることなく様々な作品を担当されるのですね。

スポンサーリンク

 

プロデューサー・大形美佑葵(みゆき)

 

大形さんは、なんと義母と娘のブルースが初めてプロデュースするドラマのようです。

 

ただ、プロデュース経験がないわけではなく映画「全開の唄(2015年10月2日公開)」でのプロデュース経験をお持ちです。

 

プロデュース作品はなかなか見当たりませんでしたが、ドラマの予告動画の作成には多く携わっていたようです。

作品名
  • 2011年:JIN-仁-
  • 2011年:南極大陸
  • 2013年:とんび
  • 2015年:天皇の料理番
  • 2016年:わたしを離さないで

 

JINでは中井芳彦さんと、天皇の料理番・わたしを離さないででは飯田和孝さんと一緒にお仕事をされていた経験がありました。

 

ちなみにJINの主題歌は今回と同じくMISIAさんの楽曲なので、JINと今回のドラマとでは4人の方々がまた改めて関わっていることがわかりました♪

 

 

プロデューサー日記

感想

 

実は飯田和孝さんは、「義母と娘のブルース」公式ホームページで毎回プロデューサー日記を更新しています。

 

 

プロデューサー日記>プロデューサー飯田の「これでも一生懸命やっているのですが…orz」

 

 

私も読んでみましたが、撮影の裏話などが詳しく更新されており、まさにここだけでしか知ることのできない情報満載で、とても面白かったですよ♪

 

好きなドラマのSNSなどはフォローをしてよく見ているのですが、公式HPでブログが更新されているのは知りませんでした。

 

今後はSNSだけでなく公式ホームページも要チェック!ですね。

 

ちなみに飯田和孝さんは、これまでのプロデュース作品でもプロデューサー日記を更新されています。

 

また、他のドラマ公式HPを見てみましたが、WEB担当者という形で更新されているページはあれど、プロデューサーさんが名前を出して更新されているページは他にありませんでした。

 

どんなスタイルでもそれぞれの良さがありますが、誰が書いているのかがわかる日記は、読み手としてはより親近感を持って読むことができますね。

 

 

義母と娘のブルースのプロデューサーは誰を振り返ってみて!

義母と娘のブルース

 

今回の記事では。義母と娘のブルースのプロデューサー3人を紹介していきました!

 

ドラマを観ていると、ついつい出演者に注目していますが、ドラマを作り上げるのにはプロデューサーの他にも、演出担当や音楽担当、公式HPには載っていない様々な方々が関わっているということを改めて感じました。

 

私はドラマが大好きなので、毎週ワクワク楽しみをもらえるドラマが当たりまえに観れること、本当に嬉しいです♪

 

ドラマに携わっているたくさんの方々を、これからも陰ながら応援したいと思います!

 

 

それでは最後までありがとうございました。

スポンサーリンク