健康で文化的な最低限度な生活

 

この曲を聞くとあのドラマを思い出す…。そんな曲はありませんか?

 

特に心に残るシーンでは主題歌が使われることが多いので、毎週繰り返し聴くうちに、大好きな曲になってしまったなんてもありますよね。

 

私のプレイリストにはドラマの主題歌だったお気に入りの曲がたくさん入っています♪

 

主題歌というのは、ドラマの大事なイメージにもなる。

 

今回の記事では、そんな健康で文化的な最低限度の生活の主題歌と挿入歌そしてBGMについて紹介していきます!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活の主題歌はAAA!

マイク

 

健康で文化的な最低限度の生活の主題歌はAAAが担当します。

 

AAAによる初の火9ドラマの主題歌! 

 

主題歌「Tomorrow」は、書き下ろしの新曲で、AAAとしては約3年ぶりとなるバラード。

 

支えを失った喪失感を抱えながらも、大切な人がくれた愛や言葉を胸に、明日へ強く踏み出していこうとするメッセージを込めて作られています。

 

AAAの日高光啓さんは、健康で文化的な最低限度の生活の原作マンガのファンだと言います♪

 

自分の大好きな漫画の主題歌を歌うことが出来るのはすごく嬉しいですよね!

 

「このような形で関わらせていただけることをとてもありがたく思います。生活保護の話、なんて文面だけだと頭に入りにくそうかもしれませんが、確実に僕の話で、あなたの話で、あなたの住む街の話である事、近寄りがたい話ではないという事を、(主人公の)えみる達の成長と合わせて感じられる日が楽しみです。何よりこのドラマをいろんな方に見ていただきたいですし、僕たちの楽曲が少しでも力になれたらそんなに嬉しいことはありません」

 

と、主題歌を担当することへの喜びを語っていました!

 

AAAの話題曲と言えば!2014年7月にリリースしたシングル「Wake up!」 が、アニメワンピースのオープニング曲として選ばれましたよね。

 

この歌を聴くと、ワンピースのキャラクターの魅力がすごく伝わってきて、毎朝ワンピースを見るのが楽しみでした笑

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活のOPテーマ

主題歌

 

健康で文化的な最低限度の生活のOPテーマを担当するのは安田レイさん。

 

安田レイさんは、健康で文化的な最低限度の生活の原作漫画を読まれたことがあり、面白くてファンになるほどだと言います。

 

そんな漫画のOPテーマを手掛けることになり、すごく嬉しく思っているようですね♪

 

曲名はSunny

 

OPテーマには、ふさわしいと言ってもいい明るい曲調でドラマが始まります。

 

ちなみにSunnyは、8月14日に先行配信されたのち、8月22日にシングルとしてリリースされます。

 

 

安田レイさんは、日米のハーフで、日本語と英語の両方を話すことが出来ます。

 

シンガーになったきっかけは、宇多田ヒカルさん。

 

2015年第57回 輝く!日本レコード大賞 新人賞受賞をしていました!

 

安田レイさんと言えば、アニメやCMなどのテーマ曲を手掛けることが多いですが、今回のドラマ以外にも、ドラマの主題歌なども手掛けています。

 

TBSドラマ「美しき罠~残花繚乱~」主題歌「恋詩」

 

 

TBS系ドラマ「結婚式の前日に」主題歌「あしたいろ」

個人的に、大好きな曲です!

 

 

前向きな気分にさせてくれる曲調が魅力的!!

 

誰かのためになにかしたい。

 

そんな気持ちがSunnyの歌詞には込められています。

 

健康で文化的な最低限度の生活のBGM

マイク

 

fox capture planのニューアルバムCAPTURISMが、ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」のBGMとして担当することになりました。

 

ドラマ「カルテット」「コンフィデンスマンJP」など、いろいろなドラマの音楽も手掛けていますね。

 

BGMによって、物語の世界観をさらに引き出すことが出来ます。

 

今回は、どのような世界観で音楽を作り上げるのでしょうか?

 

 

健康で文化的な最低限度の生活の主題歌と挿入歌をふりかえってみて!

健康で文化的な最低限度な生活

 

今回の記事では、健康で文化的な最低限度の生活の主題歌と挿入歌を紹介していきました!

 

健康で文化的な最低限度の生活は、それぞれに豪華な人たちが曲を担当されています。

それぞれの曲によって、物語の世界観が変わってきますよね。

 

ドラマのために作った曲ということでも、ドラマ共にすごく期待してもいいのではないでしょうか?

 

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク