健康で文化的な最低限度な生活

 

2018年7月17日から始まった、吉岡里帆さん主演ドラマ健康で文化的な最低限度の生活。

 

原作は柏木ハルコさんの漫画です。

 

ドラマでも、登場人物やストーリーなど、原作にそって描かれつつも、ドラマならではのオリジナルキャラクターがたくさん出ています。

 

ドラマの最終回はもちろん、原作の最終回とは異なる設定に描かれると思いますが、原作の最終回はどのような最終回を迎えるのでしょうか?

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活の原作はまだ続いている

 

柏木ハルコさん原作の漫画「健康で文化的な最低限度の生活」は、新人ケースワーカーの目を通して、生活保護のリアルに迫る青春群像劇

 

「このマンガがすごい!2015」のオトコ部門で第10位を獲得している人気作品です。

 

なんと健康で文化的な最低限度の生活の作品を描くために、徹底した取材を行い、生活保護の実態をリアル描いているんだとか。

 

現役ケースワーカーや医療、福祉の現場からも高い評価「ビッグコミックスピリッツ」にて、現在でも連載されており、コミックは現在2018年7月17日に6巻が最新刊として発売されています。

 

丹念な取材に基づく描写がリアルに描かれており大好評!

 

読む人に問いかけを投げるような作品にしたいと言った思いがあることから、生活保護時給者側の視点や、彼らを支えるケースワーカー側の視点など、多様な価値観が印象的です。

 

濃いキャラクターがたくさん描かれており、ヒロインの成長と群像劇としても楽しめますね。

 

健康で文化的な最低限度の生活に登場する主要人物

義経えみる

義経えみる。

 

この物語の主人公。

 

不器用だが情に厚く、まっすぐで一生懸命に立ち向かう、新人ケースワーカー。

 

幼少期から「天然」「マイペース」などと言われており、嫌味を言われてもそれと気づかない間の鈍さで、まっすぐに成長するが、大人になって、自分が空気が読めない人種だと気づきます。

 

半田明伸

 

半田明信。

 

物腰柔らかく、親しみやすい雰囲気を醸しつつも、強い信念をもって仕事をしています。

 

えみるを指導する先輩ケースワーカー。

 

栗橋千奈

栗橋千奈。

 

えみるの同期。

 

頭脳明晰で常に勉強をしている勉強家ですが、人に寄り添うのが苦手な一匹狼。

 

七條竜一

 

七條竜一。

 

えみるの同期。

物事をはっきりというタイプで、働かない人には厳しい。

 

ドラマでは、原作に登場する人物以外にも、いろいろな登場人物が出てきますね。

 

 

スポンサーリンク

 

健康で文化的な最低限度の生活の原作序盤のネタバレ

 

ドラマでは、1話は初めて対応した平川さんが自殺。

 

原作と同じ展開から始まり、えみるはひどく落ち込みます。

 

そんな落ち込んでいるえみるにも寄り添ってアドバイスをする半田さん。

 

それからは、えみるは積極的に同僚と意見交換し、毎日やってくる生活保護受給者や、生活保護を求める人々達への対応に疲れてしまいます。

 

ろくな研修を受けていない状態で、知識も経験もなく毎日四苦八苦した状態。

 

そんな新人の方が話しやすい人もいると半田さんは言います。

 

ある日、えみるを含む5人の新人ケースワーカーは、上司の指示を受け、面接室で生活保護受給者に、求職活動の進み具合を聞きます。

 

そこで出会ったのが阿久沢正男という人物でした。

 

ドラマでは、1話で阿久沢正男とのやり取りが描かれていましたが、ドラマ1話の終わりが原作では10話で終わっています。

 

阿久沢正男とのやり取りにスポットが当てられていましたが、原作では、いろいろな受給対象者にスポットが当てられていますね。

 

原作の最終回を迎えるのが先なのか、ドラマの最終回を迎えるのが先なのか。

 

原作では、まだ終わるような感じはありません。

個人的な意見ですが、ドラマの方が先に最終回を迎えるのではないかと思います。

 

どちらの最終回もたのしみですね!

 

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク