今夏のドラマもクライマックスへ期待のかかる折り返し地点を迎えましたね。

 

医療系ヒューマンドラマ「グッド・ドクター」も、毎回高視聴率をキープし、視聴者もどんどんドラマの世界に引き込まれている声をネットで見かけます。

 

そこで今回の記事では、グッドドクターを担当しているプロデューサー、藤野良太さんを紹介していきます!

 

ほかの作品も紹介もしていますので、よければ最後まで見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

 

 

グッド・ドクターのプロデューサー・藤野良太のプロフィール!

 

今回ドラマ「グッド・ドクター」を担当しているプロデューサーは、藤野良太さん

 

2006年にフジテレビに入社してからは、「恋仲」や映画「リバーズ・エッジ」等、主に恋愛ドラマを担当しています。

 

「グッド・ドクター」以前で最新の作品は、「刑事ゆがみ」

 

話題性のある作品に携わっているイメージが強いプロデューサーですね!

 

今回主演の山崎賢人さんとは、2016年の夏ドラマ「好きな人がいること」や、CMではGalaxyS7edge「どんな君も、逃さない」で一緒に仕事されています。

 

グッドドクターのプロデューサー・藤野良太はどんな人物?

 

藤野良太さんの年齢は公表されていないようですが、慶應義塾大学を卒業後、2006年にフジテレビに入社していますので、30代後半位でしょうか。

 

ドラマ「グッド・ドクター」の公式ホームページに掲載されている藤野さんのコメントでは、山崎賢人さんのフジテレビ初主演の企画が立ち、そこから山崎さんの新しい表情をどのようにして引き出すかといった考えから「グッド・ドクター」という作品にたどり着いたとしています。

 

山崎さんとは、3作品目のタッグですので、彼の良さがどのようにしたら出るのか、とてもよく知っているプロデューサーさんと言えるかもしれませんね。

 

また、藤野さんは自身のTwitterアカウントをお持ちのようですが、毎回ドラマの前に視聴者へ向けたメッセージを載せています。

 

広報活動もまめにご自身でされているところも、さすがですね。

スポンサーリンク

 

藤野良太が手掛けたほかの作品は?

出典:Real Sound

 

藤野プロデューサーは恋愛ドラマを担当されていることが多いです。

 

山崎賢人さんも出演されていた「好きな人がいること」を担当した際のインタビューでは、恋愛ドラマをやっていきたいという思いが強いわけでもなく、恋愛ドラマを担当している自分が信じられないとコメントしています。

 

しかし、苦手としながらも、若い世代は今ラブストーリーを求めていると、挑戦という形で引き受けたそうです。

 

また、山崎賢人さん主演の「L・DK」というラブストーリーの映画を観に行った時に観た、若い女性たちが大きい声で反応するほどにドキドキしている姿を見てそのように思ったこと、また当時から山崎賢人さんに興味があったこともここで語っています。

 

プロデューサー

 

私自身、「好きな人がいること」も当時観ていましたが、Twitterやインスタグラムを巧みに利用して、次回がまた観たくなる、視聴者である友達と話題を共有したくなる形を作っているなと思いました。

 

また、「ビブリア古書堂の事件手帖」や「刑事ゆがみ」などどこか独特の雰囲気のある話題性を呼ぶドラマも手掛けていますので、ドラマ好きの視聴者をひきつけることがとても上手なプロデューサーさんですよね。

 

グッドドクターのプロデューサーは藤野良太をふりかえってみて!

グッドドクター

 

 

今回の記事では、グッドドクターのプロデューサーの藤野良太さんの紹介していきました!

 

今夏話題のドラマ「グッド・ドクター」を担当しているプロデューサーさんは、主演の山崎賢人さんとは3回目のタッグとなる藤野良太さん。

 

話題性の高いドラマばかり担当しているプロデューサーさんの作品ですので、今後のドラマの展開にも期待がかかりますよね。

 

ぜひ、最終回まで見逃さずにしっかりドラマに入り込みましょう!

 

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク