グッドドクター

 

夏期ドラマもそろそろ最終回へ向けて、話が展開してきている頃ですね。

 

視聴率も毎回好調の医療系ヒューマンドラマ「グッドドクター」も、様々な謎の解明と、新たな問題が見えてきて、クライマックスへと進んでいます。

 

今回の第6話のあらすじと、感想、視聴者はどのようなところに反応しているのか見ていきましょう!

 

よければ最後まで見ていってくださいね♪

 

ドラマ「グッド・ドクター」の第6話のあらすじと感想!

 

主人公・湊の父が現れ、「これからどうなるの?」という不穏な空気を流していたところで終了した第5話。

第6話では、もちろん父と湊の過去と父がなぜ湊に近づいて来たのかが明かされます。

いったいどのような物語になっているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

湊と父の関係が明かされるグッドドクター第6話のあらすじは?

 

原作を観ていた方は、今回の日本版で湊と父の関係がどのように描かれるのか気になっていたのではないでしょうか?

 

原作ではテレビで湊が医師になったことを知った父が、お金目的で湊の前に現れ、過去父から受けたDVがフラッシュバックした湊が倒れてしまいます。

 

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。

高山から当直医も任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出す。だが、夏美は湊が心配。湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。

湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。すると司賀はこの件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。

 

高山は医局に湊たちを集める。そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。

皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。

理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。

 

そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。

だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。

リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。

 

湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。

湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。湊は航と食事に行くことを約束する。これを知った夏美は司賀に報告して…。

出典:フジテレビ

 

 

グッドドクター6話のネタバレ!!

あらすじ

 

ここからはネタバレがあります!

 

グッドドクター第6話の内容について知っている・知りたい方だけご覧ください。

 

しかしこの湊の父。

 

多額の借金があり、金銭的な目的で湊に近づいていたのでした。

 

興信所に頼み、父・航の身辺調査をしていた司賀はそのことを知り、湊を航に近づかせないために、お金を渡します。

 

食事の約束に現れなかった航を、帰り際に見つけた湊は声をかけますが、航はお金を目的で近づいたこと、さらには湊最愛の兄の死は自分のせいだと言われてパニックになり、興奮しながら司賀に兄の命は助けられたのかと訊ねます。

 

司賀はその当時の様子を、医師として働く湊には理解してもらえると「助けられる可能性の高い命」を救う判断をした旨を伝えました。

 

ソウタの方が助かるべき命であったと、司賀からの話にショックを受けて、次の日仕事に出てこなかった湊。

 

寂しい

 

その様子を見ていた夏美は、彼の医者として、人としての医療と患者と向き合う姿を見てきて、彼をもう一度自信を持って働いてもらいたいと願います。  

 

自信をなくした湊は、翌日仕事に来ませんでした。

 

電話にも出ない湊に対し、夏美は、EXIT手術を希望する患者・理香が狭心症を起こした事を相談したいと留守電を残します。

 

兄の死が、自分のせいだと言う湊は、心を閉ざしていました。

 

しかし夏美は、理香と赤ちゃんを助けるためには湊の力が必要であると伝えました。

 

翌日、EXIT手術を反対していた理香の夫・悟に自身が兄を亡くして傷ついたことを話し、不妊治療を続けて出来た赤ちゃんの命を助けることを望む理香が、目を覚ましたときに赤ちゃんがいない悲しみは計り知れないと言います。

 

EXIT手術へ

 

湊の訴えに、理香の悲しみを想像した悟は、ついに翌日EXIT手術を望みました。

 

湊は、母体も退治も両方助ける方法は、出血量を半分に抑えることを高山に提案し、その案を実行することにして手術。

 

もちろん湊も助手として高山をサポートする。

 

手術は無事に成功。

 

理香は、元気な赤ちゃんに対面し、悟と共に喜びを噛み締めます。

 

その姿を見ていた夏美は、湊の患者を助けようとする思いの強さを医者として立派であると伝えます。

 

湊は司賀に頭を下げ、自分を助けてくれたことにお礼し、医者になるために生きていることを実感していると前を向きます。

 

そのころ理事長は、新日本医療グループの幹部からの話に賛同すると共に、高山に別れを告げます。

 

さらに、院長室で司賀は自身の診断結果がステージ4の胃ガンで、転移も見られることが記されているのを見ていました。

 

スポンサーリンク

グッドドクター6話の感想!

感想

 

湊の父との関係性、そしてまた医師として人間として成長を遂げていく姿を描いた6話。

 

視聴者の反応はどのようなものが多いのでしょうか。

 

湊の成長に毎回涙を流す視聴者が多いですよね。

 

もちろん私もその1人ですが、毎度命の大切さを湊の言葉から感じさせられる気がします…!

 

グッドドクター6話のあらすじと感想評価まとめをふりかえってみて!

グッドドクター

 

今回の記事では、グッドドクター6話のネタバレあらすじや感想を紹介していきました!

 

グッドドクター第6話を終えて、最終回に向かってまだまだ病院と湊を待ち受ける問題は多そうですよね。

 

何と言っても、湊にとって親のような存在である司賀の余命が見える病気は、今後どのようにドラマを動かしていくのか気になります。

 

第7話が早く見たくなるクライマックス、そして最終回まで目が離せないこと間違いなしですね!

 

 

それでは最後までありがとうございました!

スポンサーリンク